復讐するは我にありの作品情報・感想・評価・動画配信

復讐するは我にあり1979年製作の映画)

上映日:1979年04月28日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「復讐するは我にあり」に投稿された感想・評価

なこ

なこの感想・評価

3.5
実際に1963年に起こった西口彰事件。
映画の中では、主人公の幼少期に
軍国主義に強いられ、父親が
大切な船を捕られるシーンがある。
軍人に抗うも、最後は
「お国の為に喜んで捧げます」と
言わされ、収入源の船を奪われる。

ここが「復讐する」の意味する起源なのか?

実話だが、実に見事に人間くさい。
実話を元にした作品ではなく、実話の様だ。

方言も表情も全然芝居と感じない。
絞殺されて失禁した床を拭く場面では
身勝手な殺人なのに、変な同情が湧いた。

なんで殺したかわからない。
きっと、何かが欠落した人物なのだろう。
戦後の五島はキリスト教が多く、
当時は宗教の違いは、人生の違いくらい
大きかったのだろう…(ん?今もか?)

倍賞美津子と五月みどりの
エロさが凄い。
キレイとか色っぽいじゃない。
エロいのだ。自然に…

ストーリーではなく、役者の出す
人間臭さが凄かった。

事実は、10歳の少女が家に弁護士と
名乗り客人として尋ねて来た西口彰を
交番に貼られていたポスターの
指名手配犯と気付き通報され逮捕されている。

西口彰は死刑確定からわずか4年で
死刑執行された。
今は無き「シネツイン新天地」で鑑賞。
緒形拳の役どころの幅の広さと深さを象徴する一本だと思ってる。
どうしようもない男の残酷な精神と狂気、けれど本人はその上をいく精神力。怖いし凄い。
tea

teaの感想・評価

3.4
散骨のシーンは…どうゆう???
警察の方は凶悪犯とあんなに談笑するものなの?
昭和作品がちょっと不慣れだったのもあってちょっと見にくかった(というかなんだろ?言葉にできない)
R

Rの感想・評価

3.0
早稲田松竹で鑑賞。

連続殺人を犯す男の物語。

緒形拳の好演もあるが、倍賞美津子や小川眞由美など周りの役者も見事。
tosyam

tosyamの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

浜松の墓地裏のアイマイ宿。異界そのもの。ラスボス婆にこきつかわれているイケニエ娘。千と千尋の神隠しっぽい。行為はいつも何物かにのぞかれている。のぞけるような隠し窓が至る所にある。江戸川乱歩の屋根裏の散歩者のような猟奇性。婆二人は閉鎖的な村の村人のようにいつも息をころして部外者の行動を監視している。庭に朝鮮半島かなんかの土俗信仰か。変なホコラがあって婆が墓からぬすんだ花をいつもそなえている。床下に謎の漬物を大量につけこんでいる。手が血のように染まっていくのでまるで死体でも隠しているよう。たのんでもいない寿司が時々とどく。何処かからの配給か。まるで永遠に植民地のような侵略下で。いつも何者かに搾取されっぱなしのディストピアのよう。しがらみだらけの泥沼のような人間関係。出入りの誰もがたたけばホコリ体質なので誰も榎津を密告しない。いやできない。門に錠前までつけて榎津をかくまっての感染自粛生活のような息のつまりそうな食事風景の不気味さ。原初の食欲と性欲のみがうごめく暗黒時代の無法地帯のよう。時空間もねじれていてアイマイ宿の奥は榎津の実家につながっている。実家は実家で悪魔が棲んでいて村人全員で犬を熱湯で殺すような猟奇な空気にみちている。もしかしたらセカイ系のウラとオモテ。表裏一体。天国と地獄なんじゃないか。実家が地獄でアイマイ宿が天国。地獄では親父が嫁と地下牢での風呂掃除の永遠の拷罰。永遠のナマゴロシ。文字通りの地獄めぐりの別府温泉風景。怪奇大作戦の吸血地獄は本作と瓜二つな作品だった。ウバステか恐山のイタコっぽい地獄の亡者か死国巡礼者で満員電車状態の奇妙なロープウェイ。これがもし山間の路線バスだったりしたらゾッとする。たどりついた山頂も重力が変。二人がしっかり地獄の住人だという証拠。榎津は天国で菩薩とであえた。しかし天国。だが。それは未開社会の王国で。イケニエが要求され。封建社会の心中のような結末しか許されなかった。こうしてみると前作の神々の深き欲望そのものではないか。だから。セリフで説明してはしょらずに風景じっくりの。おなじくらいの三時間の長尺か。もしくはゾンビ長尺版のように長尺バージョンをつくっていただきゆっくりアンビエントにみせていただきたい。とりあえず何度も何度も繰り返し観賞で紛らしてるけど。なぜなら榎津は刑務所から出所してみたら世の中がおおきくかわっていてゾンビだらけになっていて日本列島をただ逃げ回り殺し回りしているだけの人間の生き残りにほかならないからだ。そして父親はゾンビ禍を逃れようと悪魔と契約し吸血鬼になった男で嫁に牙をかけるような卑劣漢。だから榎津は父親を憎む。アイマイ宿は榎津がやっとたどりついた人間のシェルターとしての無人島のような物。とにかく同年のゾンビに勝れるとも劣らないゾンビ吸血鬼映画の傑作。
詐欺、殺人を平然と行う主人公を緒形拳が演じる。
おそらく緒形拳でなければ成り立たないのでは?
倍賞美津子がいい女。
があし

