Oh Lucy!の作品情報・感想・評価

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

むぎこ

むぎこの感想・評価

3.4
寺島しのぶは、全てをさらけ出し女の業を無様に演じてくれる。
素晴らしい。

予告を観た当初はロードムービー色が強いのかと思ったが、思いのほか中途半端、セックスマシーンも中途半端で物足りなさもあり。
imnr

imnrの感想・評価

4.0
南果歩の意地の悪さを煮詰めて佃煮にした様な表情といい、寺島しのぶのとことん惨めな醜態の数々といい、妖怪大戦争かコレは。
この絵面、誰得だよ。
含み笑いに苦笑い。
ロードムービー的な展開があったかと思えば目も当てられない様な現実が控えていたりと、とても面白かった。
ラストのトムがシンプルだけど強烈な不意打ちを食らわせてくれ、無事号泣笑
ハァイ、ワッツアップ! 脱力笑いの後、恐怖に震え、さらに心が苦しくなる。adhdを思わせる身勝手てさえない中年女が英会話スクールの米国人講師とのハグから人生が動き出す。変われるかもしれないと訪れたLA。そこで取る行動と結果に心が痛くなる。ラストのほんの少しの救いがいい
anamdada

anamdadaの感想・評価

4.0
コメディ寄りと感じる人とヒューマンドラマ寄りと感じる人といると、聞いていて見た作品。

個人的には、完全にユーモア溢れるコメディで、キャスト全員良かった。
映画館で見た最近の邦画で、かなり面白く、見た後に色んな人と話したくなりました。
隣の芝生は青く見えるけど実際はどこもそんなに変わらない。結局は自分の足で歩いてかなきゃ何も変わらないし、人に寄っかかって自分が新しい自分になれるなんてムリだ〜って事がよくわかる映画。それを分かった上で別の誰かになる瞬間の幸せを知ってる役所さんは一番すごかった…前半の南果歩の嫌なお姉ちゃんとか、あなたもタバコ辞めて甘いものにしなよ〜って上司に嫌味言われてハイ〜って言いながらお菓子でパンパンのロッカーに新しいお菓子を投げつける寺島しのぶ よかったな。
宣伝文句からコメディタッチでハートフルなお話かな?と思ってたら、まさかのクレイジーなホラー映画で大変身につまされました……………。

願わくば現実世界に生きているであろうたくさんのルーシーが幸せになりますように…………
torasan

torasanの感想・評価

4.0
孤独を見ないように生きてきた女性の痛い話。

普段押さえつけて生きてる人って振り幅がすごい。狂気的。

最初はコメディチックなのに、だんだん苦しくなって逃げ場無い、と思ったけど、役所広司に助けられたわ、私。
かがわ

かがわの感想・評価

3.3
面白い。日本人を猛烈に皮肉ってるのかな。こう、感情というか、いろんな起伏のなくなったというか目立たなくなった形で過ごしてるのが当たり前の感覚なところから過激な展開に行く様は少し新鮮。だんだん面白くなっていったかんじかなー。

ロードムービーの描写は中途半端感。ヴァネッサカールトンはベタでいかにも感がするけどいい曲なので選曲はよしとして、シーンでの使い方曲の切り方でげんなり。

リアルであるという感想はリアルを舐めてる。淡々としていながらも展開がわかりやすい描写がこの映画の魅力。リアルな演技の対局というのが大げさでエンターテイメントだと思っている稚拙な感想だと思う。



で、結局お前が全部悪いやん外人講師!
ピロ

ピロの感想・評価

3.7
重かった…
とにかくなんだかリアル…

登場人物ほとんどが変な人。
みんな根は腐ってないけど、表面はジュクジュク。笑

変な人達のなかでは、忽那さんが一番可愛そうかな。
若い分だけあの出来事はひどい。

英会話講師に惹かれる寺島しのぶの繊細な変化はさすがです。
こんな人はいないと思いたいけど、リアル過ぎてイライラするし、見てて悲しくもなる。

それにしてもジョシュハートネットは良くこの役を受けてくれたわ。笑
なかなかの最低男。笑

すごい面白い映画かと言われるとそんな事は無いけど、最近の日本映画っぽい映画でもあり、その中では面白いと思った。

あまり期待して無かったのが良かったのかもしれない。

役所さんが唯一の希望の光でした。
不思議なとぼけた味の映画。
途中のアメリカのロードムービー風も本格的で楽しい。
びっくりの名優揃いも飽きさせない。
ラストちょっぴりハッピーエンドも好感。
>|