日本暴力列島 京阪神殺しの軍団の作品情報・感想・評価

「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」に投稿された感想・評価

在日を題材にしているヤクザ映画。日本人にいいようにこき使われ最後はポイ。
辰兄の真っ白な布に鮮血で染める最後は美しくもあり儚くもあり叙情的。そして白と赤は日本の国旗でもある。これをどう見る。いやこれは深読みかもしれないけど。
併映『喜劇特出しヒモ天国』を当時の人はどんな感じで見てたんだろうか。笑
羨ましいな。俺も見たかった。

辰兄がまだどうかまだ分からないけど芸能界を引退するかもしれないらしい。本当ならマジ寂しいわ。。。
りょー

りょーの感想・評価

3.6
室田日出男の小物感は異常。二つある川のシーンはとても綺麗だった。成田三樹夫の存在感も半端ない。
とにかく、小林旭がカッコいい!最初からシビレまくる!
脚本と演出も気持ちがいい。前半は神がかっているといってもよい。中ダレがあるが、ラスト近くの河原のシーンは最高である。これぞ山下監督の演出!
filmsounds

filmsoundsの感想・評価

3.0
雇われ武闘派ヤクザが全国各地を転戦。多くの犠牲を払いながらも、天下統一を成し遂げるべく進撃を続けるお話。小林旭の硬派な演技が光る。ラスト、梅宮辰夫と白布のコントラストが美しかった。中島ゆたかも美人。パイプ役の成田三樹夫もウサン臭くて◎。
krishna

krishnaの感想・評価

3.0
昔読んだ本に書いてあってずっと観たいなぁって思っていた作品。何が書いてあったか覚えてないけど、差し込まれてた画像の辰兄の眉なしとマイトガイの革ジャンが凄い印象的に残ってる。多分在日を直接的に扱ってたから本に載ってたのかも。

しかし、在日を主役にして商業ベースに乗せるには、なかなか難しいかな。

辰兄の最後の河原での絶命シーンは素晴らしい。アップを多用するし、間が長い。深作監督の実録路線とは一線を画した撮り方。実録路線なのにここまで違うのかって感じ。

しかし。伊吹吾郎、途中で居なくなって残念。
前半戦は志賀勝が大活躍です。相手方のチンピラを元気に嫌らしく熱演です。全体を通して梅宮辰夫がいきがっててかつノリ良い感じです。『実録 私設銀座警察』のたっちゃんと少しかぶりました。小林旭との仲良しっぷりもよいのですが、妻の中島ゆたかに料理を指南するとこなんかはヤクザ映画におけるオアシスですよ。話はよくある話ですよ、もはや。
馬子

馬子の感想・評価

3.3
梅宮辰夫が怪我して顔面30針縫った姿で出てきた次に驚いた眉なし顔www

伊吹吾郎はシンケンジャーの爺のイメージしかなかったので、こちらも驚いた

そして柳ヶ瀬、長良川が出てきてこれまた驚いたw
岐阜に赴任していたので柳ヶ瀬と長良川ロケそして高架になっていない岐阜駅が観れるので懐かしい。話の方は、在日を描くと言っていたが必ずしも真正面からではない。満州小唄、韓国料理屋、マッコリと所々の梅宮の発言で在日がわかる程度。小林旭が貫禄あり過ぎて成り上がった感がない。実録だけど山下将軍にかかると着流しの様に撮るので迫力が全く感じられない。女性団体からクレームが来そうな物扱い。総じて中くらいな映画だ。
おかつ

おかつの感想・評価

5.0
在日朝鮮人やくざをテーマにした作品で、東映実録路線の中でも異色作。しかも監督が山下耕作なので、演出がちょっと任侠映画チック。

実録やくざ映画が苦手な知人と見に行った際「仁義なき戦いは苦手だけどこれは楽しめた」と言っていたので、どんぱちやかましい実録路線が苦手な方々、健さん鶴さんの任侠映画がお好きな方々には結構すんなり楽しめる作品かと。


内容は置いといて、山下将軍の演出する悪役・成田三樹夫が見れたことは幸せの極み。
成田三樹夫は実録路線の群像劇風味の演出でも際立つ個性を発揮しますが、重く様式美を重視する任侠映画でもバツグンの存在感、そして深い芝居を見せてくれます(是非江波杏子の女賭博師シリーズを御参照ください。)。

人の感情は表情で撮る山下監督ですからとにかくアップが多いのも素晴らしい。成田三樹夫のアップがいっぱいだよ母ちゃん!!
小林旭、梅宮辰夫と言うコロコロツヤツヤ熱々コンビの仲を引き裂く悪魔のようなあいつこと成田三樹夫。

山下将軍の情感豊かで、熱いしっとりとした演出だからこそ、成田三樹夫の渇いた冷たさが際立つというものです。

是非ご覧ください。
村八分

村八分の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

梅宮辰夫の死に様が完全に「灰とダイヤモンド」のオマージュ でもやくざ
映画にこういう観念的な演出は水と油だよなあ
>|