必殺4 恨みはらしますの作品情報・感想・評価

「必殺4 恨みはらします」に投稿された感想・評価

深作欣二監督だけあって他の映画版必殺作品とは一味も二味も違ったワイルド感と迫力が満ち満ちている。とくにゴーストタウン化した長屋でのわらべや文七と九蔵の死闘は本作最大の見せ場であろう。

だが内容を詰め込み過ぎており、特に奥田右京亮、わらべや文七親子、2つの大きなドラマが分断していて、まとまりに欠ける印象は残る。わらべや文七親子のエピソードはいい話だけどなくても良かったんじゃないかな?
また役者たちのスケジュールの都合で、中村主水、鍛冶屋の政、お玉、西順之助、飾り職人の秀らレギュラー仕事人同士のドラマが少ないのは物足りない。仕事人対奥田右京亮のバトルが短かめなのも残念だ。

だがこの映画になにを求めるかで評価は変わってくる。
俺はもっと映画版ならではのレギュラー仕事人たちのやりとりを見たかったので評価は普通。
でも深作の重厚な演出やJACのダイナミックな殺陣、千葉真一、真田広之、倍賞美津子などお目当ての役者の演技を見たい方々は高評価ではないだろうか?
なお一般の映画イベントで上映される映画版必殺作品は必ず本作であるし、日本映画シナリオ集に脚本まで収録されている。本作は世間から映画版必殺シリーズの中で最も高く評価されている作品と言えるだろう。


映画版必殺シリーズは人気タレントをゲストに使う傾向があり、本作も 深作組常連の千葉真一、真田広之らJAC軍団、成田三樹夫(故人)、室田日出男(故人)、岸田今日子(故人)、藤岡重慶(故人)などに加え、倍賞美津子、相楽ハル子(引退)、 蟹江敬三(故人)、堤大二郎、そしてAV女優の小林ひとみ(引退)が時代を感じさせる。
なお当時全く無名の笹野高史(長屋の住人役)を探すのも一興。少しだけセリフがあるのですぐわかる。
iwapuuuu

iwapuuuuの感想・評価

4.0
映画館で鑑賞。
“必殺2割”、“深作8割”の映画。
冒頭、藤岡重慶と石橋蓮司のシーンからワクワク感!
殺陣も“必殺”にしては派手すぎるが、躍動感素晴らしく、許容してしまう。
何よりも、面白かった。
いや〜深作さんの必殺、さすがに色々派手だったなぁ

ここでは、中村主水以外のお気に入りキャラクターを挙げておく

先ずは、嫁姑のせんとりつ

この二人も仕事人ではないがシリーズ当初からのずーっと出ずっぱりのレギュラーだ❗
この二人を居なくしては、あのシリーズはあり得ない

ただ依頼を受けた仕事人が、毎回毎回悪人を闇に葬っていく…それだけじゃ殺伐とした内容になり兼ねない

ほぼアドリブだったと言われる、元々コメディアンの藤田まことと、キツ〜いせんとりつ(戦慄)との部分は、本編とは裏腹に完全にコメディ・コントだ(笑)

主水がよそで「ウチのババアとカカア」とか愚痴っぽく言ってるのが余計にジワジワくる😅
予想の何倍も面白かった!
真田広之演ずるラスボスがかっこよすぎ。
早めの撤収だったけど、室田日出男もスゴい良かった。
旗本の若い衆のかぶき具合が北斗の拳のような振り切り具合なのも最高だ。
TVの必殺シリーズは見てなかったのでよくキャラは知らなかったが、千葉真一と蟹江敬三のバトルが最高にかっこいい。邦画でこれを超えるシーンはなかなか思い浮かばない。

