独眼竜政宗の作品情報・感想・評価

「独眼竜政宗」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

タイトルに独眼竜とあるんだけど、政宗が独眼竜になるのは本編の半分以降。
史実と反する箇所が多々ある。が、90分未満の尺で“切れ者の青年武将”というパブリックイメージで政宗を描くとこうなるかと。なんで、実母・保春院による毒殺未遂、弟の小次郎等は出てきません。

クライマックスは畠山義継との対決で、ラストは小田原攻めでの太閤・秀吉との対面。せめて死装束は着て欲しかった……。
あと片倉小十郎の活躍が少なく、政宗・小十郎の関係性が、劇中の家臣の台詞ほど強く感じない。
初)錦之助版独眼竜。政宗が父を取引の道具とさせないため殺しちゃい小田原参上までのお話。錦之助御大の魅力は十分伝わるが、政宗の生涯をこうはしょらられた上、敵の刃で目が潰れたなんてエンターテイメントな演出させられると(ノ-_-)ノ~┻━┻東北人としてかなり不満
若き政宗が、姫と山村の娘(佐久間良子さん)の狭間で恋心を芽生えさせたり、刺客により隻眼になったりして秀吉相手に独り立ちする迄を描いた作品。

正直、錦ちゃんファン以外は普通かな。ただ佐久間良子さんが素晴らしく可愛い。
はぁ…こんなに可愛かったんだ…
今日はこどもの日なので三日月型の鎧兜が人気な伊達政宗の映画を選んでみました。中村錦之助が若き日の伊達政宗を演じる戦国時代劇です。天下統一を進める豊臣秀吉は伊達家に脅威を感じて政宗の暗殺を謀ります。この場面で政宗の片目が潰れる設定です。敵の矢が目に刺さりながらも暗殺団を滅多打ちする錦之助様。血糊べっとりのグロテスクなシーンを見事に演じています。政略結婚相手のお姫さま大川恵子と村娘の佐久間良子の間で揺れる錦之助様が単なる面食い男子で笑えます。白馬に跨がる凛々しい錦之助様。隻眼になった後の眼帯政宗は独特の色気があって萌えます。片目になってから見えてくるものがある…何処かで聞いたことがある台詞ですが、深いお言葉でございました。
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

渡辺謙の『独眼竜政宗』が大河ドラマでやっていた影響で、当時 あさって観ました。
かなり良いです。

中村錦之助の目に矢が刺さるシーン、嵐の中で敵に囲まれてるという状況といい、この場面がめちゃくちゃ良い。
menomarori

menomaroriの感想・評価

3.2
古い上に時代劇なので堅苦しいものかと思って見ていたが、割と自由に作られた娯楽作品。プラトニックなラブストーリーにもなっていて楽しめた。
主人公らしき成人男性が両眼でこの人物が政宗であることにしばらく気づかなかった(笑)
まさかの展開も、諦めてからはある意味楽しめた。
佐久間良子さん(20歳)素敵です。
特にお気に入り武将ではないので史実をそこまで知らない自分が見てもあれ?ってなった。とにかくドラマティックに仕上げるために派手に脚色してる印象。でも時代劇っぽくて嫌いじゃない。
自分の中で萬屋錦之介って言ったら宮本武蔵だったので、伊達政宗は意外だったけど悪くなかった。

このレビューはネタバレを含みます

 最近の映画に飽きてきていたので、時代劇の様式美が新鮮でした。

 台詞が聞き取りづらかったり、明らかに時代劇には似合わない風貌の役者もおりますが、人間ドラマとして勉強になりますね。

 大川恵子の美貌にヤラレてしまいました(笑)
>|