夢見る頃を過ぎてもの作品情報・感想・評価

「夢見る頃を過ぎても」に投稿された感想・評価

キャシー・ベイツとなるとサスペンスとかが絡んでくるのかなって考えが頭の中でよぎってけど、今回は違うみたいw
でも、なんかみんな出てくる人たちがどこか憎めない感じで良かったと思う!主役2人は不思議なコンビだったけど面白かった。やっぱりルパートはイイ男が似合うなぁ
MetroMatsu

MetroMatsuの感想・評価

4.0
結構ウケる。
おばちゃんと英国人の兄ちゃん、おばちゃんの息子の嫁が最高です。
のんchan

のんchanの感想・評価

3.8
オープニングから全身スパンコールのラメラメスーツを着たおじ様が歌って踊る🕺
え、えっ、これ、ミュージカルなん??
と、度肝を抜かせられます💦

ちょっと大人の落ち着いたラブストーリー💟を期待してたのに全然違ってた💦
ミュージカルではないけれど、根底にあるのが、歌、歌、歌でした♬

なんとも風変わりな作品ですが、物語を引っ張るのがキャシー・ベイツ🌟なので、安心して観ていられました。そして当たり前のように、数々の歌を見事に歌いこなすのだから、も〜う演技に見惚れ、ただただ流石〜👏👏👏


シカゴに住む専業主婦のグレースは、英国人スター歌手ヴィクターに夢中。
ある朝、弁護士の夫から離婚を言い渡されてショックを受けるが、同じ日にシカゴへ来たヴィクターが何者かに殺されてしまう。ダブルで打ちのめされたグレースはヴィクターの故郷を訪れ、彼の使用人ダークと知り合うのだった...

まぁ中年女性の自立がテーマなんだけど、内容と言うより、キャストが豪華でビックリしました‼️

キャシー・ベイツ、ルパート・エベレット、メレディス・イートン、ダン・エイクロイド、ピーター・サースガード、ジョナサン・プライス、リン・レッドグレイヴ、リチャード・ブライアーズ、
そしてジュリー・アンドリュース♬に本人役でバリー・マニロウ♬


※清掃員の犯人役に、ピーター・サースガード💫この顔見た事あるけど...と思ってエンドロールで気付いたという😅
この監督はnext actorを見つけ出すことにも長けているそうです。
よるこ

よるこの感想・評価

4.2
シカゴの主婦・グレースは夫に離婚を切り出された朝、大好きな歌手ビクターのライブ招待券が当選した電話の最中だった。しかし、収録の日ビクターはボーガン連続殺人魔に殺される。グレースはビクターの残した言葉に触発され彼の国・英国に行く。そこで出会ったのはビクターの死に打ちひしがれるゲイの恋人・ダークや遺産を狙う妹たち。グレースはダークと心通わせ、共にシカゴへ犯人を捜しに行く。

何度もうるっとくる、ハートフルでコメディでミュージカルでミステリーでアクションなセンシティブ。そんな要素がすごく優しく融合した映画だった。キャシー・ベイツの柔らかい感じや息子の小人症の嫁との関係も素敵!
J・アンドリュースの使い方が贅沢で楽しい、不自然に突然歌いださないからストレスもないし、すごくいい映画だった。
「夢見る頃を過ぎても」だなんて、、あぁ...なんとも素敵な甘いタイトル。。
そしてこのジャケット。。
これはもう...大人のラブロマンス......
って、思ったけれど、、全然違った!!!
恋愛映画じゃなかった!!!
中年女性の自分探しがテーマの作品だった!びっくりだ。

これは恋愛映画かな? →→ 違ったー!これは、サスペンス映画だ...!! →→ それも違ったー!!これは新たな人生を歩み出すための自分探し映画だったー!!
って、2度3度と作品のテイストが変わるんだもの。最高じゃんか。