脚本 5
演出 4
映像 3
俳優 4
印象 4
T兵衞

T兵衞の感想・評価

3.5
千葉真一と相楽春子の仕事人親子がいい。この二人になら殺されたい....!
深作欣二による必殺劇場版。
プロット自体は、深作自身が監督したシリーズ一作目「必殺仕掛人」第1話と同じ。つまり本作は壮大なリメイク企画なのだ。
千葉真一と蟹江敬三の対決はかなりダイナミック。あげくの果てには、二人でセット破壊‼
真田広之の悪役も、必殺劇場版史上最強のアグレッシブさで魅せる。
ちなみに冒頭で死ぬ室田日出男は、「仕掛人」では真田広之のポジション。
千葉真一VS蟹江敬三の上下に展開するアクション。そこにちょろっと相楽晴子。
yoshi

yoshiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

どの役者も素晴らしい演技。
真田広之は只管にカッコイイ。終盤で薙刀振り回すシーンの豪快さかつ美しさは同性ながら惚れ惚れしてしまう。(その手の趣味はないが。(笑))
ちなみに、最期があっけないとの声もよく聞くが個人的にはあれでオッケー。仕事人はあくまで暗殺者集団だから変に大立ち回りしなくて良かったかな、と。

千葉真一の男臭さが堪らない。
臭すぎて50メートル離れてても汗の匂いがプンプン臭ってきそうな演技にまた惚れ惚れ。 最期のシーンはベタ過ぎる台詞に笑っちゃいそうになるが、だがそれが良い。(ベネ!)
あの夕陽が差し込む演出は、今日び恥ずかし過ぎて誰もしないだろうと思う…😅

蟹江敬三の密偵感もまたバッチリ。密偵感って何やねん!( ´Д`)って聞かれたら上手く答える技量が自分には無いが、取り敢えず密偵してる。(笑)


やたら色っぽい倍賞美津子もいい味出してるのよね。状況に振り回される弱い人々の哀しさがヒシヒシと伝わってくる。

と、役者がどいつもこいつも素晴らしい!


後、劇中にかかる音楽もやたら痺れる。特に千葉真一vs蟹江敬三の選曲センスがヤバイ。
言葉が見つからないがヤバイんや…



と、知能指数の低そうなレビューになったけど、自分は大好きな作品。
どこを取っても故深作欣二監督の拘りが観て取れるようで、作品として非常にレベルが高いと思う。

ハイレベルな役者✖︎監督が紡ぎ出す極上の作品と思っとります!
滝和也

滝和也の感想・評価

3.7
千葉真一が好きだ。 
関根さんではないが
サニー千葉は偉大だ。

魔界転生やTVの柳生十兵衛が大好きで、同じく必殺シリーズのファンだった私は劇場にて鑑賞。

時代性を反映する必殺らしく、今回は地上げ、当時問題になった追い出しが柱。真田広之演じる敵がある目的のため、暗躍します。これに踊らされる旗本の愚連隊。住民たちに味方するは我らが中村主水、そしてはぐれ仕事人、千葉真一。子供を使う凄腕仕事人。ちなみに子供役にスケバン刑事2でのビー玉のお京こと相良晴子。

旗本愚連隊が馬に載ったウォーボーイズのようで派手な歌舞伎っぷりです。こいつらがとにかく屑で情けない。住民の恨みを買い、仕事人が登場しますが、陰で暗躍するのは蟹江敬三。暗殺者として真田広之に使われます。こいつが晩年の蟹江さんを知る方には驚きの超危険人物。昔はレイプ犯も多くやってます。

この映画の見せ場は実はクライマックスにあらず、その手前の蟹江対千葉の激闘です。砂塵舞う、西部劇さながらの無人の貧民窟を舞台に激闘が繰り広げられます。蟹江は十字手裏剣、サイを使い、千葉は小刀。アクションはさすが、千葉。監督は深作欣二です。

問題あるとすればTVにでている仕事人が全く目立ちません。千葉、蟹江、真田の雨あられなので必殺ファンには、?です。

脇を固める女優さんにアントニオ猪木のもとカミさん倍賞美津子、そして小林ひとみさん。ここポイントです。重要な役ですし、おっ○いも出ます!必殺らしく。

ハードな展開を見せてくれる娯楽時代劇。もちろん中村主水はカッコいい。おっさんの憧れですね。