ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価・動画配信

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

Zero Dark Thirty

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

3.6

あらすじ

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

大倉

大倉の感想・評価

3.8
男勝りなキレ者主人公が最高。
キャスリンビグローの、乾いた静けさの中で突発的に起こる死の暗示(?)がたけし的で好きだ!
Nobukyouju

Nobukyoujuの感想・評価

4.3
再見。
ジェシカチャスティンのこの後のキャラクターを決定付けた傑作。
キャスリンビグローもハートロッカーから再度紛争物を撮影。
まあクオリティとしても物語としてもレベルが高いところで作られた傑作です。

ジェシカチャスティンは女神の見えざる手、モリーズゲームでも強くて凛々しい女を演じそれがストーリーも毎回面白く鉄板の流れを作ってる。
この作品では若さがウリみたいになってよりそういった役柄、猪突猛進的な部分がクローズアップされそのキャラクターが映える。
自分自身にこういう側面があるのでよく理解できる。
実社会は分からないがこのストーリー内ではそれでも彼女のこの情熱が周りを動かしていくストーリーになっている。
確かに日本人より外人の方が考え方がシンプルで他人を尊重するのでそれでも何となく受け入れられる展開だ。

キャスリンビグローは男を描くとカッコ良すぎて、女は真実を映すって感じでやはり素晴らしい演出をするなと思える。
実際いつもそう感じさせてくれる

まあただ昨今の政治情勢の不安定さからするとやはり暗殺シーンは残酷で何が正義なのかは非常に考えさせられる。
この話はこういうもんだと割り切って見ましたが。
才能溢れる彼女たちにはそういう善悪と切り離した作品を世に出し続けて欲しいですね。
mikanmcs

mikanmcsの感想・評価

4.0
j昨日に続き、キャサリン・ビグロー監督作品。タイトルは「軍事用語で午前0時30分を指す」(Wikipedia)そうです。ビンラディン急襲作戦が未明に行われたからですね。

9.11同時多発テロの主犯であるオサマ・ビンラディンを追うCIAの新人女性情報分析官 マヤの10年以上に及ぶ追跡活動を描いています。本作は160分と長いですが、10年間を主要なエピソードで区切って描いていくので、ダレる暇もありません。観終わったあと、なんかフルコースをたべたようなお腹いっぱいな重厚感を感じました。Wikipediaによると2011年5月にビンラディンが射殺され、映画は2012年には完成した(公開は延期され2013年5月)そうなので、制作スピードもメチャ早いです。それでこのクオリティ。さすがですね。

本作は事実に基づくそうで、ニュース等で9.11からビンラディンの殺害までの顛末は知っていましたが、その裏でこのような地道な活動が積み重なっていたとは、知りませんでした。映画はCIAによる容疑者の拷問、作戦の失敗、自爆テロによる同僚の死、上層部の官僚的対応、など米国にとって気まずい部分も容赦なく描きます。

主人公のマヤは分析官なのでもっぱら頭を使う活動に従事しますが、同僚で唯一の友人の女性が自爆テロで殺されてからは、ビンラディン発見に一層の執念を燃やしていきます。「ハート・ブルー」「ハート・ロッカー」もそうでしたが、ビグロー監督の作品には「何かに取り憑かれたかのように、対象に執念を燃やす人物」がよく登場しますね。熱いわ~。

本作は「悪者をやっつけてヨカッタ、ヨカッタ!」というような単純な描き方はしていませんが、基本的にアメリカ目線です。一方、現実には米政府&SEALSはパキスタンの了解を得ず勝手に国境を超えて急襲&殺害作戦を実行しているわけで、「9.11の報復」とはいえ、それってどうよ、とは思いました。(オマエ、ソウイウトコヤゾ。。。)

あ、あとクライマックスは夜間作戦なので部屋を暗くして鑑賞したほうがいいかもです。部屋が明るいと画面が真っ暗で、何してんのかじぇんじぇんわかりません。。
8月9日(火)
実話。確かに知らなかった9.11のあとを。
論理的に詰めるのはほんとに難しいよな。。
最後の緊迫感はすごい。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
〖サスペンス:アメリカ映画:ATB〗
2011年5月2日に実行されたビン・ラーディンの殺害にいたる経緯を、実話を基に描いたアクションらしい⁉️
いろいろ大変だったんだね…おっさんたちのわがままに翻弄されながらも、やっちゃったんだから凄いわ😆
なかなか緊張感ある作品でした。

2022年1,894本目

国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン捕縛・暗殺作戦の裏側を描く。

9・11テロ後、CIAは巨額の予算をつぎ込みビンラディンを追うが、何の手がかりも得られずにいた。そんな中、CIAのパキスタン支局に優秀な女性分析官マヤが派遣される。マヤはやがて、ビンラディンに繋がると思われるアブ・アフメドという男の存在をつかむが……。

当事者たちへの入念な取材によって明らかとなったリアルな追跡作戦。辿り着いたアメリカの今。
女神の見えざる手も良かったが、こちらも素晴らしかった
どのキャストも味があるというか、、、

それにしても、人は業が深い、、、
kana

kanaの感想・評価

3.7
アメリカ同時多発テロの首謀者ビンラディンを捕まえることを諦めなかった1人の女性CIAの話。冒頭の拷問のシーンはかなり衝撃的だった。何日も何日も確信のない情報に振り回されながら最後まで諦めない姿勢は執念とも言えた。一つ気になったのは映像カメラが終始上下に揺れてるのは演出なんかな?
追っている側の方がどんどん神経蝕まれるのに病的なまでに固執する感じが、『The・●●●・report』にそっくりでFBIあるあるなんだなって感じた(記録)
にし

にしの感想・評価

4.0
主人公の執念がすごい、突入の時のネイビーシールズがカッコいい
>|

あなたにおすすめの記事