ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

『デトロイト』と同じ監督。ハードだなあ、、もう面白くて、重い。
junko

junkoの感想・評価

-
記録。📝

ラスト30分以外は、あまりしっかりと観ていない。
最近こういう映画はちょっとしんどい。(´ε`;)
yoon

yoonの感想・評価

4.1
緊迫感が良いです。面白い。アメリカvsアルカイダ?実話を元にした話って、何処までが実話の部分なのか考えてしまう。
想像以上に面白かった。それまでの経緯もあって、暗殺任務の遂行シーンの緊迫感が凄まじい。

9.11からビンラディン殺害までの約11年間をCIA視点で描いた作品。国家機密を取り扱う訳だからどこまでが事実なのかは現在もなお未知だけど、大筋は合ってるのだろう。

というのも、ある程度情報提供を受けて脚本を書き直してるらしい。当初は洞窟に潜むビンラディンとの抗争を描く予定だったとか…。(つまらなそう笑)

ステルス型のブラックホークが実在するのかどうかも分からないんだろうなと思って見てたけど、一機墜落して爆破したのは事実で、そのせいでその存在が表に出てしまったらしい。

ステルス型であるせいで複雑な吹き返しに対応し切れず墜落した可能性もありそう。しかし爆破するなんてね、もちろん回収できないならそうするべきだけど、恐らくとんでもない金額掛かってるよね……(((( '-' ))))

最後の「どこへ行きたいんだ?」に返答せずに見せた涙について。これは、これまで盲目的に身も心も削りながら必死に対応してきた仕事が、最終的に望んだ形で実を結んで解放されたことを実感したことによるものが大きいと解釈。今後の先行きを案じてーなんて、それはさすがにツラ過ぎる……。
OPのボイスレコードでは画面に映像が映ってないのに、目をつぶりたくなった。
150分が長いとは感じず、むしろ短いと思った。マヤの奮闘の8年間はこの時間では収まらない。
無駄な音楽は入れないことでの緊迫感の演出は凄い。
ヘリコプターに妙なCG感を感じてしまったのが残念。
実話ネタ。内容忘れちゃったので2回目観賞。
9.11からビンラディン殺害までの映画。
長いので途中退屈するが、後半30分は臨場感あって良い。
9.11以降テロに対して警戒してるのに次から次へと都心でテロを起こすアルカイダはある意味すごい。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
しかしアメリカってすごい国だよなぁ。ひとの国に行って勝手に軍事行動起こして人殺すんだもん。

元々この事件についてはうさんくさいものを感じています。まだ起きたばかりで歴史的な評価も定まっていない事件を映画化する意図はなんなのか。いろんな意味で「危険」な映画だと思います。私のように先に拒否反応がたつ人間も少なくないはず。

仮にそんな政治性を抜きにしてこの映画を純粋に楽しむとしても(そんなことはできないですけど)、イスラム系の名前(アブドナントカとか)をまったく覚えられないのは辛いですね。
みたかったものと少し違ってダラダラみてしまったけど、邸宅突入からのシーンは見応えがあった
最近の話だし脚色はほとんどなく淡々としてる
ビンラディン殺害から数年もせずに公開されたのにも関わらず、このハイクオリティ。「大物なんだな、飛行機を貸切なんて どこへ行く?」
お柿

お柿の感想・評価

4.5
ずっと緊張するやつ

てかこれクリプラでてたの?!しらんかった
>|