ユナイテッド93の作品情報・感想・評価

ユナイテッド932006年製作の映画)

UNITED 93

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

「ユナイテッド93」に投稿された感想・評価

つよ

つよの感想・評価

4.0
2001年9月11日、唯一テロリストの思惑通りに行かなかったユナイテッド93便の話。

当時は見るのがキツくて、エンドロールで感情を抑えた。
事実を元にという映画で、自分がリアルタイムで知っている事実を映画化したのは初めてかも。

無名俳優を使ったので知っている役者さんが出ていなかったのは良かった。

本人が演じたり、管制官やパイロット、客室乗務員、軍人など、ほとんどがその職業の人だとか。

カメラも良かった。長回しで1時間撮ったりもしたそうで。その日を追った、という感じ。
Kana

Kanaの感想・評価

4.0
9.11でハイジャックされた4機の飛行機のうち、一機だけ目的地に到着せずに墜落した機があって、その機内の様子を描いた映画。
このまま死ぬくらいならと立ち上がる男たち。助かったらこの仕事を辞めると誓いながら最善を尽くそうとする乗務員たち。備え付けの電話で愛する者たちに最後のメッセージを残す乗客たち、、、
結末がわかっていながらも、お願いだから、どうかどうかうまくいってくれと願うのをやめられない。希望を失わず、立ち向かっていく姿に祈らずにいられない。

たまたま乗り合わせた飛行機がハイジャックされて、もうすぐ墜落しそう。想いを伝えたい相手はきっと、家族、恋人、友人、沢山いるけど全員にはかけられない。苦渋の決断の上かけた相手にも、伝えられる時間が限られている。
そんな状況下、皆が口を揃えて、泣きながら「I just want to say I love you」と。もうその言葉に全てが込められているんだと思った。けど、伝えたい思いの何百分の1にも足りないくらいなんだろうとも思った。
人は、何気ない平和な毎日の中で、大切な人たちに自分の気持ちをちゃんと伝える必要がある。難しいことだけど、別れの言葉も言えないまま永遠の別れが訪れることがあるんだと、これをみて思った。

地上の大混乱もリアルで、やるせなかった。情報の錯綜、スムーズにいかない伝達、"上層部"の判断。全てが終わってから悔やんだって遅い。

戦争もそう、このテロもそう、自然災害もそう。忘れてはいけない事実だからこそ、こういう映画がずっと在り続けてほしいし、私たちは忘れずにいないといけないと思った。

2018 No.106
たいし

たいしの感想・評価

4.2
9.11同時多発テロでハイジャックされた飛行機の中で唯一、彼らの目標に辿り着かず墜落した飛行機があった。それがユナイテッド航空93便。
この機内では何が起こっていたのか…

搭乗から墜落まで徹底的にリアルに再現されておりテロリスト、乗客乗員どちら側の目線からも撮られている、まるで自分がそこにいるかのよう、、、
悲しすぎて、辛すぎて、何度も泣いてしまいました。

世界の平和な日常が突然地獄に突き落とされる。
辛いことだがこれが現実にあったということは必ず忘れてはいけない。

これは死ぬまでに観ておくべき映画。
9.11の実際の状況までは分からないけど、こうやって史実に基づいた様々な作品を観る機会は凄く意義のあることだと思う
もし自分が当事者だったら?と自分自身に投げかけて観ていた
乗客が電話で「愛してる」と家族に伝えるシーンはさすがに堪えた
shuheeeey

shuheeeeyの感想・評価

3.8
22時ぐらいだったように思う
リビングで親と団欒中に友人からメールが届き、慌ててニュースステーションをつけた記憶が
あの時はまだ15歳だったんだよなぁ…

来月久しぶりに飛行機乗るからちょっとドキドキする
えり

えりの感想・評価

-
ずっと見たかった映画。
ドキュメンタリーのよう。余計なBGMは一切ない。地上での混乱と無力感がハンパない。
たまたま乗り合わせてしまった乗員乗客達のことを思うと言葉がない。
マト

マトの感想・評価

3.8
ただならぬ緊張感と混乱っぷり。あの日半ば呆然としてニュース映像に釘付けになっていたときの信じられない驚きと胸騒ぎが蘇る。
終盤は地獄絵図のようだ。しかしながら最後まで勇気を持って必死に抵抗した乗客たちに敬意を表したい。
そして彼らが次々に家族や愛する人に電話をかけて想いを伝えるところはさすがに胸が痛む。
ayu

ayuの感想・評価

4.0
ものすごい緊迫感で後半は特に目が離せなかった。4機もハイジャックされてたなんて知らなかったし、ペンタゴンに突っ込んだことも知らなかった。こういう作品はもっと見ていかないとな。
内幕では忠実に作ったようだが、局の中韓系が不自然に多々映された。採点不可能。
NARUMI

NARUMIの感想・評価

4.5
良きも悪きも、全ての人に一人一人の人生がある事を改めて知る事が出来る映画。
>|