Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?の作品情報・感想・評価・動画配信

『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』に投稿された感想・評価

NHK-BSPプレミアムシネマ録画鑑賞

リチャード・ギアとジェニファー・ロペスのタンゴが胸熱‼️

周防正行監督のオリジナル版『Shall we ダンス?』(1996)は好きで何回も観ているが、リメイク版は初見。
こちらも良かった〜‼️
そして涙腺も崩壊…

社交ダンスを通して人生を見つめ直す中年男を描くハートウォーミング・コメディ。

原題 『Shall We Dance?』

2004年米作品
監督 ピーター・チェルソム
脚本 オードリー・ウェルズ
原作 周防正行
音楽 ガブリエル・ヤレド ジョン・アルトマン 
撮影 ジョン・デ・ボーマン
出演 リチャード・ギア ジェニファー・ロペス スーザン・サランドン 

日本語字幕 西田有里

(NHK番組内容より)
シカゴで弁護士をしているジョン(ギア)は、妻と2人の子供と平穏な生活を送っていたが、単調な毎日にむなしさを感じていた。そんなある日・通勤電車から見えるダンス教室の窓辺にたたずむ美しい女性(ロペス)の姿が気になったジョンは、思わず教室に飛び込んでしまう……。

オリジナル版、周防正行監督作品も好きで何回も観ているが、本作も結構オリジナルに忠実で面白かった‼️

脇役の竹中直人や渡辺えり子、柄本明などのキャラクターも登場するハートフル・コメディで楽しい。

そして終盤に、涙腺が崩壊‼️
ハートフル要素が強めかも⁈
オリジナル版は泣けたっけ⁈


以下、ネタバレ含む。

印象のシーン
・ダンス大会前夜、お互いのダンスへの想いを語り合う、ジョン(ギア)とポリーナ(ロペス)が心情を吐露する。

・教室の灯りを付けずセピア・トーンの中踊るタンゴ。
ぎこちないジョンをリードするポリーナ。

“何も言わず… 何も考えない…
  感じるままに動いて”

曲は、
”Santa Maria (Del Buen Ayre) “
Gotan Project

官能的なタンゴ。
シュワちゃんがジェイミー・リー・カーチスと夫妻で踊る『トゥルー・ライズ』(1994)のタンゴも良かったが、こちらもお気に入りシーンにマーク‼️

ここだけ5回以上、観てしまった‼️‼️

・お別れ会に行かないジョンが帰りの電車で見つけたメッセージ、ジョンの自然にこぼれる笑み

・ジョンが正装で妻の職場に現れるところは、何故か『愛と青春の旅立ち』のラストを思い出し胸熱‼️

“ダンス・パーティにはパートナーが必要だ!”

周りの部下や同僚と一緒にもらい泣き…

・”ラストダンスは私と“

・登場人物たちがそれぞれのパートナーと踊るラストも良い余韻。


オリジナルが好きなかた、観ていない方も楽しめる本作。
オリジナルを後で観ても楽しめる作品。

ダンスや音楽も楽しめ、コメディながら胸熱シーンもある欲張りな作品‼️

オリジナル版もまた観たくなってしまう。


【忘備録】
キャスト
( )オリジナル版(日本)で相当する俳優。

・ジョン・クラーク John Clark
- リチャード・ギア
(役所広司)

・ポリーナ Paulina
- ジェニファー・ロペス
(草刈民代)

・ビヴァリー・クラーク Beverly Clark
- スーザン・サランドン
(原日出子)

・ボビー Bobbie
- リサ・アン・ウォルター
(渡辺えり子)

・リンク・ピーターソン Link
- スタンリー・トゥッチ
(竹中直人)

・ミス・ミッツィー Miss Mitzi
- アニタ・ジレット
(草村礼子)

・チック Chic
- ボビー・カナヴェイル
(徳井優)

・ヴァーン Vern
- オマー・ベンソン・ミラー(田口浩正)

・ジェナ・クラーク(ジョンの娘)
- タマラ・ホープ
(仲村綾乃)

・エヴァン・クラーク(ジョンの息子)
- スターク・サンズ  
(該当なし)

・ディヴァイン(探偵) Devine
- リチャード・ジェンキンス
(柄本明)

・スコット(探偵助手)
- ニック・キャノン
(峰野勝成)


サントラ収録曲
01
Sway - Pussycat Dolls

02
Santa Maria (Del Buen Ayre) - Go Tan Project

03
Happy Feet

04
Espana Cani

05
I Wanna (Shall We Dance) - Gizelle D'Cole and Pilar Montenegro

06
Perfidia

07
Under the Bridges of Paris

08
Moon River

09
Andelucia

10
Book Of Love - Peter Gabriel

11
L Train

12
I Could Have Danced All Night - Jamie Cullum

13
Wonderland - Rachel Fuller

14
Shall We Dance

15
Let's Dance - Mya
夫婦だからこそ生まれる信頼関係を感じた

動機は不純だったけど、ラストが気持ち良くてよかった

求めすぎないこと
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.1
中年男性のサラリーマンが新しくダンスを始めるヒューマンドラマ。 
リチャード・ギアが主演、ジェニファー・ロペスがヒロインを演じ、ボビー・カナベイル、オマー・ミラー、スタンリー・トゥッチ、リサ・アン・ウォルターらが共演。

