ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

yosuke

yosukeの感想・評価

2.9
とにかく長い
暗視カメラすごい
これで防弾スーツとか着ていたら最強
犯人もし違っていたらどうするんだろう
現地人信用していいのか?
外は雨

外は雨の感想・評価

3.5
9.11から10年を経てのウサマ・ビン・ラディン発見、作戦実行までを追ったストーリー。9.11の音声から始まり、情報を得るためのCIAの容疑者への拷問。一向に有力な情報にたどり着かない中で各地で起こるテロ。当時の世界情勢の記憶と共に興味深く観ました。

ただ正直これが真実なのかどうかはよくはわからないんだよなぁ。CIA案件なので時期が来て情報公開されるまでは。

公開時期を巡って、保守層からはオバマ支持を後押ししているのでは?という批判があったようだけど、内容から言うとあまりそれは当たらず、オバマ政権がテロに対して弱腰で何も手を打たなかったという描き方もあった。

映画としては前半ちょっと長く感じちゃうかな。全体としてはとても興味深く観ました。
変化、成長、そして固執していく主人公、作中は長期で描かれ、終始緊迫感に包まれ、長めの上映時間も気にならない。
拷問シーンは、見てられないような描写があるわけではないが、緊張感抜群で恐ろしい。
やはりアメリカ視点なので、どうしてもそういう風に観てしまう。
軍事作戦には莫大な費用、人員、時間が充てられているんだと改めて思った。
時番人

時番人の感想・評価

4.4
期待なく暇つぶしでみたら、ビンラディン殺害の実話ベースなので、ありゃまぁぁ!まじでまじで?!エェェそんなやり方で!と引き込まれてしまいました。容疑者を吐かせるということの難しさも痛感。勉強になりました!
miyu

miyuの感想・評価

3.9
つい最近、フレンドがある映画グループに記事をシェアしていた。。。
BBCが選んだ「21世紀最高の映画100本」…とか言うのを。

9割がた、タイトルは知っていた。。。
見ようと思いながら、記憶の彼方に置き去りにしている映画も多々あった…
で、ワタシって 一体何本見てるんやろ???
…って思い、数えていたら、55本ぐらい…見ていた!
てか、見ていても、若干 忘れてる映画もあったりする…

実は、この映画がそうだった。。。

WOWOWか、CSで見ていたのに、タイトルを全く覚えてなかった💦

とりあえず、その100本の映画で見てないのを見よう…って 手始めにコレを選んだ…

見始めて、直ぐに アレ???
見たやん…この映画…😱💦

ワタシは『デトロイト』とか、『ハートロッカー』は、チョット苦手な映画だったが、この映画は好きだ。。。

主役が ジェシカだからかもわからない…
彼女に グイグイ惹き込まれていく感じ…
ジェシカ 押しが強いゎ〜

正直、9・11は、凄くショックだった…
いつも見ていた連続のテレビドラマの最終回で、いきなり ドラマからあの映像に画面が切れ変わった。。。

ツインタワーの映像は身の毛がよだつ思いだった。。。
何コレ〜😱💦
ショック💦💦
って…
日本人のワタシが思ったぐらいだから、アメリカ人は、この何倍もショックだったに違いない…

本作、
9・11から始まり
ビン ラディンの殺害までを描いてあるが…

若干 映画は長い…

もぅ少し、コンパクトでも良い気がしたが
面白い映画であった…

特捜部Qのファレス ファレス出てます!
(ファレス 推し✨)
チョット お気に入りの ジョエル エドガートンとか…
これまたお気に入りのマーク ストロングとか…
出てるんですょ。。。

好き嫌いは別にして
キャスリン ビグロー監督…って
臨場感は 半端ない!

本作では、ラスト辺りの映像を見ていて、それを凄く実感した…

いや、でも『ハートロッカー』とか『デトロイト』においては、それが 苦手だったんだけど…💦

本作は、好きです。。。
すごいリアリティに描写されてて、最後のシーンも考えさせられた。
ゼロダークサーティ

911テロの首謀者ビンラディンを探し出し殺害するまでの話
CIA女性分析官が主人公

前半のどうなるかわからない、ひとつひとつ手がかりを見つけては消え、の展開からの作戦に入ってからのあっという間さ
アメリカの軍事力と執念ってすごいな

主演はジェシカ・チャステイン
共演ジェイソン・クラーク
クリス・プラット、ジョエル・エドガートンも出演
監督はキャスリン・ビグロー

後半の作戦のところ暗すぎて見えねえw
作品としてはハラハラする前半部分はいいとして、後半にかけてからがちょいと長い気がするw
Chikara

Chikaraの感想・評価

3.6
なるほど、こうやって“アメリカの敵”は殺されたのか。

最後のシーンで、ビンラディンの殺害の任務を終えたマヤが、「安心感」だけでは言い表せないような、複雑な気持ちでいっぱいの表情をしながら流す涙が凄く印象的。
長くて疲れて眠くなってしまった…

元気な時にちゃんと観直そう。
観終わった後に疲弊してそうだけど。
2018.7.14.BS録画分。
拷問拷問。1時間ちょいで飽きて、見ながら911の画像や陰謀説やらググッてたらいつのまにか眠りの世界へ。銃声で起き、舞台は暗視カメラでアジト。見逃したところを3倍速で軽く観た。この手の憎しみのループには関わりたくないとただただ思う。
>|