「少年」に投稿された感想・評価

こんなズシッとくる映画も中々ない。
少年が雪だるまに心をぶつけるシーンは号泣!
この映画も尾道出てくるし尾道が出てくる映画にハズレなし!恐ろしや映画の街 尾道
当たり屋。
少年。
尾道。
超絶大傑作
日本各地を周り、当たり屋として生計を立てる家族のロードムービー。

ラストの水平線を見つめる少年の姿が印象に残る
U-Next
2/23/2017

それは宇宙人です
当たり屋一家の少年が大人に翻弄されながらも生きる話

1番印象に残るのは少年の眼差し。子供にしか出せない無垢さと、どこか闇を抱えたような暗さ。他の子にはない瞳が作品の語りのほとんどを担っているのではないだろうか。

鑑賞後、座談会で少年の目の話題が出た時、
「少年の眼差しは大島渚の眼差しなのでは」
という意見も出た。瞳で語る大島渚。確かにそうかもしれない
この映画をエンターテイメントとして楽しめるほど私はまだ大人ではなかったようです。

今の社会にも「少年」はいるよなぁと思います。そう思えるから名作と呼ばれているのかなと感じました。
白い雪に赤い血の残酷な美しさ。
戦後の当たり屋で稼いでた一家の話。
貧困の根の深さを描いている。
奥さん役の人が美人だった。
娯楽の少ない頃の名作と呼ばれている作品って今見ても???ってなって終わるな。
客観的にかつ淡々と物語るようにとられているように感じた。大島渚監督むずい。
>|