ラストエンペラーの作品情報・感想・評価

ラストエンペラー1987年製作の映画)

THE LAST EMPEROR

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.7

「ラストエンペラー」に投稿された感想・評価

ふみ

ふみの感想・評価

2.8
ラスト1時間くらいはよかったが中盤長すぎたそこまで書く必要ある?アヘン中毒の皇后の舞踏会シーンは昔授業でも見た好きなシーン。
門

門の感想・評価

4.5
以前観たけど、ラストシーンが良くって2度目の鑑賞。
映画観るより前から、サントラだけ聴いていたので、使われてる楽曲にも思い入れが強いです。

最後にメインテーマが流れるあのシーンは、それまでの長い溥儀の人生と、220分という映画そのものの長さもあって、絵的には地味なのに盛り上がりたっぷりな大好きなエンディング。

あと満州のパーティで流れる曲がとても好き。サントラにはなぜか未収録で、坂本龍一のプレイングオーケストラってアルバムに入ってます。

けど、こんだけ長い映画を最後まで楽しませてくれるのは、小難しい日中の政治情勢を退屈させない構成と、華麗な映像があるからこそ。
また観ます。
ken

kenの感想・評価

4.0
音楽とスケール感が良い。
こんなに激動の人生を歩んだ人の映画は面白い
2019.01.13.(Sun)「歴史を旅するえいが」 @鎌倉川喜多映画記念館

長めだが、日本人として知っておくべき過去など、知らない事を学べた映画だった。
歴史を感じる。かなり興味あるところでもあるが、どうなのかと思うところも多い。虫も・・・。
劇伴音楽の主旋律が印象的だった。ノスタルジックで切ないラストシーンが好き。
DAISUKE

DAISUKEの感想・評価

4.2
胸を打つとはこういう映画に使う言葉だと思った。清王朝というか、中国文明の壮大さと脆さ、儚さ、それを無言のままに表しているのが紫禁城で、本作の本当の主演なんじゃないかな。
Mac

Macの感想・評価

3.1
小さい頃に何度か観て、「幼い男の子がう○ち」する映画と記憶してた作品。

寂しい人生だな。
 ジョンローンが、溥儀を好演。

 紫禁城の雄大さが 今でも 印象に深い。

 それにしても、日中戦争から 太平洋戦争に向けて、
日本が いったい何をしてきたのか

 あまりに 知らなすぎることに 今さらながら 驚く。
>|