ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

深刻
ずっと重い


ジェシカチャステインってこうゆうエリート役がとっても似合うなぁ。
最後のシーンのマヤのカットが印象的だった。
アクア

アクアの感想・評価

5.0
ジェシカ・チャステインの演技がいい。
ネイビーシールズの突入も熱いです。
sasataro

sasataroの感想・評価

3.7
ハートロッカーと同じ監督、脚本やから観た。
尋問、拷問、捜査、突撃のシーンが全部リアルに感じられた。
tamaken

tamakenの感想・評価

4.0
監督キャスリン・ビグローの前作「ハート・ロッカー」でもそうだが、本作も一貫してドライな印象。

余分な演出は極限まで削り取り、主人公の内面と出来事を静かに語る。

クライマックスであるビンラディンのアジト急襲シーンの一部始終は圧巻の仕上がり。まるでドキュメンタリーを見てるのかのような気にさせられるほど。
joypop

joypopの感想・評価

3.1
やはり原作が実話だと説得力がある。

9.11テロをやられた米国にはどうしても見つけなくてはならない人物を探すCIAの女性捜査官の話。

何年もの気が遠くなりそうな膨大な量の情報から見つけ出す。

最後の夜中の作戦は非常に緊迫感があり見ものです。
せきね

せきねの感想・評価

4.0
11年間、緊張と圧力に屈せず情報を集めた捜査官がいたことがわかった。ニュースで、ビンラディン殺害、と結果だけ把握していたことの中身を少し知れてよかった。
yasochi

yasochiの感想・評価

4.0
冒頭、当事者の証言に基づくというテロップありの映画

重厚感のある映画を観たいならオススメ
ただし2時間38分

映画としては申し分無し
ジャンルにスリラーとあるけど怖いフィクションではないし、ジャケット写真も似合っていない

2001年の9.11で何が起きたのかはリアルタイムでニュースを見ているし空港での検査がめっちゃ厳しくなったので覚えているが、ビンラディン殺害が2011年5月、つまり震災の年だった事は全く記憶と合っていない事に驚いた(もっと前かと)

場所も穴蔵かと思ってたらパキスタンの街中とかで自分の知識情け無し

wikiによれば作戦時間は40分とかで、映画もラストの40分が作戦シーンだ

リアル?

どうやら映画のタイトルはこの作戦時刻のようで、つまりは真夜中であり本当に夜中に撮ったような、テレビドラマではありえない程の暗さであり、その暗さの中で舞い上がる砂塵なんて、ストリームのせいもあるのかどうかはわからないが液晶画面では辛すぎ暗視スコープの映像頼みというのも考えようによってはリアルである

そういう意味で映画館で観るべき映画と言えるめずらしい?映画

いずれいいテレビに買いかえたらもう一度見てみる
無理か?
映画とは、思えない感じの映像で ドキュメントっぽくて、暗くて。
Koya

Koyaの感想・評価

3.5
アルカイダという組織との奮闘がよく描かれていたと思う。アメリカですらここまでの労力を割がなければ成し遂げられなかったのかと少し驚かされた。最後、ビンラディンを捉える時にその家族が泣き叫んでいたのを見て、戦争に善も悪もないんだなと改めて感じた。
人の名前が多くて少し物語を捉えるのに時間がかかった。
horry

horryの感想・評価

3.0
9.11後、テロリストを追うアメリカCIAの様子が、実際の映像を織り込んだフィクションとして描かれる。
監督は『デトロイト』のキャスリン・ビグロー。暴力のあり様を剥き出しに写していく手法は、本作にも通づる。

ただ、本作は『デトロイト』より照射するものが広い。アメリカ対アルカイダという二項対立ではあるが、ラストシーンでマヤ(ジェシカ・チェスティン)が見せる涙の意味が重いのだ。
マヤは、「冷血」で「高卒でスカウトされたCIA」でワーカホリックな人間だ。同僚のむごい殺され方に怒り、ビン・ラディンの死こそが弔いだと主張する。
正しいと信じるものに向かってひたすら突き進むマヤは、アメリカそのもののようだ。容疑者を拷問し、追い詰める(拷問で得られた情報は正しいと限らないが、そのほかの方法を見つけることができない、とCIAは吐露する)。そして、領空侵犯してまで勝ち取ったものは、アメリカ側から見たテロリストの死体、親を失って泣き叫ぶ子どもたちの姿だ。

「正しい」ものへと暴走するのもアメリカであれば、望んだ「死」を手に入れ涙を流すのもアメリカだ。
その場所にいるのは、アメリカだけではない。
『デトロイト』が描ききっていなかった複雑性の一つが、ここにあると思う。
>|