真昼の死闘の作品情報・感想・評価

「真昼の死闘」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッドとシャーリー・マクレーン共演、という豪華な組み合わせの活劇。 
原題は「シスター・サラのための二頭のロバ」である。ロバは一頭しか居ないが、このロバの英語MULEは「バカ」という意味があるらしく、もうひとつのバカは……笑 

タイトルもクリント・イーストウッドの扮装も西部劇っぽいが、娯楽活劇であった。 

悪人3人にいたぶられている女(シャーリー・マクレーン)を助けた男(クリント・イーストウッド)が出会うところから始まる。
女は尼僧だった。しかし、フランス軍に追われている。懸賞金かかった女。 
男は女を何とか助けてやろうとする。 
そのうち、二人はゲリラと行動を共にして、フランス軍の配備されている兵舎に向かって…という流れ。 

ネタバレだが、女は尼僧の格好をしただけであって、最初の悪人3人の一人が行った「淫売」が正しかったようだ。 
しかし、男と女は惚れあって、最後は風呂の中でキスをする。 
おまけにフランス軍を襲って奪った大金で贅沢な買い物して終わる。この時、シャーリー・マクレーンは派手な格好。 

なかなか楽しい映画であった。
クレジットでシャーリー・マクレーンがイーストウッドより上になってるのも納得。
ちっちゃいロバに跨がってお尻ペンペンする画が愛くるしすぎる。
後半のフランス軍vsメキシコゲリラの展開が作品を引き締めてるが、『シャーリー・マクレーンのメキシコ☆珍道中』で全編いっても良かったかも(良くない)
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2010/6/17鑑賞(鑑賞メーターより転載)
イーストウッドがややくすんだ色の荒野を歩きモリコーネの哀愁ある音楽が...というオープニングですっかり「荒野の用心棒」の続きかと思ったが、そこにシャーリー・マクレーンが登場して一転コミカルなタッチの珍道中に変化。ロバの尻をぺしぺし叩きながら駆け回るシャーリーはこの時30代後半だが、役柄もあり非常に可愛らしいし相変わらず見ているだけで面白い。片やイーストウッドも痺れるほど格好いい場面もありつつ、ある時はすっかり彼女に振り回されるただの男になっているのが笑える。地味な邦題で損しているがなかなかの佳作。
ゼロ

ゼロの感想・評価

3.0
クリントイーストウッドのウェスタンものを初めて鑑賞!
スタッフロールはシャーリーマクレーンの方が上なのに少し驚きました!

若いクリントイーストウッドがなかなかカッコよくどなたかレビューに書いていたんですが確かにヒュージャックマンに似てる気がしました!

内容は西部劇と言うよりはウェスタンものと言う感じがしました!葉巻を吸うシーンがなんとも渋いっす(^^)
ジャケットのような絵面が続く、前半は好き

舞台設定が興味深い
まぁ

まぁの感想・評価

3.3
クリント・イーストウッドの出演作品で、一番記憶に残っているのは「マディソン郡の橋」です…☆…1995年の作品…私も若かったな〜(笑)…当時、号泣しながら…劇場鑑賞しました…(懐かしい〜笑)

この作品…1970年製作…☆
イーストウッドも…若くて、カッコいいな〜と惚れ惚れ…(笑)
…何となく、ヒュージャックマンに似ているな〜と…☆…内容より…そちらが気になってしまいました…(笑)

女性は…化けますね…(^^;;
「えっ!」「ひょえ〜〜」となりました…(^^;;
…伏線…ありました、よく考えたら…(笑)

…フランスとメキシコの関係(歴史)を知っておかないと…「ん?」となる作品ですね…(^^;;

ストーリーには心奪われなかったのですが…(^^;;
若きイーストウッドに…(*^^*)

BS-TBS(7月7日放送の録画)にて鑑賞… ☆
…こちらの放送も七夕…☆(何故? 笑)

…昨日は、役員をやっている自治会の行事で…とても疲れていたのですが…(^^;;
夜中の2時に目が覚めてしまい…(^^;;
その後、眠れず…頭が…痛いです…(汗)
お昼寝…できると良いな〜と思いつつ、
映画鑑賞を始めると、夢中に…(笑)
お仕事されている方…すみません…(汗)
キよ4

キよ4の感想・評価

-
尼さんがロバに跨ってるところと火薬を使って矢を抜くシーンが印象的
真昼に死闘シーンはないけどガンマンとあばずれ尼さんの珍道中ストーリーには笑える
ラストの夜間のフランス軍砦への奇襲攻撃シーンがあったから見た甲斐あり
モリコーネの音楽がとぼけ気味でいい味出してます
橋の爆破シーンはあっさり
ぶどう

ぶどうの感想・評価

2.7
相変わらず余裕綽々のイーストウッド映画
西部劇ってこんな感じじゃないよね普通
イーストウッド西部劇しかみてないから西部劇がなんたるかわからん
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
あらこれは掘り出し物。意外と面白いしかわいいロマコメ風?西部劇。あまりおしゃべり過ぎるヒロインは西部劇の世界にはどうなの・・?と思わなくもないけどね正直。若い頃のイーストウッドじいちゃんってよく見たらまるでウルヴァリン演じてるヒュージャックマンみたいな顔ね。
最近いよいよ、鑑賞後レビューを上げるまでに時間がかかってます( ; _ ; )/~~~
忘れないうちにレビューしないと!

GOODパートナーである、
ドンシーゲル×イーストウッドのウェスタン。

マンハッタン無宿以外にもコンビのウェスタンがあったとは初めて知りました。

クセモノ尼さんとガンマンの珍道中みたいな映画です。

なんてったって尼さんなかなか笑えます。

隠れてタバコ 少しずつ口の悪さが そして…。

それにしてもウェスタン、邦題似過ぎてわかりにくい問題。

真昼の〜
荒野の〜
復讐の〜
続〜
〜ガンマン
などなど。

本当は真昼の決闘を観たかったんです笑

そしてもう一つ、的を得ない邦題問題。

真昼に死闘しませんから。
むしろクライマックスは夜中に死闘してますε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

大佐の胸毛がロドリゲスだったので許します(胸毛がハンパない人を昔から勝手にそう呼んでます)(°▽°)
>|