やくざ戦争 日本の首領(ドン)の作品情報・感想・評価

「やくざ戦争 日本の首領(ドン)」に投稿された感想・評価

東映オールナイトマラソンその2。
結婚式とカチコミのクロスカッティングとか、小池朝雄の例のベッドのシーンとか、あからさまに『ゴッドファーザー』過ぎて笑った。あと、人は股引姿になったら終わりだと学んだ。
映

映の感想・評価

3.7
あらすじのわりにはそんなに重苦しい感じじゃなくて、見やすかった。結構面白かった。
to

toの感想・評価

2.9
高田脚本。大作志向に舵を振り、成功を収めた東映映画。
悪くはないが、普通だなだ。
鶴田浩二、成田三樹夫、千葉真一の3人の立ち回りっぷりが最高。何度見ても最高。
今作で完全に鶴田浩二にやられた思い出。
セリフ回らしもいちいち震える。

後半に菅原文太が出てきて
「外すなよ・・・的を外すなよ!」
あのシーンはとてつもなくかっこいい。

僕の中では日本ヤクザ映画では一番好きかもしれません
未知

未知の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

終盤に千葉真一演じる迫田が留置場で自害した際に破門状の裏面に残した遺書の教養のなさそうな拙い文字や文面が心に刺さる 。学業もカタギの仕事もまともにこなせず暴力を振るうことしか能がない自分の唯一の居場所である“組”から見捨てられた絶望感が滲み出ている。
みんな出てます。ゆえになのかどうなのかいまいちみなパッとしません。唯一みっきーだけがおもしろかったです。
カリー

カリーの感想・評価

3.1
単調で登場人物も多くちょっと飽きるけど、鶴田浩二の涙のシーンと終盤疲れ切った演技は見ものだし、成田三樹夫のおどけたいい加減なキャラがナイス☆
日本の首領シリーズ第1作目。良かったです。内容的には特筆することもないんだけど、やっぱりこの豪華俳優陣。やっぱりたまにはこういうのがなきゃダメよね、スターたちの競演にドキドキワクワクする感じ。菅原文太や梅宮辰夫とか登場した瞬間からギラギラしてて、スターのオーラとでもいうのか目が離せなかった。そして時代の雰囲気、80年代〜だとなんか古い、ダサいって部分が見えるんだけど、ここまでくるとなんか回り回ってオシャレに見えるんだよね。まぁそこら辺は自分がまだ生まれる前なせいかもしれないが。

このレビューはネタバレを含みます

 西日本最大のやくざファミリーが関東進出し始めて、関東のやくざと衝突したり。ヤクザのドンの家族がいろいろ問題を起こしたり。

 渋い役者さんたちの脂ぎったお芝居が最高で、それをみるだけでも面白い140分でした。
 政財界とやくざの関係、警察との関係。みんなが利害関係で持ちつ持たれつの関係があって、あっちへついたこっちへついたと生き残りをかけて戦っていく。
 その流れと主人公のヤクザのドンの娘さんとお婿さんになる医者との関係や次女の淫乱っぷりに頭を悩ませたり。

 親分とその片腕とその子分たちが東京へ。当然、関東のやくざと対立で血が流れたり、警察の取り締まりが厳しくなったり。
 展開はちょっと遅く感じて、この内容で130分はチト長かったです。家族の描写に時間が割かれるので、政財界の展開が進まない印象でした。とはいえ、娘婿のお医者さんがファミリーのために最後に子分が勝手に組を解散しようとしてたところを多量のモルヒネを注入して……というカタギがヤクザなことしちゃったりするのはお医者さんの変化があってよかったです。
hirotora

hirotoraの感想・評価

3.2
任侠映画は仁義なき戦いのシリーズ物
みたいに この映画も毎回出演者が大方が
同じなので 昔に観た物だとレビューする
事が難しいというか 放映毎にストーリー
を覚えていない事が多いです
任侠映画に欠かせないというか
今の俳優では当時の出演者の貫禄と
迫力には及ばないと思います

出演者が故人となられた方々が多く
なってきた事が残念でなりません
ご冥福をお祈りいたします
>|