Shall we ダンス?の作品情報・感想・評価・動画配信

Shall we ダンス?1996年製作の映画)

上映日:1996年01月27日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『Shall we ダンス?』に投稿された感想・評価

誰でも何歳からでも何かに熱中する姿は美しい、踊りたくなる
竹中直人が天才的~
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0
いい意味での平成初期のダサさが良かった。
コメディだけど何かに真剣に向き合う大切さが描かれていて好きだ。
自分が変わって周りにも変化が伝播していくこと、でも大きな日常は変わっていないこと、忘れがちなので思い出させてくれてよかった。
TOMTOM

TOMTOMの感想・評価

3.7
きっかけは何であれ、杉山は社交ダンスで、人生が豊かになったに違いない
競技会に出場するほどでなくても、さらっと踊れたら格好いいね
ひかり

ひかりの感想・評価

3.8
わたしが生まれた翌年の映画。展開や台詞が冗長な感じだけど、それがいい味出してた。

いちばんよかったシーンは、大会でたま子先生が杉山さんにShall We ダンス?って言って、杉山さんもShall We ダンス?って言うとこ、なんか涙出た

竹中直人、わたしが生まれる前から竹中直人なのすごすぎない?笑

舞先生、妙に棒読みで役者っぽくないと思ったら草刈民代なのね
この映画が公開されたあと、社交ダンスが流行しましたね

せいぜい中学くらいだったので、肌感としては身近ではありませんでしたが…

作中ロケ地になった駅が、おばあちゃん家から近くて、個人的にはそれも良かった
Yurika

Yurikaの感想・評価

3.8
ちょっとした不安とワクワクがあった。
主人公の杉山さんの心が浮ついてマイさんを見つめる空気が不安。
そして真面目な杉山さんがどんどんダンスにのめり込んでいく過程がワクワク。

社交ダンスって素敵。
子供の頃からテレビとかでみて踊れる人たちに憧れました。
趣味に打ち込む楽しさ、ダンスの根源的楽しさ、趣味を通して繋がり広がる人間関係
それらをボールルームダンスが優しく包む
Shall we dance?

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ:変わらない日常を過ごしていた中年男性が、ダンススクールの女性に好意を持ちダンスを始める話し】

結婚した中年男性の主人公が、ダンススクールの教師を食事に誘うところは見ててしんどかった。共感性羞恥心ってやつかな。やめとけ、って感じ。
その後のくらう冷や水もキツかったけども。

何か目標があるわけじゃないから、割と日常ものっぽい。
でも、中年男性には刺さりそう。
女性は、どうなんだろう。

【テーマ:中年の哀愁】
哀愁と言うか分からないけれど、変わらない日常を過ごしている感覚はよくわかる気がしました。
その中で打ち込めるものが見つかって良かったね、とも。

〈その他〉
「気持ち悪い」と言われてしまう男性陣が見てて辛いな……。

社交ダンスというものが何となくわかって良かった。
海外映画でダンスシーンあると、「何でみんな踊れるの?」って疑問だったしね。教養なのね。
竹中直人が渡辺えりと本気で踊るシーン、若干泣きそうなった。悔しい。

そら日本アカデミー賞総なめしますわ、あっぱれ。
ラストシーンは圧巻やね。

Quick Quick Slow Slow Quick Quick?
頬 すりすり 好き好き?
ゆき

ゆきの感想・評価

-

ぬおおおうおおお好きいい最高

美しくなっていく。 

ちゃっかりどっぷりはまってる探偵さん好きすぎ

たま子先生出逢いたい 
>|

あなたにおすすめの記事