ウォルマート 〜世界最大のスーパー、その闇〜の作品情報・感想・評価

ウォルマート 〜世界最大のスーパー、その闇〜2005年製作の映画)

WAL-MART: THE HIGH COST OF LOW PRICE

製作国:

上映時間:95分

3.6

「ウォルマート 〜世界最大のスーパー、その闇〜」に投稿された感想・評価

はせ

はせの感想・評価

-
2005年公開のウォルマートの闇を暴き出したドキュメンタリー。地方の小売店潰しから始まり、従業員低賃金長時間労働、中国の工場労働者搾取、水質汚染、莫大な資産を持ちながら全く社会に還元しない創業家など悪辣な体質が暴露された。批判されまくって少しは改善したらしいが、ウォルマートはアメリカの悪い所を寄せ集めた企業だと思った。ていうか今の日本も小泉安倍政権下で同じ道辿ってることに書きながら気づいた。
これまた町山智浩さんのおかげで出会えた作品。

皆がなんとなく「裏ではそうなんだろうな」と思ってたことをことごとく調べて晒してくれたといった感じ。
アメリカでは今だにウォルマートはたくさんあるけど、果たして少しは変わったのかしら?後日談も知りたくなりました。
M

Mの感想・評価

3.5
ウォルマートひどすぎる。

でも西友はちょっと好きだからフクザツ。
Pernettya

Pernettyaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

日本でも巨大スーパーなどが出来てから、小さな小売店がなくなりシャッター通り商店街と呼ばれる所もあるので決して他人事ではない話。
営業時間が長く、一度で色々な物が揃うスーパーや商業施設の方が買い物しやすいという現状は現代では仕方のないことかもしれないけど、このウォルマートという企業は儲かるということだけに執着し周りに不利益を与えるというのはどうにも納得できません。

なぜウォルマートでは商品がこんなに安く提供できるか、それは中国の工場で超低賃金でこき使われている人がいるから。日給3ドルって・・・。

日本でも安い商品を提供するために業者がなかり負担をしているというのを聞いたことがあります。最近起きた宅配事業の話も似たようなものですよね。
そして私達消費者はその内情を知らずに企業努力と思って安さに乗ってしまう。

ただウォルマートはそれが余りにも酷すぎる。会社が従業員に生活保護を勧めるのはおかしいし、人命より利益も優先する企業ってなんなのでしょう。

この映画のおかげでこの最悪な状況が少し良くなったようです。映画やメディアの影響力はすごいですね。
creamymami

creamymamiの感想・評価

3.5
世界最大のスーパーマーケット「ウォールマート」。その安さにはワケがあった。規模は違えど日本でも同じようなことをやってる企業はたくさんありそう。総じてこの時代に急成長している企業というのは必ず“犠牲”のもとに成り立っていると言っていい。
海外の下請け工場が低賃金であることのみならず、米国店舗の従業員も低賃金で働くことになるカラクリが隠されている実態が興味深い