里見八犬伝の作品情報・感想・評価

「里見八犬伝」に投稿された感想・評価

とら

とらの感想・評価

4.0
「あなたはもう誰か一人のものではない」

クライマックスの殺陣がとても面白い。何が起こるのか、まったく想像できず、ワクワクした。古い映画だったがとても面白かった。

仲間から仲間へ…そして最後のシーンは涙が出ました。薬師丸ひろ子さん好きになるわ
Frauヌコ

Frauヌコの感想・評価

3.6
昔むかーし、テレビで見た断片的な記憶しかなく、今回初めてフルで鑑賞。

ストーリーは滝沢馬琴作「南総里見八犬伝」を翻案した小説版が元となってます。
上映時間が140分近くあるんですが、あっと言う間。
展開的に突っ込み所がちらほらありますが、雰囲気に飲まれ流され気付いたらエンディング迎えていたと言ふ。。。
監督が深作欣二氏だからか、殺陣シーンが半端ない。8剣士が捕らわれた姫を助けに向かうシーンは釘付け。画面隅々まで使っての迫力あるものとなってます。野外のシーンも何て言うのか、躍動感あって生き生きしているんですよね。カメラワークのせい?惹き付けられる。
対してセットがちゃっちい作り物と一発で判ってしまうのが……

主演の薬師丸ひろ子さんを始め、相手役の真田広之さんや京本政樹さんに寺田農さん、夏木マリさん…若いッ。
出演者の中でも夏木マリさんは、場面によっては薬師丸さんより目立っていてどっちが主演なのか判らない程。妖しく艶かしい演技は惚れ惚れします。


〆る前に。
薬師丸さんと真田さんのイチャイチャタイム、長すぎだってばよ(笑)
ぺ

ぺの感想・評価

4.2
アクション映画、アドベンチャー映画としてよくできてる。
80年代特撮の演出がたまらなくかっこよくて好き。
140分あっという間でした。
角川シリーズの中でも
最も好きな作品。

この日本古来の伝奇風
世界観が最高!

そしてキャスティングも
当時のベストチョイスだと思う。
依緒

依緒の感想・評価

4.0
いやぁ懐かしかった!
小学生の頃、親友の家に遊びに行くと必ず観させられたんだよねー(笑)
何十回観たことか。

あれ以来だから、はっきり覚えているシーンもあれば、ん?!こんなだったっけ?!っていうことも(笑)
夏木マリさんは、今観てもはまり役。
彼女しかこの役はできないわね!

ということで、懐かしさを含めてスコア高めに(笑)
私の覚えているかぎり、初めて観た映画です。
子供の私には夏木マリの死に方がトラウマもんで、すごく怖くて夜眠れなくなった記憶が。(今観るとそうでもないんだけど)
やっぱり深作作品らしい荒っぽさもあってドキドキして好きだな。当時の青春王道角川映画とは少し違う感じの大作ではないでしょうか。
初期の真田広之の主演、準主演作は『宇宙からのメッセージ MESSAGE FROM SPACE』、『忍者武芸帖 百地三太夫』、『魔界転生』、『吼えろ鉄拳』、『燃える勇者』、『伊賀忍法帖』、『里見八犬伝』などなど、ほぼアクションアイドル俳優に徹していて、今観ても(色んな意味で)面白いものが多い。
観る人によってはくだらないガキ向けのアクションと思うだろうし、完全なアイドル映画なので真田のPV的要素が強いんだけど、真田にも映像にも当時ならではの若さとパワーがみなぎっていてすごく良い。
その中でも本作『里見八犬伝』は真田がアクションアイドル俳優として一区切りつけた作品として注目したい。この作品以降、真田の主演作はドラマ性の強いものばかりになって、日本を代表する役者として急成長を遂げていく。でも決してアクションが完全になくなったわけではない。むしろ演技もアクションも出来る俳優として注目を浴びるのだ。

なお本作は角川映画、薬師丸ひろ子、JAC全盛期の作品でもあり、深作欣二監督お得意のバイオレンスもあふれていて、アクションエンターティメント映画の良作となっている(ツッコミどころ満載でもあるけど)。
福

福の感想・評価

5.0
いくつか面白ポイントがあって笑ってしまったが、面白かった!
現代のアニメや映画にも似たようなネタが使われているなと感じたので、里見八犬伝が現代の作品に強く影響を与えたのかなと思った。
記録
あの頃観た映画では、面白かったほうだと。夏木マリさんの演技は素晴らしかった記憶が。あと、岡田奈々さんが可愛いかった。
moco67

moco67の感想・評価

4.0
タイトルはずっときいていたけれど、恐怖系なのかなと、これまで観てなかった作品。

ラジオで本作のテーマ曲が紹介され、週末必須の家事をしながら視聴。

男の子と女の子、それぞれが大人になる為に越えていく過程を描いていて、どちらかの性別だけに偏らないところを含めてよかった。ほかの人のレビューにもあったけど、ラブシーン長い、長い(笑)

夏木マリ、当時は若かっただろうに恐ろしくて迫真の演技力。面白かったです。
>|