いまを生きるの作品情報・感想・評価・動画配信

いまを生きる1989年製作の映画)

Dead Poets Society

上映日:1990年03月24日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「いまを生きる」に投稿された感想・評価

suama

suamaの感想・評価

4.0
マニュアル通りの人生なんて何にも得られやしないし何にも生まれやしない
自己を表現することで夢や希望を抱ける
たった一度の人生を自分らしく生きることがいかに大切か
今という時を本当の意味で生きるというのは簡単なようで難しい
とにかく今を大事に考えつつ、後悔しないように懸命に行動し自分らしく生きること
気がつくと涙が出ていたくらい感動しました
ほんと大切な作品

そのまま七日戦争ちゃえば笑
ルー

ルーの感想・評価

4.0
カルペ・ディエム!!
目新しさを感じる作品ではないけれど、穏やかでありながら心揺さぶられる作品で、私はこういう映画を観る度に、登場人物たちを羨んでしまう。

自由を掴もうとする生徒たちと、それを許さない現実主義者の大人たち。恐れを忘れる生徒たちの背中を押したくなる気持ちもある一方で、キーティングの言うように視点を変えてみれば、大人たちの心情も理解できる。特に親は、子の''いま''ではなくて未来を見据えているから。

自分もどんどん大人寄りの立場になっていくけれど、二者択一ではなく''いま''と未来、点と線の両方の視点を持てるようにしたい。
ともや

ともやの感想・評価

4.0
とても120分とは思えないほどの濃い時間を過ごせた。
私がこの映画に入り込めるのは何年後か。
まだまだ未熟さを感じた
感性に訴えてくる教授っていいよな
ロビンウィリアムズとフィルコリンズが似てることに気づいた
2021年 714本目

こんな先生に出会いたかった
教科書を破れ、教壇に立てなどありえない教えが好き
ロビン・ウィリアムズから学ぶことは本当にたくさんある

ニールの親が嫌すぎる

「今を生きる」
まさにこの通り
mim

mimの感想・評価

3.9
人生
雪でとにかく走るシーン、真っ直ぐに歩けなくて転んでいるの友人の死を受け止めきれない辛さが痛いほど伝わってきた
1歩踏み出せない時とかにまたみたいな
Miking

Mikingの感想・評価

4.0
人生の教えが随所に散りばめられた
素晴らしい作品であった
悲しみの直後でも続くエゴに
更なる悲しみを感じた
ラストの先生に向ける生徒達の
勇気ある行動にとても救われた..
T

Tの感想・評価

4.0
「死せる詩人の会」の始まりにソローの"森の生活"の一節が!大好きな本🌲
woody

woodyの感想・評価

4.7
キーティング先生は、正に教師の鑑!!そしてロビン・ウィリアムズは本当に素晴らしい役者だったと再認識させられる名作。ラストは号泣。
mennm

mennmの感想・評価

4.0
泣ける。最後はどうしても泣いてしまう。
多感な青春時代にこの映画を見たかった!
>|

あなたにおすすめの記事