日本の仁義の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本の仁義」に投稿された感想・評価

懐かしい顔がたくさん観れて良かったかな。細かいサイドストーリーが多すぎて観てる方の集中力を削がれる感が否めない。
タイトルが大きく出過ぎかな。
sithmaro

sithmaroの感想・評価

3.3
日本映画専門チャンネルにて鑑賞。

東映オールスターヤクザ映画の一本。
ヤクザの一つの組が抗争の果てに没落していく様を描いた映画。

例えるなら、坂を転げ落ちるような映画なので爽快感みたいなものは皆無。
一つ一つの小さな綻びが連鎖となり、それに抗おうとするも悉くが裏目に出てますます状況が悪化していく。
そんな映画なので観ていてフラストレーションが溜まるし、とにかく疲れる。
しかし最後まで目は離せない。

それこそ新撰組を扱った映画やドラマを観ているような哀愁のようなものが物語全体を覆っている。
それこそヤクザの衰退を描いた映画は他にもあるとは思うが、ここまで執拗に、そして克明に描いた作品はあまり例を見ない気がする。

決して名作とは言わないが、良質のヤクザ映画と言えるのではないか。
風神

風神の感想・評価

2.8
日本映画専門チャンネル放送分を
録画して鑑賞。

タイトルの壮大さと裏腹に
文太さんの残念っぷりが凄い。
サニ千葉が良かった。
オチの鶴田浩二さん、なにしてんの?

川谷拓三さん、こんな役ばっかり。
フランキー堺さん、最近観た作品に
ことごとく出てる。

観終わってあらためて
タイトルの意味を考えるが
パッケージにも書いてある
仁義がこの世界から無くなったって
ことなんですかね。
ナレーションがジェットストリーム。音楽が「新幹線大爆破」。野坂昭如が何言っているかサッパリ分からん。林隆三の演技が妙。フランキー堺と川谷拓三がいい感じ。ヤクザ映画の大作になると話があちこち行ってまとまりがない感じだったなぁ。
日本映画専門チャンネル「東映ヤクザ映画傑作選」の1本。東映好きとしては発見したら観ちゃうよ。実録路線が終わってたからのヤクザ映画は全然観てないからありがたい。

関西の二大組織、神宮会と千田組の抗争を描いた本作は大仰なタイトルらしく超豪華キャスト。菅原文太さん、千葉真一さん、川谷拓三さん、志賀勝さん、成田三樹夫さん、といういつもの実録ヤクザ映画組に鶴田浩二、藤田進、という大御所、フランキー堺、そして大島渚映画のイメージが強い佐藤慶、ちょい役で野坂昭如まで、まだ若い林隆三、池波志乃、キャシー中島というこれぞ70年代という今見ると歴史を感じるキャスティング。

ストーリーは会長の引退で文太さん扮する須藤が神宮会を継ぎ、宿敵千田組の抗争を仕掛けるところから始まる。
二大組織の抗争なんでいきなり正面からぶつかることはなく鉄道会社「阪鉄」の工事受注の利権荒いによる両組、警察、政治家を巻き込んでの鞘当て、それが下部組織の四国の組同士の揉め事からの代理戦争と徐々に抜き差しならない緊張感を帯びていく。

スケールが大きくて俯瞰的に話が進んでいくわけなんだけど、抗争は激しくなるものの映画のエンジンはあまりかからず、いつまでも話がアッパーにならずドライブ感が生まれない。抗争の激化のライド感こそ肝なのに、、
監督が中島貞夫さんなんだよね、中島監督は実録ヤクザも撮ってるけど、根が任侠、人情を見せたい人だからドライにスピードで抗争を加速させることより泣きや哀愁に力点を置く。
せっかくこれだけのスケールの設定なのに神宮会末端の組長石毛が組の都合で振り回され子分を失い破滅するまで丁寧に描く、この石毛役がフランキー堺。須藤の前妻とその子のめんどうを甲斐甲斐しく見て、子供とは親子のような関係になる泣けるいい場面もある。フランキー堺、こういう役ハマるし、泣けていいシーンだけど、ハッキリ言って抗争のゴタゴタが見たいよ笑 他にもチンピラの川谷拓三さんとその情婦がしゃぶ中の女性が捨てた赤ちゃんを育てたりと、擬似親子のいい話、2つもいらんですよ、、笑

主演は文太さんのはずなのにこういう末端の人達の悲哀に尺取られて登場時間少ないんだよ笑
でも、文太さんは本作ではイケイケのヤクザで不利になっても一歩も引かない狂犬でかなりいい味出してた。そのイケイケが仇となって連日新聞沙汰の事件を起こし体裁を気にした「阪鉄」から決まってた取り引きの中止を告げられる。利権を失いたくない親である元会長から破門され警察からマークされ四面楚歌の須藤はシャブに手を出し理性を失う。そして千田組との手打ちを進言した盟友である若頭の木暮を激しく殴打してしまう。
文太さんが『仁義なき戦い 広島死闘編』の大友勝利みたいでかなり新鮮な印象。おもしろいのが若頭の木暮は常に冷静沈着なタイプなんだけど演じてるのが千葉真一さん。2人の役柄がいつもと逆でおもしろいと思った笑 そして成田三樹夫さんが千田組の幹部で頭脳派ヤクザ、成田さんはいつもの感じで、何気に敵側の頭脳派が多い。ある意味金子信雄の"山守メソット"的な安定感があった笑