平凡な主婦が夫から離婚をきり出された。
失意の中、唯一のは支えは大好きな歌手。
しかしその歌手が何者かに殺された。
女は犯人を捕まえることを決意。

そんなお話なんだけど、犯人探しの相棒となる殺された歌手の恋人がヒュー・ジャックマンに激似で、ヒュー・ジャックマンファンの自分としてはニヤニヤしてしまう。

孤独な2人。
同じ人を愛した者同士で助け合う姿がとても切ない。
しかし、主人公の息子の嫁がそこに加わることでコメディ要素が増して、切なさと明るさのバランスがちょうど良くなってた。
また、LGBTの問題も描かれていて、そこも素晴らしい。


犯人探しのお話だけど、サスペンス要素は薄めなのでそこを期待したら物足りないかも。
犯人はアッサリ見つかるし、そこに驚きもない。
最後の方は茶番すぎたし、犯人よりも前半と後半の作風のギャップの方がビックリよ。
で、ラストは「ホントに茶番だわー」ってケラケラして鑑賞してたのに。
ラストショットのあのシーン...!!
一気に涙が出ちゃったよー。あんなのズルいって、、泣くにきまってるわ...。。


劇中に出てくる数々の名曲も素晴らしすぎたし、これはDVD欲しいな。。
犬

犬の感想・評価

3.3
電話

平凡な主婦グレースは、長年連れ添ってきた夫から突然、離婚を言い渡されてしまう
彼女が大好きなイギリス人歌手ビクターに会いに行くことにしたグレースだったが、ビクターが何者かに殺されてしまう
その後グレースは、葬儀に参列するためイギリスへと渡るが……

ひょんなことから歌手殺人事件の真相を追うことになった中年主婦が巻き起こす騒動をキャシー・ベイツ主演で描いたコメディドラマ

愛してるが故に

主婦のお話

ドタバタ

少し笑えた
ストーリーはまあまあですかね

歌の力は絶大

あの人も登場します

このレビューはネタバレを含みます

拳銃が抜けない抜けない♡笑

私は人生の中の楽しむって事に
いつも少しの罪悪感を覚える。

決して悪いことじゃないはずなのに
なんか自分で後ろ髪引っ張ってるような感じで
そういう空間や瞬間をやたら避けて通ろうとする・・・
人生で未だ経験した事ない娯楽が有り過ぎる。
本気で「楽しい❢❢」って思った事があまりに少な過ぎる。

楽しむ時間はいくらでもあったはずなのに。

こんな年になって冷静に分析すると
何故そんな風になってしまったのか
その理由が何となく分かる気がするけど
ここから変わるって相当困難に思うし勇気もいる。
今更無理なんじゃないかって思う。

だけど端からこの映画をじっと見つめてると
大切な人が好きな事をしてイキイキしてる姿とか
幸せそうに笑ってる姿は何にも変え難い幸福だなと
心底思うんですよね✧
幼い頃から望んでいた光景なのもあって余計に。

無言で我慢してたり何かを言い訳にして
当たり前に諦める姿を見るのはもうウンザリ。
心がひんやりしてしまう。
それが落ち着いた大人の判断のように 
思えた時期もあったけど決してそうではない。
自分にも周りにもネガティブな影響しか与えない
死の臭いを引き寄せる生き方に今は思える。

大切な家族や友達が無駄に我慢することなく
好きな事や興味ある事に思いっきり打ち込んで
失敗して落ち込んだり成功して喜んだり
そんな豊かな光景を想像するだけでなんか泣けてきちゃう。

そんな光景がいつか目の前に広がるといいな♬

その為にも自分自身が人生ワガママに楽しむ術を
身に着けないとな。

我慢や努力や忍耐より大切なのは
自分の為に勇気を出すこと。
自分の為に楽しむって事を覚えること。
それが大切な人の幸福にも繋がるんだから♡
平凡な主婦が憧れのスターを殺した犯人を探す!
非日常へと誘う映画かもしれないが、夢や希望を追う人生も良いな。鬱屈から文句垂れてる自分も変わらないと...😅
ぷりん

ぷりんの感想・評価

3.8
ご年配の女性が 新しい自分を発見するお話。この手の映画は よくありますが、本当にそんな場面になったら とってもシリアスで震え上がっちゃいそうなシーンも クックッと思わず笑ってしまう。とっても面白い映画でした。キャシー・ベイツのキャラクターが 最高!
>|

あなたにおすすめの記事