地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンの作品情報・感想・評価

「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」に投稿された感想・評価

ぎゃ

ぎゃの感想・評価

2.5
ヒーロー物としても色がだいぶ強い感じが出来てきたと思う。
なぜ喋るのかは疑問。
こ

この感想・評価

3.5
いつもに増してめちゃめちゃ映像使い回すやん。
ゴジラとアンギラスの血が出たときはショックだった、、、
アツい戦いだった、、
世界子供ランドの建設事業の裏では、そこを本拠地にM宇宙ハンター星雲人が密かに侵略の準備を進めていた、偶然そこに就職した主人公(石川博)が騒動に巻き込まれ、仲間たちとともにその打倒を図る!

ゴジラシリーズ第12作目
いつかのX星人侵略と似てるけど、こちらは博士や防衛軍の描写はほぼなく、市井の仲間たちとゴジラたちによる戦いを中心とする
見所は宇宙怪獣ガイガン&キングギドラ対地球の怪獣ゴジラ&アンギラスのタッグマッチ

作風としては軽いタッチとシリアスと両方あって前者はゴジラたちが吹き出しで話をしていたり、後者としてはこんなに流血し満身創痍ながらも戦うゴジラの姿
アンギラスも頑張ってはいるがゴジラの舎弟みたいな感じでおまけ的

正直知っている出演者ほどんどいない作品ですがヒロイン2人がかわいい、いかにも70年代チックだけど菱見百合子白パンツのムチムチ具合とか、梅田智子のミニスカが良かった
主人公の石川博、なんとなくジャニーズ系っぽい、稲垣吾郎を可愛くした感じ、おとぼけも上手くて魅力あると思う

ストーリーや出演者だけならテレビスペシャルみたいな感じだけど、特撮部分、世界子供ランドのセットなどそれなりに力は入っているぽくてまあまあ楽しめるかと
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第12作。
宇宙怪獣ガイガン初登場。


地球侵略を企むハンター星人は地球人に化け非営利の子供ランド建設を装い征服の機会を伺っていた。そして地球にガイガン、キングギドラ襲来。ゴジラとアンギラスは地球の危機を察知し都内に乗り込み、怪獣達の激しい闘いが始まる…‼︎


今作の見所は何と言ってもガイガンのビジュアル。鋭い手と腹部の鋸、そしてクラシカルなゴーグルアイ、怪獣にして人工的な見た目はとっても馬鹿みたいで魅力的!笑
キングギドラと2体で火の海に変えるシーンは迫力満点。爆破シーンは今までの比じゃないくらいの威力でとても見応えある仕上がりに。
爆煙を後ろに横顔を見せるガイガンが物凄くカッコいい。

ただ、その他にも人気怪獣達が登場するものの、正直今作のキャラクタービジュアルはイマイチなのが残念。

怪獣達の戦闘シーンに関して、いくら予算が少ないからと言ってあそこまで雑な映像の使い回しはちょっと頂けない…。 アンギラスのかぶり付きは好きだけど!総進撃でちゃんと見たいよ!
でも吹き出し会話は可愛いよねー。「急げ、急げよ!」



ハンター星人が地球人を「ユニフォーム」と呼ぶ事がとても恐怖。
スクリーンでゴキブリのアップ見たないわw
未知

未知の感想・評価

2.0
急に元気になるゴジラと急に動かなくなるキングギドラ。ガイガンが格好いいことでギリギリのところで救われている作品。
ストーリーがそれなりにちゃんとしてて観てて楽しい。最中はなかなか怪獣同士の戦いに行かないなぁと思ってたけど、でも戦いが短く感じるほどではなく、終わってみればちょうどいい配分にも感じた。

ゴジラ島の話は出るも、そっちから出る怪獣はゴジラとアンギラスのみ。モスラ、ラドンあたりも出して欲しかったけど、敵がキングギドラだけに過去作との被りを避けたのかな?

ゴジラ、アンギラスの会話(吹き出し)は面白かったwもうちょい出してくれてよかったのになぁ(´∀`)

今回のアンギラスは子分的なポジションなのか、あまり活躍はせず、ゴジラに泣きつくシーンもある。ローリング攻撃とか全然やらないなぁ…(′・ω・`)と思いつつも応援しつつ観てた。

過去の使い回しが少しある。夜の戦いなのに青空が出てしまうのはちょっと…('A`)
前作、VSヘドラ戦で、流血・壊死・汚染など残酷描写の封印を解いた東宝怪獣映画は、本作の全身凶器怪獣ガイガンの登壇によって、身体に直接的なダメージを与えあう戦いのバイオレンス度が上昇。
ガイガンの電ノコ攻撃で、相棒のアンギラスが流血してしまう!本作では、ゴジラとマンガのふきだしで会話するほどの仲好しであり、青大将ポジが似合う愛されキャラなのにやられてしまうのだ!コイツどの作品でもわりと出番あるくせに役に立たねえな。寝てろ!そこが可愛いんだけどね!(ツンデレ)。
にしても予算が無かったようで、『オール怪獣総進撃』のような、ガバラ以外がほぼすべて既視感のみで構成されたものではないにせよ、他作品からの映像・音楽の流用がかなり多く、文字通りというか観た通りのどこかでみたショットが幾つも挟み込まれる。
他には、ウルトラセブンのアンヌ隊員を演じた、ひし美ゆり子が出演している点は要チェックである。
ガイガンの装備反則だろと。
ゴジラの出血シーンが生々しくて、それがメッチャ印象に残ってます。
アンギラスは出てたの?ってくらい印象に残ってない。笑
じゅん

じゅんの感想・評価

3.3
昔の特撮にしては戦闘シーンの火力には迫力があった。やはりこの頃のゴジラは可愛い。
今作も宇宙人が地球攻撃に襲来しゴジラが戦います。

『子供の国』??どこかで聞いたことのあるテーマパークを作っていたのは宇宙人だった。ものすごーく簡易的な磁気テープ発信機で信号を送ると遠く離れた『怪獣島』のゴジラに集合が掛かる(笑)。
更に宇宙の彼方からキンギギドラがガイガンを連れて飛来する。ゴジラ、アンギラス対キングギドラ、ガイガンのタッグマッチが繰り広げられるのだった・・・・

今回の作品の特記事項はゴジラとアンギラスがマンガの吹き出し💬を使って会話をする事(笑)なんです。それに、宇宙人の姿を最後まで表さずラスト・シーンでゴXXリの実写を大写しで終わったのには大笑いでした。

そんな作品ですから批判などせずに只、楽しむのみだと思います。それにこの作品からシリーズがウルトラマンの影響??と感じます。
>|