決断の作品情報・感想・評価

「決断」に投稿された感想・評価

おやおやこっちの方向に行くのかい、という保安官ものだが、犯人の追っかけというよりドラマ要素強くそこが面白い。派手なシーンはないが、信用と疑義を超え信頼生まれる過程が面白い。原題"The Hangman"も悪くないが、邦題もいろいろ読めて悪くない。#TSUTAYA発掘良品‬
Filmomo

Filmomoの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

①ロバート・テイラー扮する執念深い保安官の通過儀礼。犯人を撃って終わるのではなく、撃たないで終わり、それでいて後味を良くするというシナリオは非常に優れている。犯人の首実検のプロセスも、テイラーの慧眼を巧く表現している。「駅馬車」のダドリー・ニコルズの脚色が素晴らしい。「決断」は後期の作品だが、その筆致は冴えている。テイラー独立後の第一作としては申し分ない出来栄えである。②役者の使い方、描き方も良い。薄汚れた洗濯場の汚い身なりのティナ・ルイーズが目の覚めるような美女の装いに替わる。フェス・パーカーの保安官は良いところがないが、逆にそれが全体の調和を取っている。③初見では結局美男美女が結ばれるだけのことかと皮肉めいた感想を持ったが、ティナ・ルイーズがテイラーに心惹かれる理由はしっかりとある。勿論犯人を逃してやったこともあるが、彼がまじめで正義のもと行動していることも理解している。一方テイラーがルイーズに惹かれたのは、テイラー自身が、それまでの自分から脱皮できたからである。そしてそれがティナのお蔭であることを知っているからであり、事件を通してテイラーの成長が描かれたことになる。