Oh Lucy!の作品情報・感想・評価

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

uedachiaki

uedachiakiの感想・評価

4.6
すごく好き!!!
寺島しのぶ、うつくしすぎるよ、、、、

きっと、美花と節子は似た存在だなと思った。節子をおばちゃんと呼び(まぁ、実際に姪と叔母なんだけど)完全にライバルとしてみず、節子の本気のジョンへの想いを冗談として笑う、美花に対してあんたも歳をとったら私と一緒だしと節子が思ってるかどうかはさておいて、
男なんてみんなそう、あんたの父親だってそうよ!
という節子のかっこよさよ、そしてそれを受けて傷つく美花の危うさと美しさ、二人とも強く生きてね。

15年後くらいに和解して、ジョンの悪口や元カレたちの悪口で盛り上がるに違いないと思う。
お局OLが英会話講師にハグされる。講師は変態だがイケメンだ。ハグされた瞬間、アドレナリンがほとばしり超イタイ中年女に覚醒する。ブロンドのルーシーの誕生だ。渡米して講師をゲスい手法で罠にハメる。

もう一度だけハグして欲しかっただけなの…

これは観ているだけでイタサが伝わってくる。殴られたり蹴られたりするよりイタいかも。

豪華な役者陣によるロードムービーだけどコメディ色が強い。いつものように寺島しのぶが汚れ役を溌剌と演じる。ジョシュ・ハートネットまで変態ワールドに引き寄せられる。これではジョシュが気の毒かも?
寺島しのぶにちょっと期待しすぎたか、物語は意外と予想を超えず、あ、終わりか、という印象。
南果歩のヒステリックな干渉しがちなお母様役、こういう人いるよね…と眺めてしまった。
叔母と姪という、無責任に甘え甘やかされる、万国共通の関係性が私は大好きだ。
無理矢理伸ばした感じが少しあったから、短編の方がより良いかも?
まつき

まつきの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・冒頭から人身事故のシーン。その後、職場でのストレス、孤独、など、今の日本での生きづらさの描写が続く。主人公の寺島しのぶも例外ではなく、劇中で世の中に疲れ切って希望もないような生活を送っている。

・それが、アメリカ人と出会い、異文化に触れ、目に光が戻る。閉塞感や行き詰まりを感じたら、どこか違う文化に触れたり、気分転換すると元気出ますよー!という現代人へのエール的な映画だなぁと思った。

・ただ、そんな輝いて見えたアメリカ人も、実はダメな面を持っている、同じ人間であることがわかる。日本人が欧米や欧米人に対して憧れを持ちがちだけど、夢を見すぎちゃダメよと言われているような感覚もあった。

・ぽっかり空いた心の穴、虚しさを埋めてくれるのは、意外と近くにあるものかもしれない。また、ふと差し出されるものかもしれない。どんなに生きづらくても、苦しくても、何かがきっと助けになってくれる。
LizyGray

LizyGrayの感想・評価

4.0
女性に薦めたい映画です。女性監督作品だからなのか分かりませんが、男性からの視点がほとんど描かれておらず、男性目線で観ると「一体これ何?」とクエスチョンマークだらけでしょう。寺島しのぶがエキセントリック過ぎずに普通の行き遅れた独身女性という雰囲気をスッキリ演じていらして好感が持てました。既婚者も独身者も母親とうまくいっていない女の子も、女性なら何かしら感じ取れる映画ではないでしょうか。楽しい話ではないけれど、ドキュメンタリーと思って観れば面白いです!
Hana

Hanaの感想・評価

3.9
さすが寺島しのぶ!
イかれた女を演じるとかなりヤバイ。
元からこんな人間だったのか
姉の結婚からなのか…。
いや〜面白い!


明らかに胡散臭い英会話教室だけど
ジョンが先生なら私も行くか…
行くなぁ…いや、行くわぁ…笑
mako

makoの感想・評価

3.8
《2018#153》

2014年に平柳敦子(柳はこの字ではない)監督が桃井かおり主演で制作した同名映画をもとに新たに物語を書き加えて長編映画化。昨年、NHKでテレビ放送用に73分に再編集されたドラマ版が放送された。ーWikipediaより 

NHKで放送されたドラマを観ましたが完全版ではないということで鑑賞しました。 

節子(寺島しのぶ)のジョン(ジョシュ•ハートネット)に対する想いが暴走気味で、観ていてイタイな~と思いながら観てました。 
でも面白味のない日常生活、職場では空気のような存在の節子が姪の美花(忽那汐里)の頼みで一風変わった英語教室に通い“ルーシー”という名をもらい、金髪のウィッグを被ることで別人のような感じになるのは分かる気がする。そしてハグしてくれたジョンに好意を持つのは分かるな~と思った。 
あんなイケメン講師にハグされたら嬉しいわ! 
相手にその気がないのは分かるけど、キュンってなるよ。 

美花とジョンが裏でできてた事を知った節子の動揺や裏切られた感じも共感できるが、姉で美花の母親(南果歩)とアメリカに行った先での行動はイタかった。 

冒頭の場所とラストの場所が一緒だったが真逆の展開だったのは希望が見えた。 
これで前向きになれるのかなと思った。 

節子役の寺島しのぶはイタい女を好演してました。流石の演技でした。 
同じ英語教室のクラスメートの小森役の役所広司は穏やかで優しい男性役を好演。『孤狼の血』とは大違いでした。当たり前ですが笑 
節子の姉役の南果歩にイライラしてしまった。やっぱり上手いのでしょうね。こんな姉がいたら一緒に居たくないと思う。 
美花役の忽那汐里が可愛かった。美花のちょっと節子を見下してた感が嫌いだけど。 
ジョン役のジョシュ•ハートネットはイケメンですね! 
英会話教室の講師の時はイケてるのに、アメリカで会った時にはちょっとくたびれてる感じで、役にメリハリがあり良かった。 

節子が勤める会社の雰囲気がリアルに感じられたりして中々見応えある映画でした。 


字幕/佐藤恵子
劇場鑑賞#74/2018
tumugi

tumugiの感想・評価

3.9
オールーシー!!
侮るなかれ!!
役所こうじさん
寺島しのぶさん
南果歩さん
豪華なキャスト!!
やっぱり、演技すごいなぁ〜。
なかなかにして
人間の持つダークな部分が、濃いめに描かれていて。
人の心の機微に触れるような映画だった。

観た後さわやかな感じにはならなかったけど、
なんかいつまでも心に残りそうだと思った。

みんな、誰しも日常から逃げられず
色んな感情に蓋をして日々を生きてると思うけど、なんかの瞬間に張り詰めた糸が切れるとき。またはパァン!と弾ける瞬間は、大なり小なりあると思う。
決して他人事に思えない。
年代も同じぐらいというのもリアルな気持ちにさせられた。

なぜか、UAの情熱を聴きたくなりました。
Bambi

Bambiの感想・評価

3.0
貧しさ溢れる話。何がユーモアなのか、コメディなのかわからない。寺島しのぶもドラマ版の桃井かおりも貧しくないからなー、と思った。憎しみ合う肉親ほど恐ろしいものはないと思い知らせたり、嫌でも記憶に残る。
>|