東京ハレンチ天国 さよならのブルースの作品情報・感想・評価

東京ハレンチ天国 さよならのブルース2001年製作の映画)

TOKYO A GO GO

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.3

「東京ハレンチ天国 さよならのブルース」に投稿された感想・評価

変な映画で妙な魅力を感じる。
ラストで主人公の四肢がちぎれてダルマになるのは草。

このレビューはネタバレを含みます

・頭が入ったバックと覚醒剤が入ったバックを取り違えたことによって奔走する通称「ムダうちのヒットマン」
・グループサウンズがよく流れたり、スパイダースの格好してたり2000年な作品なのに不思議なノスタルジーを演出してた
・山本浩司の自然な演技もよかったが、ボス役の田口トモロヲの小児マヒっぽいイカれた演技が強烈だった
・主人公の四肢がぶちギレて終わるラストが唐突すぎて笑った
大好き!
田口トモロヲがとにかくやべぇ、あまりのキチぶりに惚れてしまったよ。
人にはなんて説明したらいいかわからないし万人受けしそうにないからすすめにくいけど、ひっそりと大好きな映画。