ユナイテッド93の作品情報・感想・評価・動画配信

ユナイテッド932006年製作の映画)

United 93

上映日:2006年08月12日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

「ユナイテッド93」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
ユナイテッド93便が墜落するって分かってるからかなり辛い。
登場人物全員が頑張って、何とかしようとしてるのが見てて辛かった
これが実話だなんて信じられない
chanova

chanovaの感想・評価

3.8

これが実話って…ほんとに恐ろしい。
風化させてはいけない出来事だと思いました。
りこ

りこの感想・評価

3.5
実際にあった話なので見ていて辛い…

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ。ハイジャックされた4機のうち、唯一目的に到達しなかったユナイテッド航空93便の機内の様子を描いた作品。

展開がすごく淡々としていて、それが怖いくらいリアリティがあった…

勇敢な乗客たちが犯人に立ち向かって、目的を阻止した…泣けます。
事件としては知っていても、最後は衝撃的で呆然としてしまった。
1315

1315の感想・評価

3.4
終始ハラハラ。
助かってほしかった。。。
なんでこんなことするんだろ。
pepe

pepeの感想・評価

4.4

一気見出来ず、2日に分けて鑑賞しました。

何故なら、
あまりの緊迫感に心臓がもたなかったのと、
あまりの惨劇に感情がもたなかったからです。


この映画には主人公がいません。
各地の管制センターや管制塔で仕事をする人たち、
ユナイテッド93便に乗り合わせた乗客乗員、
テロリスト。
それぞれの〝あの日”を淡々と映していきます。
ブレブレのカメラワーク、
そして
誰かにスポットを当てたエピソードや音楽すらも削ぎ落とすことで、
ものすごい臨場感を生み出していました。

ユナイテッド93便の機内の描写。
ブラックボックスやご遺族への取材を基に創られているそうなので、
かなり事実に近いものであったのではと想像します。
ハイジャックされた4機のうち唯一目的地に到達せずに墜落した当機。
事態を悟った乗客たちが勇気を出して犯人に立ち向かっていったこと、
そのお陰で守られたものがあったこと、
忘れません。


映画を観ながら『映画であって欲しい…』と願ったのは初めてでした。
観ていてとても辛かった作品ですが、観て良かったです。
2001年アメリカの同時多発テロ。その標的となったユナイテッド93便。機内の様子や、当時の管制センターなどの様子を描いた、再現風のお話です。
事件の詳細をほとんど知らなかったり、覚えてなかったりだったので、どうなるのか知らず、ハラハラしました。鑑賞後に色々調べるといいと思いまーす。なかなかでした。
【タズシネマ】
実話ベースのテロがテーマで有名俳優の起用を避けたりしてリアリティ追求するところがイーストウッドの「1517パリ行き」とかなり共通しますが、こちらの方がカメラブラして臨場感出したりとさらにリアリティ追求型な気がしました。さながらドキュメンタリーす。「エレファント」も思い出した。

911テロでハイジャックされた機のひとつユナイテッド93便の話。立ち向かった人たちに敬意。実に惜しかった。。

とにかくこういう事件はフィクションの世界だけでいいんですよ。完全創作されたエンタメとして楽しめればそれでいいんです。世界平和を心から願います。
caky

cakyの感想・評価

3.5
ターゲットに到達した3機に注目されがちだけど、未到達の1機がユナイテッド93便。これ含めて同時多発テロなんですよね。結末が見えてるだけに観るのがつらいけど、機内との奮闘は、記録であり記憶にも残すべき、という意義を持ったグリーングラス映画。
Natten

Nattenの感想・評価

3.8


見たのは昔だけど
凄い印象に残ってる!

本当テロ系は
涙止まんない😭😭😭
実話ってのが、、、

自分だったら電話で
何話そう、、
最後まで
諦めなかった勇気に😭👏
優未

優未の感想・評価

-
当時の記憶は、自分がちっさすぎて覚えてないけど、WTC跡地に行った時、無数の名前が刻まれていて恐怖を覚えたことを思い出した
>|

あなたにおすすめの記事