ゼロ・ダーク・サーティの作品情報・感想・評価

ゼロ・ダーク・サーティ2012年製作の映画)

ZERO DARK THIRTY

上映日:2013年02月15日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ゼロ・ダーク・サーティ」に投稿された感想・評価

Yuta

Yutaの感想・評価

4.1
終盤のビンラディン邸に潜入するシーンの撮り方がよい。
緊迫感詰まってる。
構成が悪いのか僕の頭が悪いのかは分かりませんが、特に序盤は点で繋がれ過ぎてる感じがして何が起きてるのかを捉えづらかったです。
後半のシーンは演出的なリアルさでライト少な目&暗視ゴーグル視点にこだわったんでしょうがとにかく見辛かったので映画的には間違えてる気がする。
全体的に冗長すぎて、それほどでもないエピソードを無理やり薄く伸ばしたように見えた。見せ方がまずいと思います
YF

YFの感想・評価

3.6
ウサマヴィンラディン殺害の裏にこんなことがあったとは正直驚き。いきなり爆破テロがあったりするから本当にびっくりする。911後のイラクへの爆撃から全てが始まってしまい、ヴィランディン殺害によって「終わらせた」ように見えるけど、殺害してもなお中東問題は終局しないから本当に難しい。
tiger

tigerの感想・評価

4.0
最後の涙までは、ひたすら情感ゼロなのがプロフェッショナル感があって良い。しかし、これが大ヒットするアメリカの度量はすごい。
yugyug

yugyugの感想・評価

4.3
ジェシチャ好きにはたまらん158分だヮ……

(ネットで見かけた匿名さんの感想がとてもわかりやすかったので勝手に記録。)
↓↓

「匿名さんの感想」
この映画は、実話を元に作られたフィクションとのこともあって、それゆえ生まれる緊張感と丁寧な描写や細かさがありこの点は実に優れている。ただし、内容として評価に値するかは考える必要性も注意も必要な作品でもある。
というもの、作品における対立構造の軸は飽くまで、アメリカという正義とそれに対する諸悪であり、ある意味で鑑賞者はその一方的な視点への理解が前提となる。立場が逆であれば当然この前提は崩れるのであってまったく違う見方になるが、この作品に危険があるのは、その‘対アメリカ側’にいる立場の歴史背景やその関係性への考察や説明などは当然一切無く、その立場など排除した上で、アメリカの敵対としての象徴であったビンラディン殺害を正義として描いている点であり、フラットスタンスで描かれているとは到底言えない点である。
実話ベースのフィクションという点で絶対的緊張感や描写はあっても、その土台を前提にした正義までを現実で正しいのものとして混同して捉えないように鑑賞者は注意が必要だ。
この作品は一見すれば、実話を元にしたという点で緊張感もあって描写も丁寧であり、その点での‘映画としての出来’も優れていて、娯楽として成立はしている。ただ、対テロという重大な国際問題が一つのテーマとなっていて、実話を元にしたフィクションと謳いながらもそこに片方の立場が描かれていない点は、この作品がプロパガンダという指摘は間違いでないとも言える。
ICHI

ICHIの感想・評価

5.0

この作品自体を映画として純粋に評価するのはあまりに生々しい。だけど、作品てしてもドキュメントとしても、素晴らしかった。

音響や映像に無駄がなく、リアリティーがあり、これがアメリカの執念が起こした結果であることを余すことなく描写していた。

マヤの変わってゆく様子が、まるで黒い絵の具で染められてゆくようだった。

最後の涙は、アメリカ全国民の復讐を果たしたとは思えないくらい、静かなものだった。

どれだけの憎悪と執念とプレッシャーが彼女を縛っていたのだろうか。

肩の荷が下りたと同時に今まで出せなかった感情がゆっくりと流れ落ちてゆくようだった。

憎しみは絵の具のように人を変えてゆく。たった一滴の黒い絵の具がたちまち街を蝕む。

憎しみが憎しみの連鎖を生む。連鎖のもとを絶ちきっても、ばら蒔かれた絵の具は今でも広がってゆく。

ビンラディンを追っている始まりから、殺したその後まで、気持ちが晴れることはないような、作品だった。それがリアルな描写なのだろう。

亡くした者は還ってこないし、殺めた命に、詫びることもできない。

戦争は残酷だ。分かりきっていることを、再度痛感させられた。
K

Kの感想・評価

4.5
オープニングで受けた衝撃は今でもよく覚えています。
観ている間は緊張しすぎて死ぬんじゃないか、と思ったくらいに緊迫感があり、日本に産まれた自分は幸せなんだな、と感じた記憶があります。

素晴らしい映画。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.5
記録用
9.11事件
全体的にリアル。前半長い、途中から主人公の執念を感じるとこから面白い。
ZUNDAH

ZUNDAHの感想・評価

4.2
ビンラディンを執念で追い詰めていくクライムもの。
『ボーダータイン』や『トラフィック』が好きな人は好き。
めちゃめちゃ面白い。
ビンラディンを殺すまでの10年近くを主人公の葛藤と成長、失ったものも多かっただろうなと思う。
感情移入して見れました。
おすすめです。
Gun

Gunの感想・評価

-
ようやくゼロダークサーティ観賞。ビンラディン殺害事件を題材にした映画で、日本でも聞き覚えのある人物だと思う。NHKニュースだと1分30秒くらいで殺害を伝えていたけど、発見するために米軍や各国が犠牲にしてきたことは多いのだと改めて気づかせてくれる映画。イラク戦争やアルカイダは自分が小さい時の記憶と重なっているので、現実味がある・・。
>|