セブン・イヤーズ・イン・チベットの作品情報・感想・評価

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」に投稿された感想・評価

adagiette

adagietteの感想・評価

4.0
97年というと、ピットがぐいぐいとスター街道を駆け上がった頃?
押しも押されもせぬ大スターだが、その良さがあまりよくわからない俳優さんのひとり....... m(_ _ )m

で、実話なんですね。
ハインリヒ・ハラーは オーストリア人でアイガー北壁登頂にはじめて成功したチームの一員。
これって、ベルリンオリンピックの金メダルだったんだね。
へぇへぇへぇ
ヒマラヤ アタックのドイツ隊にいる間に、第二次世界大戦が勃発して英国軍に捕らえられ、チベット近くの収容所で捕虜生活。
2年後? 脱走に成功して、ラサにたどりつき、ダライ・ラマ14世に仕えることになる。

20年前に公開されたときには、チベットについて世界に知らしめる効果がかなりあったのだろう。
中国では公開禁止、作品関係者は中国から出禁くらったそうだ。
なるほど、チベット族の生活は穏やかに描写され、ラサの宮廷は質素ながら文化度の高さを 見せてくれる。
少年の頃のダライ・ラマは 思慮深く聡明。
この役者さん、とても良いのだけれど、その後は活躍されてないようで .. この大役ゆえの帰結だろうか。

そんなラサの宮廷を描写するのに、典型的な金髪碧眼のピットの風貌は効果的だ。
ピット特有の いささか下卑たセクシーさも効いている。

というわけで、ブラピの映画なんだが.....
その後 放浪の人生を歩む ダライ・ラマ14世 ばかりが心に残る。。
粉雪

粉雪の感想・評価

3.5
欧米人によくあるアジアを美化している作品かと思われたが、チベットの事は私もあまり知らなかったので新鮮な気持ちで見ることが出来た。ラストの中国侵攻はほんとにやるせない気持ちになった。ブラピより、チベットの山々が美しく印象に残っている作品。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.5
好きですね〜この映画 笑笑 いや壮大というか、なんか切ないし悲しいんだけど、どう人と接すればいいの?なにがダメなの?というのが個人的な人との繋がりと国と国のような集団同士の関係という二つをダブらせて描いているのが美しいです。この映画は、見たあとしばらく余韻に浸っていましたね〜笑笑
Mikako

Mikakoの感想・評価

4.0
久しぶりの再見。

1939年、登山家のハインリヒは妊娠中の妻を祖国に残し、ヒマラヤ登頂へ向かった。ところが第2次世界大戦の勃発により、インドでイギリス軍の捕虜になるはめに。登山仲間のペーターと命からがら脱走したハインリヒはチベットの聖地にたどりつき、7年に及ぶ滞在の中で少年ダライ・ラマと心を通わせ自身を振り返る、、、という物語。

エゴイスティックで自信家で自己顕示欲の塊のようなハインリヒが、チベットの人々や友情に恵まれ、変わっていく姿に胸を打たれます。

自分にこどもができたらオルゴールを贈りたい。
Sana

Sanaの感想・評価

4.5
めっちゃよい

1人の男の価値観と考え方が変わるストーリー

良い方向に進む出会いって本当に大事だなぁと
みる

みるの感想・評価

3.6
不思議な魅力があり引き込まれてしまう映画。

ヒーリング効果が凄い…。
人間、どんな人と関わるかの違いでこんなに穏やかになれるんだな〜と。
ちょっと違うけど、ポジティブ、ネガティブは伝染する的などこかの研究を思い出した。

そういえばオーシャンズ11でもブラピ×月の光のシーンがあって何か縁を感じる…。
nana

nanaの感想・評価

3.1
映画で描かれなかった設定なども含め、いろいろ思うところがある
orion

orionの感想・評価

3.3
チベットへの軍事侵略が痛々しく描かれています。優しい心を持ったダライ・ラマと文化を持ったハインリヒ・ハラーの出会いがとても面白く描かれていると思いました!
チィ

チィの感想・評価

-
00.6/10
最初観た時は寝ちゃったけど、ちゃんと観たら良かった。
チベットのダライ・ラマと登山者?が友達になっていく話。
やぎ

やぎの感想・評価

3.5
ブラピが美しすぎてストーリーがあまり頭に入ってこなかった。ブラピの目はほんとに綺麗。そして金髪似合いすぎ繊細美しい。壮大な自然のシーンが多くて行きたくなった。
>|