少年の作品情報・感想・評価

「少年」に投稿された感想・評価

地味っちゃ地味だけどタイトルロールの黒い日の丸でなんかもうやられる。名優すぎる"少年"が本物の孤児とか何なんだ。撮影後ぜひ養子にという誘いを蹴って孤児院に戻っていったとか何なんだ。そんな少年を孤児院で見つけて引っぱってくる大島渚は。やっぱすごい映画人。
わや

わやの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

最初は強すぎる方言とか少年の演技の慣れなさのせいでなかなか難しいなと思ったんだけど、じわじわと引き込まれていった。

少年の演技も演出のおかげか徐々に見れるようになっていって、最後にはこの映画に出演した彼にしかできないような、迫力のあるものが見れた。


劇中の少年が、そして演技をする少年が、ともに強くなっていく姿を見ることができた。
子供が当たり屋をして生活している家族の話。
映画自体は淡々としているが少年の無機質な表情に、何を想っているのかな?とか考えながら観ていた。
とにかく少年に惹きつけられる。
少女が血を流している場面がとて綺麗。
hagy

hagyの感想・評価

3.5
当たり屋の話だし、特にこれといった感動ポイントもないんだけれども、なんかこう味っていうか日本独自なのかなぁ風情が感じられますよね
生きてるよなぁ
このトーンずっと観ていられそう
koms

komsの感想・評価

-
父親にも母親にも全く共感できなくて戸惑ったけど、子供2人の気持ちを思うとやりきれない思い。
当たり屋という存在は古臭いけど、ディテールは違えど似たような家族は今現在も沢山いるんだろうな…
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
なんとも…やり切れない気持ち…(涙)

子どもに「当たり屋」をさせて…各地を転々…
そのお金で生活するって…何て親だ…(涙)
言葉が出ないわ……全く…(涙)

父親、継母より、少年の方がずっと大人で、冷静で…しっかりしている…(涙)
この家族を「自分が守らなきゃ」…って
思っていたんだろうな…(涙)

でも…やっぱり…やっている事は「悪いこと」「犯罪」
その事に気付いて…それまで涙を流す事がなかった少年の…ラストシーンの表情が…
頭に焼きつく…(涙)

…少年と弟(赤ちゃん)のやり取りは…可愛い…(赤ちゃんのたどたどしい言葉が…可愛い…)

あ〜嫌だ…(涙)

気分転換…しに行こう〜(涙)
傷痍軍人の父とその家族で当たり屋をやり、ひたすら逃避するように北をめざすロードムービー。主人公で当たり屋をやらされる少年の瞳、そこに映画的魔法が宿る。
少年役には素人の阿部哲夫氏が抜擢されているけど、『ミツバチのささやき』のアナ・トレントばりに、彼の人生のうちの奇跡的な瞬間をとらえた映画だと思う

町中至る所に掲げられた日の丸。一面の雪景色の浮かぶ血と赤い長靴。
戦後日本のありさまを、戦に敗れた傷痍軍人の子である「少年」に託したシナリオが秀抜。

あと夫婦喧嘩してる場面がリアルすぎて胃に悪い。
koro

koroの感想・評価

3.5
当たり屋一家の実話題材の話。
親の傲慢で胸糞悪い会話とは裏腹に少年とチビのやりとりがあいらしいね。子どもは天使じゃ。宇宙人雪だるまをこわすシーン、私大好き。雪の映画っていいよな、とも思いました。
ZO

ZOの感想・評価

3.9
UNEXTで軽い気持ちでみはじめたら、見入ってしまった。引き込まれる画。
少年の声に、表情に、たまらなく引き付けられる。
otom

otomの感想・評価

3.9
久々の鑑賞。当たり屋稼業の一家の、まぁロードムービーなのだろう。とにかくクズな父親役の渡辺文雄によってこき使われる、少年とまま母。複雑な家庭環境のもと、悪事に手を染めつつ、最後は理性の涙を流す少年の様が実に少年時代。良作。
>|