ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価・動画配信

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

Zero Dark Thirty

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

しょご

しょごの感想・評価

3.6
ビンラディンを見つけるまでの執念を淡々と見せられる映画。
ずっと暗いシーンが続いて晴れやかなシーンが少ないから、一人で深夜に観るくらいがちょうど良い映画だなと思った。
アメリカ大正義!!!みたいな作りじゃないのも良い。

ジェシカチャステインが好きで観たけど、この人仕事でボロボロになる役が多くて、そういう人に見えてくるレベル。
ぽー

ぽーの感想・評価

3.7
ビンラディン以外はどうやら全部フィクションとの事だけど、9.11が起きてからビンラディンの死に至るまでに10年かかったこと、アメリカにとって対テロ戦争がいかに大変だったのか(今もトランプが続けてるんだよね?)が垣間見えて、さらに女性主人公が執念で追いかける様子にはのめり込んでしまった。
青春の10年をアルカイダの犯行解明に捧げた人も実際にいるだろうな、と思うと、人生は何かを成し遂げるのに短すぎる事はないと思ったよ。
テロ組織側から視点の映画が作られる日は何年先だろう。
さー

さーの感想・評価

4.7
ビンラディンに辿り着くまでかかった年数と、様々な人の執念がすごい。
どのようにビンラディンの居場所を突き止めたのかが分かって、真実なだけに勉強になったし面白かった。結果は分かっているけど、ラスト30分は緊張した。
あかり

あかりの感想・評価

4.5
ジェシカチャスティン…🤍🤍
ビンラディンを追い詰める(年数が経つ)
ごとに
表情が厳しくなっていくマヤ、
かっこよかった!
Toko

Tokoの感想・評価

3.3
とてもリアリティな映像でドキュメンタリー映画を観ているような感覚。
前半の拷問シーンなど残酷な場面が多く、実際に行われていることと思うと気分が悪くなった。

当時ニュースで、浅く見聞きした記憶はあるけど、裏では12年間もの間追い続けた女性の存在があったなんて。
映画を観なければ知らなかった事実に少し触れられる、映画鑑賞の面白さを感じた。
TAKE7

TAKE7の感想・評価

3.7
実際のこのニュースを聞いた時は驚きました。しかし遠い国のことのようにイメージ出来なかった事が、この映画を見るとフィクションでしょうけれども、知らないところでは実際にはこの様な事が行われていたのだろうと、多少なりとも思ってしまいます。
Kaz

Kazの感想・評価

4.0
リアリティある画像と実話をベースのストーリーで引き込まれていった。
何が正義になるのか、改めて悩ましく思う。
やっぱり実話がモデルの映画はいい!
ラスト30分を、部屋を暗くして見れなかったのはとても残念。
yuka

yukaの感想・評価

3.5
日本人にとって9.11は飛行機が追突してツインタワーが崩れるあの映像が記憶に残っている、くらいでアルカイダに対する想いはやはり諸外国とは違うでしょうね。
この映画を見るまで9.11からビンラディン殺害までどれほど多くのテロが発生していたかを知りませんでしたが、史実をもとにした本作を通してアメリカの執念を思い知らされた。
映画とは思えないリアルさ、淡々と進んでいくストーリーに対して緊張感がすごい。
それとCIAでもあんなに地道に探して、失敗して、、があるんですね。
ラストの突入のシーンは緊張感と米軍の相手を問答無用でサクサク殺していくところに恐怖を感じました。子供や女性にとっては、、と思ってしまうところもありましたが9.11の被害者たちやその他のテロで犠牲になった人を考えると。。
やっぱり難しい問題だなぁと思わされました。
グラウンドゼロに行った時は、なんの縁もゆかりもない日本人の私でも涙がでました
。そこには紛れもなくあの瞬間まで生きていた人たちの名前が刻まれて、誕生日には花が添えられて、、、
二度と繰り返されてはいけない、そのためには一見残忍なテロ排除もやはり必要だと感じさせられました。
9月には見ておきたい映画ですね。
とんも

とんもの感想・評価

4.2
現場にはセブライド小隊長とクリプラの魅力的なメンツ。尋問編と捜索編と突入編の偏りのないバランスで見所が結末に集中しない。とは言ってもミリタリー演出は凄まじい。
淡々と進むものの1人の女性の10年間の成長物語でもあって見応えある
最後の問いかけに大勢の犠牲と時間を費やして何が残ったのか、どこに辿り着いたのか虚しさ溢れる
>|