ラストエンペラーの作品情報・感想・評価

ラストエンペラー1987年製作の映画)

THE LAST EMPEROR

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.7

「ラストエンペラー」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

3.9
壮大な物語でした。
坂本龍一の色気、そして坂本龍一の音楽が素晴らしかった。
お気に入りは第二王妃の雨のシーンとラストシーン。
小倉

小倉の感想・評価

3.5
舞台の大半が中国でありながら会話の大半が英語であることの違和感を気にしてはいけない、壮大な作品。
時代とともに変化する価値観と正義。なにが正しくてなにが間違っているのかを問いかけてくる作品。
といっても結局はなにも正しくなくて、全て正しいのじゃないか。

昔一回観たことがあるのだがその時は奥さんがアヘンで廃人になって帰ってくるシーンがトラウマになった。もう大人だし、大丈夫だろうと思って観たけど今回はすごく切ない印象を受けた。
kingsman

kingsmanの感想・評価

3.5
溥儀の半生を描いた映画。
スゴいエキストラを使って盛大に描いている。
皇帝と言っても名ばかりで、皇帝は紫禁城で閉じ込められて少年時代を過ごす。
少年時代は、家庭教師のイギリス人に学び、統治に興味を持つようになる。しかし、追い出されてしまうんだよな。
日本は溥儀を利用としたが、溥儀もまた利用とした。しかし、蓋を開けてみると、なんの権限も与えられなかった。
日本のほうが上手だったんだよね。
大国の思惑や策略に翻弄されたんだな。
あー

あーの感想・評価

2.6
まさかのラスト録画出来てなかった。

序盤はおもんないけど、戦争になるにつれ面白くなってくな。
溥儀、かわいそう。
じろ

じろの感想・評価

4.2
こんな表紙なんだ…更に泣けるんですけど…!
昔見たことがあったけどほとんど見てないに等しかったことがわかった。今見たらもう泣けるわ考えさせられるわ面白かった…!
まず溥儀の孤独がやばい…3歳であの生活になったって聞くだけで泣ける産後の情緒不安定さ…いちいち伏線を回収して行くし丁寧な映画ですよね。坂本龍一のたまの棒演技気になったけどかっこよかった。音楽も良かったです。
前はさっぱりわからなかった溥儀の周りの女の人の苦悩も面白かった。結婚当初はあんなにキラキラしてたのに2人とも悲しい…
大人になってやっと楽しみきれた感じ。良かったわ…
隙のない名作。これを観て北京の紫禁城にある赤い壁の通路を見に行きました。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.8
昔ジョン・ローンの真似して丸眼鏡かけてた時期がありました。今回はベルトルッチ監督らしさを探しながら、10年以上ぶりの鑑賞。映像的には舞踏会のシーンでの重厚感と覚めた盛り上がり方がらしいなと。ストーリーでは川島芳子の描き方かな。その他では絶頂期坂本龍一の楽曲はやはり最高です。
Karin

Karinの感想・評価

4.6
おもしろかった。政権が変わるごとに、それに加担していた人々に制裁するしか改革の方法を知らないのが悲しかった。中国のことに少し触れられたような気がした。
あやか

あやかの感想・評価

4.3
並んでる宦官をカーテン越しに触って誰か当てる遊び?楽しそうだった👼🏻
清の文化おもしろい、、、!
>|