いまを生きるの作品情報・感想・評価・動画配信

いまを生きる1989年製作の映画)

Dead Poets Society

上映日:1990年03月24日

製作国:

上映時間:128分

4.1

あらすじ

みんなの反応
  • 全寮制学校で新任教師(詩の先生)が生徒たちと交流する姿が感動的
  • 若さの素晴らしさや選択肢の大切さを教えてくれる作品
  • ロビン・ウィリアムズの演技が素晴らしく、自由と余裕を愛している役柄が多い
  • 先生という職業は人の心にえぐりこむことができる素晴らしい職業である
  • 人生において今しかできないことをし、周りを気にせずに今を生きよう
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『いまを生きる』に投稿された感想・評価

かりん

かりんの感想・評価

4.7
前見た時と感想がまったく変わった

前までは大人達大嫌いだったけれど

人には譲れないものがあって

その考え方と接し方の違いに歪みが生まれてしまって

それでもやっぱり私はあの子達みたいな生き方をしたいな
saku

sakuの感想・評価

4.0

小学校の6年間担任をしてくれた先生のことを思い出した。
国語や社会に関しては教科書に沿った授業をほぼしてこなくて、毎日のように山で遊んだり、本を出版したり、瓢箪で作った人形で人形劇をしたり、いらなく…

>>続きを読む

素晴らしかった、、
多感な10代で観てたらもっと響いて影響されただろうな。

出てくる詩の美しさとロビンウィリアムズの表情の良さ。

男子校特有の空気感も可愛くて面白かった。
見終わってから若かりし…

>>続きを読む

記録用
今作数々名言がありますが

「君たちの歩き方を見つけろ。自分だけの歩み、自分だけの方角を。立派でも愚かでも構わん。さあ、この中庭は君たちのものだ」

私はここのシーンが好きです。

ロビンウ…

>>続きを読む
o

oの感想・評価

5.0
ことばは表現するもの、強い力がある
死する自由、強さ
人生という航海、船長
凪は自分を殺している

全寮制の進学校に所属する生徒たち内面の変化を描いた作品。
学校からも家からも将来が期待され、期待された将来へのレールから外れないように未来のために生きている彼らにいま現在を生きる大切さと意義を教えた…

>>続きを読む

ただの変人や余所から来て異文化や思考を持ち込んでいる理想主義じゃないところがいいね。
OBなら異端児ってだけで土壌は同じで型破りに見えても枠の中で葛藤して羽目を外す方法を教えてくれている。

先輩で…

>>続きを読む
こんな先生素敵だ。
それに尽きる。
CARPE DIEM
今この瞬間を楽しめ

学生の悩める時期に見たらきっと多くの若者の心に刺さるんじゃないかと思った。

ピークポイント三段付きって感じでめちゃくちゃ泣いた

ロビンウィリアムズの笑顔ほんと素敵。
先生役めちゃくちゃハマり役だ…

>>続きを読む

イーサン・ホーク若すぎる
生きること、、言われたとおり、敷かれたレールだけじゃない
自分が選んで自分で楽しむ 自分の人生

自分の家でも親はこんなだった
なにの疑問も持ってなかった だけど、いざ想定…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事