シュレック フォーエバーの作品情報・感想・評価

「シュレック フォーエバー」に投稿された感想・評価

tomokovsky

tomokovskyの感想・評価

2.5
失ってから気づく今の尊さ。
シュレックはフィオナを自分が助けたと思っていたけど、ほんとは、自分がフィオナに助けられたんだ、って気づきが素晴らしい。
scar

scarの感想・評価

3.8
ストーリー:7/10
音楽:7/10
キャラクター:9/10
演出:8/10
もう一度見たい:7/10

タイトルは4と掛けてあるのですね!

マンネリ化していたキャラクターを
パラレルワールドという形で描く事で
新鮮さが生まれていて良かった。

ヴィランが聞き覚えのある声だったので
調べて見たら、劇団ひとり!
頭が良いのか悪いのかが、
よく分からなくて敵なのに憎めない感じが
流石シュレックシリーズだなと思いました💮
yu

yuの感想・評価

4.6
シュレックシリーズ、最高。
アニメーション映画の
優先順位は低かったけれど
これを機に変わるかも。

ほんとに大切なものは
今もう既に持ってるんだって、
映画に教えて貰えた。幸せ。


自分にもし子どもが出来たら
まずシュレックシリーズを
特にこの最終話を
絶対見せよう!

人は見た目が大事であり、
でも全てではないこと

人生はおとぎ話みたいに
上手くいかないこと

大切な人が周りにいることに
気付く大切さ

子どもの時に
これらを知っていたら
絶対世界を良い方に変えてくれる。笑

この映画に出会えたことに感謝。
RIRIKO

RIRIKOの感想・評価

4.0
最後までシュレックは最高
これは吹き替えがいいですね
劇団ひとりのランプルスティルスキン結構うまい
Haru

Haruの感想・評価

3.9
2010年とかそんな古いのか。
映画館で見た最後のシュレック、いい思い出だ。
シュレックの最終章
敵の声がめっちゃ劇団ひとりで面白い
怪物として怖がられる感覚を味わいたくて契約をしてしまったシュレックが全てを失って大切なものに気付く
フィオナとの恋愛をもう少し掘り下げてもいいかなとは思った
odasu

odasuの感想・評価

3.5
1面白い2面白い3あれっの流れだったので、今作もあれってなるはずだったのに。面白かった笑
フィオナ姫の別の一面や二人で協力する姿はカッコよかった。あと、現在登場して来るみんなが違う性格だったり容姿だったりで出て来るのでそこも楽しめます。冒頭、シュレックがカーペンターズの曲に合わせて暴走するところや、ついつい踊っちゃう魔法の笛で踊らされてる魔女やランプルやシュレックたちが何とも可愛い。
シュレックってでけえなって思ってたけど、シュレック界ではチビなのも笑う。
こんな受け口だったっけ。お子達はとてもきゃわいい。
あま

あまの感想・評価

4.5
合計208作目
2018年47作目

シュレック面白い!これで最後なのは悲しい。ドンキーのキャラが憎めない。
記録

シュレック好きの長男のために全シリーズDVDも買って何度も鑑賞。

個人的にはシュレック2が好き
まったく期待してないというか「シュレック」の面白さはわかってたはずなのに、何で見てなかったんだろと不思議になりました。
大人のおとぎ話としては最高の脚本。

ラストの本作は、3つ子の父となり、親友に囲まれて、愛する妻と幸せな日々を送るシュレックが、平凡さに飽きて元の自分に1日戻りたいという願いを悪い魔法使いに叶えてもらうとこから大変なことになる。

これも現実社会でよくある、平凡な幸せに満足できない男が、自分がすでに持ってる幸せに気が付くお話です。
それを笑えるおとぎ話にして、ラスト、涙で感動させる脚本。

うーん、うまい!!

常にこのシリーズは、テーマが明確で、子供でも十分わかりやすい構成なんですが、その見せ方がとにかくとてもうまい。
子供から大人まで満足させるのに、子供に迎合してないのがいい。
だから変に子供っぽくならない。

今回は映画のパロディとかは見当たらなかったけど、今あるものへの感謝ができなくなっている大人たちをはっとさせる素晴らしい作品に仕上がってました。
お笑いの中にある、こういうシンプルな教えをすんなり入り込ませるこのストーリー創り。
昔から作られたことのあるような話でも、見せ方の違いでここまで変わるんだなあと思いました。

沼地の怪物が、ヒロインを助けた話ではなく、本当はヒロインが怪物を助けた話なんですよね。
やっぱり女が強い(笑)

自分の好き勝手に生きて自由だったシュレックが、これで本当の大人の男になったのがわかるラストです。
>|