があしの感想・評価

4.8
単純な時系列にせず、同じ展開を見せない飽きさせない巧みな構成。緒形拳の演技力、存在感、ほんの少し下がった三國蓮太郎の演技力、倍賞美津子のスパイス、宿の婆さんのキャラのアクセント。箪笥怖し。榎津巌のどこか憎めない表の仮面とその裏に潜む悪魔的狂気。実際の事件現場での撮影とはなかなかに狂ってる…。構成と演技のみで高得点。
Melko

Melkoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

欲望のままに、獣のように生きた男の生涯。

ツーンと伝わってくる昭和。
その町の汚さ、人々の淡白さ、信仰、戦後の発展の香り、昭和が持つ独特のギラついた雰囲気。

刹那的に人を殺し逃亡を続ける巌。
根底には、父親に対する強烈なコンプレックスと憎しみがあった。
ああはなりたくない。あんな弱い人間にはなりたくない、と行きすぎた同族嫌悪の末、自分の父親なら絶対にしないことを反抗的に重ねていく。
とても強烈な反抗期とゆうか。

抱きたい時に女を抱き、
金に困れば博打、人を殺して金を奪う。
自らの手で。

それは、自分の父親が絶対にできないであろうこと。

焦がれる嫁に知人の男をあてがい、
理性と自制心に押さえつけられて生きる父親に、「どうだ」と言わんばかりに重ねる反抗。

最後までその姿勢は崩さず、ただ、自分のために死んでくれようとした女のために唯一度涙を流す。

ラスト、親子の対峙。
「恨みもなか人しか殺せん種類たい。」
さすが親子、巌の本質を突いた父。
憎くても殺せなかった父に芽生えた殺意。
もう遅い。
誰のことも信用せず愛せなかった男が、自分の子どもが欲しいと懇願され、あったかどうかわからない新しい命まで手にかけたと、告白する。難しい人だ、この人は。

掴めない人間の生き様を供養するかのように、遺骨を空へ投げる、父と嫁。

本格的なエロスと血と、人間の強欲さと汚さ、救いとは。
不思議な映画だった。巌の顔が脳裏から離れない。
BTO

BTOの感想・評価

3.3
この時代の映画はテロップが出てて逆に申請に思いました。被害者とか死亡推定時刻等。
仁義なき戦いでも出てたと思いますが。

緒形拳演ずる榎津巌は口がうまいし人たらしだなと思った。何もかも明らかになってもなおもついてくるって相当ですよね。

死体がある部屋でよくすき焼きくおうと思うな(笑)
酒を口に含んで部屋中に吐いてアルコール消毒ってなんか笑えた。

骨を投げて止まる演出は良くわからなかったし、何で投げるのか全くわからなかった。
「なんで殺したのか、わしにもよう分からん」

犯罪映画のパイオニア的存在なだけあって世間のスコアは高め。
でも俺は昭和の作品に不慣れだからかそこまでハマらなかった。

というより日本のシリアルキラーこと西口彰事件の実録犯罪映画かと思ってたからここまで打撃喰らったのかもしれない。
正直、10歳の少女が全国指名手配犯を追い詰めるというストーリーの方が映画向きだったよ。
本作はなんだか構成が分かりにくい。それ程の出来かな?

唯一キャストの演技には目を見張るものがあったので観て良しとはなった。なかなかのエロスだった。
>|

あなたにおすすめの記事