モンスターVSエイリアンの作品情報・感想・評価 - 13ページ目

「モンスターVSエイリアン」に投稿された感想・評価

creamymami

creamymamiの感想・評価

3.5
主人公が前向きでいい!私の元彼もこういう人だったので主人公がふっきれるところで号泣&スッキリ!また、「結婚式の日に急に巨大化してモンスターになっちゃうなんて絶対嫌!(涙)」と主人公に同情しすぎて胸が苦しかった…(だってそんなの最悪じゃないですか?)。この展開のもって行き方も素晴らしい。
気持ち悪い造形のキャラクターしか出てこないが(【例】ゴキブリ×人間)、それだけで切り捨てるのはまだ早い。一応、政府に秘密兵器として隔離されているという設定のモンスター達だけど、みんな頗るIQが低い!すごい能力も持っていない!(私も同じく最下層の人間なので感情移入せずにはいられない!)そんなダメダメなモンスターたちが、どうエイリアンと立ち向かい、起死回生していくのかが見どころだ。日本でお馴染みのあのキャラクターも登場!
タカ

タカの感想・評価

2.9
まぁまぁ、って感じ。
吹き替えの日村がいい。特にこれといって特記すべき点がないが、まぁ、可もなく不可もなく。
最後までモンスターに愛着が湧かなかった。とくにアニメーション映画で、キャラクターに愛着が湧かないのって、致命的だと思う。
スタートから月の上の少年がUFOにさらわれるドリームワークスらしい遊びあり。

スーザン(ベッキー)はお天気お兄さんのデレクと結婚の直前、隕石によって髪は白髪体は巨大化しモンスターネーム、ジャイノミカとつけられ秘密基地連れて行かれてしまう。

その秘密基地にいたのが天才的頭脳の持ち主のゴキブリ博士コックローチ博士(内田直哉)、プルプルのゼリー状で脳みそがないなんでも食べるボブ(バナナマン日村勇紀)、筋肉質の半魚人ミッシングリンク、巨大な幼虫ムシザウルスが監禁されていた。

侵略しようとするエイリアンとの戦いに和解を求めようと大統領がピアノを弾くシーンにも注目。

この映画の見所は色んな作品のオマージュあり。私 はインデペンデンスデイ、ET、スターウォーズ、メンインブラック、ゴジラ?モスラ?くらいしかわからなかったけど他にもかなり沢山あるようで映画好きの映画と言えます。

ボブのキャラが可愛い。目玉とか質感とかの見た目も性格も。まさかの日村だけど上手で合ってる!。

ギャラクサーの企みとは?。
宇宙船の中の大量のクローン。

カラーコードの暗号はダンス。

宇宙船が完全消滅する!仲間を助ける為にスーザンは...。

デレクには最後の最後までイライラしたけど...結果的にスッキリした。
mmmm

mmmmの感想・評価

3.5
見る前はキモいと思っていたけど、すごい可愛いモンスターたち。
久々に海外アニメ観たきがする

SF好きで巨大美女嫌いな人はいないよね!
でも主人公の巨大美女よりも
ムシザウルスのが可愛かったなぁ
モスラがモデルなのかな?
モスラより俄然好き!

他にもいろいろなモンスター映画やSF映画のパロディーが満載で楽しめました
megaro

megaroの感想・評価

3.0
モンスターたちも愛くるしいけど、大統領らおっさんの造形や表情がかなり作りこまれてて感心した。
ビルの窓が衝撃で揺れてるところとかも感動。
ロボットのクレージーゴン要素もいいよね…

スーザンの巨大感が一部除いてあまり感じられなかったのがちょっと残念かな。

あとデレクの顔ってちょっと松重豊に似てない?
ゆず

ゆずの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

結婚式当日、ウェディングドレス姿のスーザンの上に突如謎の隕石が落ちてくる。母親が呼びに行くとそこにはすすだらけのスーザンの姿が…なぜ生きているwwウェットティッシュで汚れを落とし(そんなバカな)、いざ結婚式へ。誓いのキスのためにヴェールを上げたフィアンセが言う。「君、光ってるよ」「ありがとう☆」「いやそうじゃなくてマジで光ってる緑色になってる」「!?」スーザンの体はみるみる巨大化し始め、チャペルの天井を突き破ったのだった。

いやーくっだらないww懐かしのあの映画やこの映画のネタが満載で笑った笑った。人類もモンスターもエイリアンも、おバカ&濃いキャラ揃い。特に脳なしのゼラチン野郎ボブが超イイキャラだった~、おバカぴゅあゼラチン可愛い!すごく可愛い!もともとセス・ローゲンの吹替え目当てで見たものだから完全にノックアウトされてしまった。セスのあの笑い声がボブに合いすぎで、つられ笑いが酷い…www
パロディだらけだし、いちいちブラックユーモアたっぷりなのも良い。キモカワ系モンスターズとマッチしてるー、好きだなあこういうノリ。
3DでCGアニメーションやろう!ってとこからスタートしたようで、なるほど、このはちゃめちゃ展開にオモシロモンスターたちの造形、そして巨大化した主人公が駆け巡る…っていうのは確かにすごく3D向けだなあと思った。3Dで見てみたかったなぁ。ボブ可愛いだろうなぁ。見た目だけだと全然可愛くないのになんでこのゼラチンが動いてしゃべるとあんなにかわいく見えるんだww
最初から映像に心奪われましたよ。あのハンバーガーやばいww内容は子供向けな気がするけど画がすごいんで問題ない。ゴキブリ博士がツボ!あの喋り方も歩き方も行動もなんか好きww

(2009.12)
ボン太

ボン太の感想・評価

3.6
SF映画のパロディーって何で面白いのか。笑いに変えやすいからか。

スーザンは結婚を控えた乙女。ウェディングドレスを着てチャペルでバージンロードを歩きパリへハネムーン…なんて夢を見ていたら、空から突然隕石が!無残にもスーザンは隕石の下敷きになってしまった。しかし、何故か生きていたスーザンはそのままバージンロードへ。誓いのキスのその瞬間、スーザンの身体は緑に光り始めた…!

SF映画、モンスター映画への愛を感じた。ザ・フライ、ゴジラ、マーズ・アタック、畳み掛けるようにネタを仕込んでくるので、それに気付けると面白い。ただ、いろいろご都合主義な展開とかアホな敵とか多いので、手放しで楽しめる度量がないとツッコミを入れてしまう。なんじゃこりゃという感じ。
ブラックなギャグ(核爆弾とか)が効いててフフッとなる。特にスライムのボブがめっちゃいいキャラクター。現実にいたらイライラしそうだけど、フィクション上だとこんなに可愛くて面白いものかと。目玉を小道具として扱うブラックさとか好き(笑)モンスターがこんなに個性的なのだから、エイリアンの方ももっと個性を出して欲しかった。
巨大な美女にドキドキする性癖がある男性諸君、必見。