ラストエンペラーの作品情報・感想・評価

ラストエンペラー1987年製作の映画)

THE LAST EMPEROR

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.7

「ラストエンペラー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

溥儀の人生をベースに、歴史を辿っていく。

面白いというよりは勉強になる作品だが、やや難しい。

それでいて163分という長さなので、疲れてしまう。
A

Aの感想・評価

5.0
エンドロールでドバーッと涙がでた。

それまでの張り詰めてた本編と、現在の観光客で溢れる平和な紫禁城とのギャップが、坂本龍一の美しい音楽と相まってとても心揺さぶられた
ゲン太

ゲン太の感想・評価

4.0
☆8.5
中国史とかが分からないので敬遠していた作品。
とても事実とは思えないほど悲哀に満ちた人生を送ったラストエンペラーの溥儀。
途中飽きる部分もあるのだが、壮大な内容でとても興味深い良作だった。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
『暗殺の森』でベルナルド・ベルトルッチ&ヴィットリオ・ストラーロのカメラの絵画が流れるような映像に感動して、『ラストエンペラー』を再鑑賞。
画もいいがベルナルド・ベルトルッチの脚本が秀逸

虫篭の中のコオロギ
宦官に利用され紫禁城に閉じ込められる溥儀
紫禁城から出ても日本軍に利用される溥儀
中国共産党に利用される溥儀
溥儀から逃げ出した文繍、婉容
中国共産党に利用された収容所所長
ラストで皇帝という虫篭から出た溥儀

中国共産党の影響を感じる反日シーンが多々あるのがなぁ
アカデミー受賞は中国マネーが動いたろうな。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.0
・18/02/07:NHK-BS プレミアムシネマ【初鑑賞】
megumi

megumiの感想・評価

-
これ以上好きな映画はきっとないと思う。小さい頃から好きな映画なんだけど、すごく変わってる幼稚園ですね。笑
今観てみると、その映像の壮大さや美しさ、音楽の素晴らしさ、遺書、すべてに圧巻されます。エンペラーの奥さんのファンです。実物の方写真本当にきれい。
長さを感じさせない映画でした。
今、ショーンローンでどうしているんですかね?
後半の日本人のよくわからないのは除いて、スケールの非常に大きな荘厳な作品。
性的なシーンだけでなく、紫禁城のシーンはどれも人治の国が纏った妖気みたいなものが漂ってだったんだけど、それがまた艶めかしくて。凄い映画だなと。
そしたらたまたま一緒に借りて次の日に観たイタリアのお色気コメディ代表作の「青い体験」と撮影の人が同じということでびっくり。
坂本龍一氏のドキュメンタリーで取り上げられており、その興味のまま鑑賞。民族衣装のデザインと朱色を主体にした色彩、刺繍などの装飾、すごくすごく格好いいです。写真集がないかなと調べたけど貴重な様子。これは、DVDを買ってしまいたい。
>|