Shall we ダンス?の作品情報・感想・評価・動画配信

Shall we ダンス?1996年製作の映画)

上映日:1996年01月27日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「Shall we ダンス?」に投稿された感想・評価

『ファンシイダンス』が好きだったのでどんどん作風が逸れていくのを感じてちょっと寂しい。
役所広司の覗きが最初気持ちわるーとか思ってたけど、ラストで昇華されたのでいい映画。
のぐち

のぐちの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃大好きだった記憶がある。
Netflixにいきなりきてたので10数年ぶりに観た。
やっぱりいい。
リチャードギアが絶賛したという役所さんの演技の素晴らしさはもちろん、
脇を固める名役たち。。柄本さんが特に若けぇ〜〜〜(興奮

大人になったからなのか、色々映画を見るようになったせいか見る目線が変わって以前とは感想が少し変わった。
ふと我に返ってしまうところもあった。

昔観て感動した映画って美化フィルターかかってるからな。
だとしてもいい映画に違いない。じっくり見返してよかったとしみじみ感じた。
miyako22

miyako22の感想・評価

4.0
学生の頃から金曜ロードショーとかでやるたびに見てたけど最初からちゃんと通して見たこと無かったので見た。
おもしろいって最初から知ってて&好きで見たので大きな驚きとか衝撃はありませんがやっぱり面白かったし好きな映画。何も言うことはございませんって感じ。
やさしい雰囲気の邦画って沢山あるけど、これを見ちゃうとあれらは雰囲気作りの為の見せかけの優しさなのではと思ってしまう。
というくらいこれは本当に、嘘のない、優しさのかたまりのような映画。こういう作品って意外になかなか無いと思う。

あと、役者さんなんとなく全員セリフ棒読みな感じがして、でもそこが一昔前のちょっと古臭い感じと合ってるというか、1990年代の雰囲気が漂ってて、そこもとっても良い。今じゃ絶対撮れない雰囲気。

今更こんなこと言うのもアレだけど、役所広司と柄本明の芝居は改めてすごいな。
はづき

はづきの感想・評価

3.7
あー。こんな人いるいる!ってw個性的・演技派の俳優さんが多かったので時々声を出して笑ったりしながらとても楽しめた!色の薄い日常生活にだんだんと色がついていく。趣味でもなんでも打ち込める事がある、しかも年を重ねてもイキイキできるってステキ‼︎ 笑顔の連鎖☆人生楽しみ上手にならなくちゃね。しゃ〜るうぃ〜だんすっ♪
ナナ

ナナの感想・評価

3.6
人知れず楽しそ〜にダンスの練習する役所広司推せる〜。竹中直人のクセある演技にちょっとウッてなるけど、たまこさんの癒し効果で、プラマイゼロ。どんなきっかけで始めたことでも、最後にはただ好きって自信持って頑張れる何かに出会いたい。
Kana

Kanaの感想・評価

3.3
密です、とかなってしまうのが悲しい世の中ですが、
コーヒーハウスが世論を作ってきた歴史を見るように社交場という文化は根絶やしたくないものですね、社交ダンスというのはそういった歴史の重みも感じられる娯楽として味わい深さがありますね
amayadori

amayadoriの感想・評価

3.2
映画というよりはちょっと贅沢な2時間ドラマという感じだが、後半は胸が熱くなる展開で良かった。
パピプ

パピプの感想・評価

4.1
この時代の街や雰囲気が懐かしく、覗いてみたら、見入ってしまった。今は駅前の自転車駐輪はないな。
それぞれ抱える悩みを、ダンス教室を通じてさらけ出し、人間模様の伝え方がしっかりしてて、コメディーセンスあって、色褪せない面白みがある名作だね。
とても有名な映画なので概要割愛

自分的にはヒロインの魅力が、特に後半あまり分からなかったためハマらなかったが
それでもダンスをしていたので、踊っているうちに何かが解き放たれていって自信がついてくるようなあの過程に共感を覚えた

どんどん身体に振りが入っていくのは本当に気持ちいいんだよね

主人公がどんどん解放されていく過程の描写はとてもよかった

あまりに有名な周防正行監督の代表作。

コメディタッチでありながら、独特なゆるいテンポと空気は健在。
キャラ頼みの前半においてはそれが生かされないまま弛緩した時間が過ぎていくが、後半になりドラマが動きはじめてようやく引き込まれる。

しかしそれとすれ違うように、ほとんど感情をあらわさずそっけないあいだは魅力的であった草刈民代が、饒舌になり笑顔を見せはじめた途端にただのひとになってしまうという残念さ。
>|