地平線から来た男の作品情報・感想・評価

「地平線から来た男」に投稿された感想・評価

主人公のルーレット好き、ヒロインのキチガイ行動、の描写はちと極端すぎてバカバカしくも感じるが、「夕陽に立つ保安官」でもおいしい役どころだったJ・イーラムが「空腹のときに100ドルくれた(からお前を恨まない)」と、ここでもニクい一言を吐く。
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.1
『夕陽に立つ保安官』のバート・ケネディ監督&主演のジェームズ・ガーナーのコンビが、主人公の職業だけ変えて(保安官→ガンマン)再び組んだ続編、というより姉妹編といった性格のパロディ西部劇(原題はほぼ同じ)。

鉱山をめぐる争いに揺れる西部の町に現れたガンマン風の男…なのだがこの主人公は馬に乗れない、ギャンブルが嫌い、酒の代わりにソーダ水をオーダーする、決闘の相手を背中から殴る、という西部劇にありがちなヒーローとは180度異なったとんでもないヤツ。

そんなふざけた男が巻き起こす珍騒動を軽快なテンポで描いてる。
わかり易く例えると、志村けんの”バカ殿”みたいなノリ。年末年始の眠れない夜なんかにオンエアされてたら、つい最後まで観ちゃいそう。
ゆるいストーリーと笑い、
世界観がまるで吉本新喜劇。
好きだな。。。こういう映画。