エキストランドの作品情報・感想・評価

エキストランド2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:91分

3.6

あらすじ

過去の大失敗から映画を撮れなくなったプロデュサー・駒田(吉沢悠)は、映画で地元を盛り上げたいと思っている市民達を騙して、自分のためだけに映画を作ろうと画策する。最初は指示されるままだった市民達も、その横暴な立ち振る舞いに疑問を感じ始める。撮影最終日、自分たちが利用されているだけだったと気づいた市民達は、一矢報いようと、ある計画を立てる。

「エキストランド」に投稿された感想・評価

普通に楽しかった。昔エキストラやったことあったけど、こんなことはなかった笑
チィ

チィの感想・評価

3.5
冒頭のシーンの破壊力が、この主人公は今までどんな不幸な人生を送ってきたのだろか瞬時に察して説明なしに彼のバックグラウンドがインプットされる。あー、やっちまったんだなそうくる〜〜?って思わず声に出したくなる。(最初のシーンを凝ってる作品に対して兎に角激甘)

から続く主人公のどうしようもないクズ感と「ここがつらいよ絶対にしてはいけない映画撮影」あるあるが雪崩れ込んでくる。撮影に出る側撮る側で一瞬でも関わってたら、ゾワゾワすること間違いないし、いや、さすがに学生映画でもこんなのしないわアホか!の連発!個人的にお弁当のシーンは結構胸にきたんだけど、これを観た後にもっと酷い話を現実で聞いて「おい、おまえらエキストランドみて学んでこい!」って殴り込みに行きたくなった。

単館小規模公開ながらに毒は強く、画は綺麗で、毒が兎に角強い。一般受けはしないけど、おそらくこのレビューを読んでる時点で映画好きの沼には踏み込んでいるので、邦画が好きな方には全力でオススメしたい!この映画を観た後に、他の日本映画を観ようとするとついついバックグラウンドが気になるしフィルムコミッションにガッ頑張れよ…って声をかけたくなる。そんな魔力がある作品。
2018年初映画
まあこうですよね、映画を撮るって
ラストは絶対桐島のオマージュ
きくゆ

きくゆの感想・評価

3.8
2017.11.13
@ユーロスペース

フィルム・コミッションに焦点を当てた面白い作品。
登場人物のキャラクターと俳優さんたちのマッチングも良かった。
win

winの感想・評価

3.6
エキストランド でエキストラ!やらせていただきました!あらすじはもちろん聞いていたけれども、こうして作品観ると、あ〜こんな感じなんだ!って(笑)
でもなんかわかるわ〜、この脚本(笑)
久しぶりに単館系映画を鑑賞しました。
エキストランド、はじめの印象と違ってかなりテンポも良くセリフの掛け合いも良かったです。

良い点は、
役者の演技とエキストラの演技が
本当に良かった。
吉沢さんも前野さんも本当、演技が上手!
かなり引き込まれました。
が、一番役者さんの中で光ってたのは
はんにゃの金田さんでしたね。
ほんと軽々と転がされる様や単細胞な様がバッチリハマってました。
あと、エキストラの演技も凄く良かったです!
みんな良い映画にしようと細かいところでしっかり演技していて。

悪かった所としては本当に大衆受けはないかなって所ですかね。ある程度役所の体制とか地方創生の課題が見えてる人なら落とし込みやすいでしょうが、そうした流れに無頓着というか縁遠い人には響きづらそう。。

総評として釣りバカ日誌とか12人の優しい日本人的なコメディ系の映画で楽しく見れました。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

2.8
だいぶディフォルメされてるんだろうけど、映画では無いにしろ、TVの撮影とかはリアルにこういうノリで撮影協力者をいいように利用してそうだな。

色々微妙で中途半端だった。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.2
吉澤悠の100パーセント味方だった。カッコよすぎる。純粋な人の心を利用しまくるという、こういう話好きすぎる。主役に近いところにいる人は何も気づかない、人間の気持ち悪さみたいなのも最高でした。何度も笑いました。
小一郎

小一郎の感想・評価

3.4
シネコンで上映しても良さげな内容で、気軽に楽しめて面白い。けれど、何か足りない感じ。

フィルムコミッション(FC)を主役にした映画。FCって何って感じだけれど、<映画等の撮影場所誘致や撮影支援をする機関>で、<地方公共団体(都道府県・市町村)か、観光協会の一部署が事務局を担当していることが多い>(ウィキペディア)とのこと。

地方創生にまつわる悲喜こもごもってたくさんあるだろうけれど、映画とFCに焦点を当てたら面白かろう、というのが企画意図らしい。

映画を製作する人(中央)と、協力する人(地方)の意識のギャップ。できるだけ予算を抑えつつ、協力してもらいたい中央と、映画の宣伝効果によって地域を活性化させたい地方。

悪徳プロデューサーが、このギャップを利用して、地方をこき使い、安上がりな映画を作ろうとする。大体予想できる展開で、悪役をやっつける際のカタルシスはそれ程大きくない。その先のオチの付け方もごく普通。お仕事ムービーとしては面白いけれど、刺激は少な目だったかな。

悪徳プロデューサー・駒田を演じた吉沢悠がイイ感じに嫌なヤツ。でも、彼がこうなってしまったのは個人の資質の問題というよりも、彼をここまで追い込んだ映画業界の体質にあるんじゃないのという気がしてしまうから、業界の方をもっと切り込んで欲しかったかな、企画意図とは違うけど。

●物語(50%×3.0):1.50
・面白いけれど、パンチ不足。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・吉沢悠の嫌なヤツ感が良かった。

●画、音、音楽(20%×3.5):0.70
・普通に良かったかな。
ひらが

ひらがの感想・評価

3.5
タイトル『エキストランド』からエキストラのわちゃわちゃしたコメディものとばかり思っていたけど良くも悪くも的を外された感じ。

確かにエキストラが絡みます。彼等は翻弄されます。ただ制作側の人間を演じた吉沢悠の役所がとにかく下衆かった。
あまりの下衆さ発揮に...
可哀想過ぎるから痛快な逆転を期待しながら観たけど結末はあっさり終結。
心的ダメージを負わせてやりたかったのになぁ。ちょい工夫が欲しかった。

町興しの為に躍起してるはずなのにやらされてる事は何から何まで制作の下っ端の仕事に他ならないという、そして気付かない間抜けっぷり。そこが最初は可愛くもあったし面白かった。
監督役の戸次さんが間に立たされて戸惑う姿が面白さと可愛さを兼ね備えていた。
>|