このあたりの人達のぶつかり合いをメインにしてくれれば『仁義なき戦い 代理戦争』みたくおもしろくなったはずだけど、中島監督の目線は権力者に振り回される側にあるからそうはならなかったんだよな。
一番、強調されてたのは先代から幹部として神宮会に身を置く大橋組組長。
彼は状況を常に俯瞰し会全体の発展と末端の組員達のための選択をして色々な関係の歪みの調整に粉骨砕身する。会に都合よく使い倒された石毛が暴発して立て籠り事件を起こし警察に包囲される中、投降を呼び掛けるも叶わず、石毛が射殺された時に見せる苦悶の表情は、この映画一番の名シーンだった。

話は限りなく実録向きなんだけど、その現代的でドライな風潮に負けていく仁義を重んじた男の話になってしまったんだよな。他にもスポンサーへの忖度でスクープを没にされた新聞記者と木暮の友情物語もあったり、目線は常に状況に翻弄される側にある。なので、そういう脇の人達の愁嘆場が多すぎるんだよな、中島貞夫監督の拘りで笑。深作欣二監督ならもっと狂暴でドライで荒んだ傑作になった気がする。
野坂昭如の芝居と台詞が下手糞過ぎて癒やされてしまった(笑) あの人呼んだの誰だよ…(´∀`;)
たま

たまの感想・評価

5.0
記念すべき200本目♥👏
暴力に狂って墜ちてゆく会長を演じる菅原文太。最高。シャブ打つシーンかっこよすぎ。ラストシーンやばすぎる。。めちゃくちゃ好きでした。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
〖1970年代映画:やくざ映画:東映〗
1977年製作で、東映のヤクザ映画シリーズ三部作の第2作らしい⁉️
今回は、小松島抗争がモデルになっていて、抗争も激化した作品でした。

2022年676本目
超豪華キャストが揃ってるけどひたすらダウナーで暗いやくざ映画

菅原文太が組を継いでから酷いことがいっぱいおきるおはなし

組が崩壊していく様を描いたやくざ映画はこれ以外にもあるけども
この映画は崩壊のきっかけから映画がスタートするので崩壊をじっくりと見せてくれるグッタリする内容になっています

鶴田浩二、菅原文太、千葉真一、等々大スターは揃っているけども事態は全く好転しないのでめちゃくちゃフラストレーション溜まるつくり
千葉真一の中間管理職ぽいやくざの幹部は今まで見た事ない演技の幅でよかったし
菅原文太のラストの電話のシーンも情けなくて素晴らしかったけども
アッパーなアガるシーンがほとんど無くてしんどい映画でした
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.1
東映YouTubeより。
タイトルが“日本の仁義”と余りに仰々しいが、この映画ではその仁義とやらがどうなったのか?伝統ある日本の仁義が、死んだのか?死なないのか?その辺の解釈を観客に委ねる映画だね。

大阪を舞台に2組が抗争。地元の組は先代が引退し二代目(菅原文太)に跡目を譲る。補佐に兄貴分が鶴田浩二。
仁義なき好戦派の二代目が文太で、昔ながらの仁義あるヤクザに鶴田浩二を部下にするのだ。
この時点で“日本の仁義”は下に扱われているのだ。

とにかく文太が、武闘派で強硬主義だ。相手に徹底抗戦!
「何じゃワレ」じゃない。「ぬぁんじゅわぁ〜ンわるぅえぇ!」だ。デコに青筋立てて血管切れそうだ。
あまりの無茶に周りもついて来れなくなり組は分裂していき、二代目も段々壊れてくる。やっぱり仁義なきヤクザは負けるのか?
だが先代は2台目の葬儀で「誰が殺した?」問い、「あんただよ」と言われる。
先代の仁義も否定される。
最後は鶴田浩二の殴り込みシーンで、日本の仁義の最後の意地が、見られる。
果たして日本の仁義は死んだのか否か?

新聞社の記者に林隆三。仕事が上手くいかず酒浸りで、文太の子分(千葉ちゃん)と仲良くなる。
鶴田の子分に、ヤクザ映画に珍しいフランキー堺。ヤクザだが子供ウケすり良いキャラだ。
他にシャブ中の赤ん坊を引き取ってしまい育てるチンピラに拓ボン。
…と変わり種なキャスティングも多いのも見どころだ。

あなたにおすすめの記事