弁護士事務所で働くクラーク(リチャード・ギア)は、帰宅の通勤電車の車窓から見えるダンス教室の窓越しに、いつも一人で立っている美しい女性(ジェニファー・ロペス)が気になっていた。
ある日、何気なくダンス教室を訪れる。
ちょうど居合わせた入会希望の二人の男性(オマー・ミラー、ボビー・カナベイル)と一緒にダンスを習い始めるが…  

周防正行監督の「Shall we ダンス?」のリメイク版で主題曲も一緒。
周防監督のオリジナルのエッセンスはそのままで、ユーモアと華やかさがあり楽しめる。
もっとも主人公の女性先生への淡い気持ちが感じ取れないのが少し残念。
とはいえ、リチャード・ギアがはまり役で、特に終盤でダンススーツで決めて一本の赤いバラを持って登場するシーンがかっこいい。
ジェニファー・ロペスもスタイル抜群で美しい。
オリジナル同様に共演者たちも個性的で魅力いっぱいです。
楽しい作品でダンス教室に通いたくなります。
趣味に熱中することの楽しさを改めて感じさせてくれる作品です。
「踊ろうか」
”初心者クラス 水曜7時半から” 

2022.11 NHK BSP で鑑賞(字幕:西田有里) 
J-Loの全盛期かな?
ダンス姿もダンスしてる時のキメ顔も、ほっそりしてて素敵でしたー!
UoxoU

UoxoUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全体的に明るくてハッピーエンドで良かった!
リチャード・ギアの優しい表情がたまらなく良い🥹スーツ姿にバラを持って奥さんのところへ行くのは本当に素敵だった〜
ジョンはダンス教室の誰かと、そしてジョンの奥さんは探偵とそれぞれどちらかが浮気をしてしまうんじゃないかと思ったけどそんな事もなく、またそこが良かったのかな💭
最後は更に仲良くなったクラーク夫妻にこちらまでニヤニヤしちゃった☺
yumiko

yumikoの感想・評価

3.5
平凡な生活をおくるジョン(リチャード・ギア)が社交ダンスを習うお話。

オリジナル、役所広司版、かなり昔に観て面白かったの覚えてる。なかなか同じように作ってあるかも。

スタンリー・トゥッチが!笑
竹中直人枠だったのが笑えた。

そして、ジェニファー・ロペスがねー!美しかった。というか、せくちー。

そして、何気に好きなのがボビー・カナヴェイル。笑
ダンスができるとモテるから、とチャラいキャラだったけど、お尻がちっちゃくて、かっこいー。好きー。

楽しかったー。
日本版(原作)との対比がすごいジャケット!(笑)ピンク!(笑)サーモンピンク!(笑)

恵まれた体格、スタイルから生まれるダイナミックさ、彫り深フェイス&カラフルヘアカラーの派手さが映える!映える!
さすが本場だなぁ…なんて思っちゃうのは致し方ないのかしら。
でも日本版は繊細な感じがいいのよね~~
これに気づけたことも良かった👏
ヒロイン、本物の元バレリーナもんね!✨

“moon river”はずるい~~🌝
いいに決まってるじゃないかよ~~🌝

何はともあれ、ダンスのジャンル問わず、楽しそうな表情をしている人々を見るのは最高に気持ちが良かったです💃✨
あろわ

あろわの感想・評価

4.1
え〜素敵すぎる✨
リチャードギア、甘〜〜〜〜〜い🥰🥰
タキシード着て奥さんにshall we danceしにいくところ最高🌹❤️
ダンスもかっこよかった💃🕺✨
mossan

mossanの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

リメイクされたのは知ってたけど2005年だったとは…。ジェニファー・ロペス若い!!(´⊙ω⊙`)

オリジナルは観たことあったけどほとんどの忘れてて!竹中直人も出てたなって、リメイク観て思い出した笑

大会でスカート脱げた人が一番の被害者だと思うんだけど…
そこ、奥さん追いかけるんかいって思ったよね。

皆さん本業は俳優なのに(ジェニファー・ロペスは歌手?)、ダンスがキレッキレでカッコよかったーーー!
あんなに踊れたら楽しそう。
でもあんな密着するの気持ち悪いって思っちゃうからやるのは無理そう。

オーナーが頻繁に飲んでたのは酒?
オーナーの背景ももっと掘り下げてもよかった様な?掘り下げないなら意味深な酒の件いらなくない?
h

hの感想・評価

4.0
好きだ!となった映画。

箱に入れてプレゼントできる欲しいものを妻に尋ねられ、ダンスと出会い、妻に衣装をもらい、最終的にはやっぱり箱に入らない愛に行き着く。その回収が見事だった。
友愛、情愛、敬愛、親愛、恋愛、家族愛…
ダンスもだけれど、どの愛情も特定の形がないからこそ美しいねと再確認。

印象的なシーンとして、それぞれのその後を、柱(?)で区切りながら描くのが好みだった。彼が乗っていた地下鉄から続いているような感覚を覚える。曲も良い。
タキシードを纏ってバラを手に登場するの格好よすぎ。
>|

あなたにおすすめの記事