マダム・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

「マダム・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

もえ

もえの感想・評価

4.3
ニューヨークでの話がメインだからインドインドしてない!

女性に母性という免罪符振りかざしてなんでも許されると思っている人も少なくないと思う。
特に当たり前的存在の母親が尊重されない思考が蔓延っているからこそ全ての世代に観て欲しい。

失ってからじゃ遅い。母親だって1人の人間だって改めて気づける内容だと思う。ボリウッドやりよる〜。

私も留学先で必死なのに伝えたい事を伝えられなくて周りがおかしそうにその様子を笑ってくるのもフラストレーションだったからすごい共感できたし
苦手な事を克服する事で自分自身を認めて家族にも認められたい想いも強く強く共感。

主人公のシャシはとても一生懸命なんだけど器用ではない。真面目に取り組んでいるのに人からしたら面白い事で、からかい続けられてだんだん劣等感になって…
苦手な事に向き合いざるを得ない環境になってからも本当に一生懸命。
純粋に一喜一憂する姿はとても2人の子供を持つ母親には見えなかった。もちろんいい意味で!
夫は腹立つ。思春期だから仕方ないけど娘も生意気さが目立ってイラッ。NYの姪ちゃんモテるだろうな〜

劇中前半と後半にでてくるインドのお菓子、ラドゥがどんなものか食べてみたくなったけどインドらしい口の中でパラッとなるタイプらしい、気になる。

"自分を好きになれないと、周りも好きじゃなくなっていく"この言葉にはハッとした。
今年、自分をどんどん嫌いになってった中で周りとも距離をつくった事があって私もそうだったのかもしれない。

外国人の母にはどうせ何を言ってもわからないだろうって当たり障りない会話や相談をして来なかったけど、大人になってそれは愚かな間違いだったなって気付いた。

決めつけないで、もっと早く話していたら1人でぐるぐるする癖もつかなかったのかなぁ。時間はかかるけど、まずは自分の思ってる事を知ってもらわないと歩み寄る事なんてできない。

そして、人の努力は気づいてあげたい。
語学をテーマにたくさん気付かせてくれた作品でした!!
miho

mihoの感想・評価

4.2
この映画好きだったー!
家族で1人だけ英語が話せない専業主婦のシッシ。

姪の結婚式の御手伝いに単身ニューヨークへ。そこで英会話教室に行くというお話。

自分のしてることを認めてもらえず満たされない承認欲求。
ひたむきに努力する素晴らしさ。
本当に良かった!

姪のラーダもいい味出してましたね。
entrepreneur という単語に出会った時の誇らしい顔とラストのスピーチで泣きました。
「人生で初めては1度だけ」
「自分を助ける最良の人は自分」
泣いて笑って前向きになれるいい映画!
インド映画お決まりの歌もダンスもありますが、自然な流れでいい感じでした。
Sumi

Sumiの感想・評価

4.0
インド人女性ってやっぱり美人が多い。
民族衣装も華やかでみんな素敵だった!
私も英語を学ぶ者として、色んな人種の人々と英語を通じてだんだん意思疎通できるようになるのはやっぱりエキサイティングでいいなぁと思った。
カフェのシーンとか、家族がちょっとjudgemental なシーンは辛いけど、主人公がすごく頑張っていて、優しいフランス人にも流されない主人公がかっこよかった。
単純な感想だけど、私も英語を頑張るぞと思った💪✨
英語が話せないということを家族から馬鹿にされているお母さんが、NYで英会話スクールに突撃

自分の為に動き出した女性の美しさはなんとも素敵なものか

なんでも挑戦したくなる、頑張りたくなる、最高の前向きムービー

マダムが美しくてキュートで、私は駅員さんになってマダムにニコってされたい
KaoriAbe

KaoriAbeの感想・評価

4.2
時には相手より劣っていると感じる時があるかもしれない。
そんな時は、お互いに助け合って、
対等と感じるようにすること。
そうすれば大丈夫。

この言葉がとても沁みた。
hikarouch

hikarouchの感想・評価

3.6
佳作。

専業主婦の冒険活劇。

ラストに涙。

主役のマダムが魅力的過ぎる。

All Is Wellのあいつも最高w

(2015年鑑賞時の殴り書き)
azs2

azs2の感想・評価

4.5
とっても良き映画☺︎
心がほっこり、前向きになれます。
ボリウッド女優が美しすぎて惚れ惚れ。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
めちゃくちゃ感動。
何事も最初は上手くいくはずなくて、
でもそれを恐れず、
挑んでいく主人公かっこよかった。
スカッとした。

何事も初めては1度だけって、冒頭のおじさんの言葉にグッときました。
Motiyuki

Motiyukiの感想・評価

4.5
家族のために日夜、家事や育児に勤しむ彼女。それでもないがしろにされてしまう日常では嫌になってしまうのも不思議ではありません。
ニューヨークに降り立ってからの彼女はだんだんと活きいきとしてきて、私まで元気になります。

開始20分、歌も踊りもなかったので、ないインド映画もあるんだなって思いかけました。しっかりありましたね(笑)インドの歌詞って面白いのばかりですが、「ルイヴィトン、ヴィトンヴィトンヴィトン」で耐えきれず爆笑しました。ずるいでしょー!🤣
最後はしっかりまとまっていて、またインド映画に惚れるのでした。
risarose

risaroseの感想・評価

5.0
久々映画で涙しました。自分が留学に行った頃のことを思い出すし、シャシの秘めていた女性の底力みたいなのを感じてとても感銘を受けた。
シャシの結婚式でのスピーチ、、👏
インドは日本よりももっと女性差別の強い国。これからもシャシのような女性が前に出て進んでほしい。
インド映画は起承転結がはっきりしていて面白い。特にこの映画は舞台がNYでインド映画の色が強すぎず、いい感じにNYという舞台が融合されていて🙆‍♀️
またいつか見返すであろう映画。
>|