ブルーバレンタインの作品情報・感想・評価・動画配信

ブルーバレンタイン2010年製作の映画)

Blue Valentine

上映日:2011年04月23日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『ブルーバレンタイン』に投稿された感想・評価

ろくでもないライアン・ゴズリングが見れます。だらしない彼も好きだけどね。
冷めきった現在と幸せだった頃のふたりが織り混ぜられながら物語が進むから切ない‪💧‬
あんなに愛し合っていたのに様々なことの積み重ねで別れは訪れてしまうよね、自分が別れる決心をつけたい時にも良い映画かも……
aisa

aisaの感想・評価

3.7
名前に愛という漢字をつけてくれた両親のことを想ってしまったな。壮大で恐ろしい言葉だ。愛ってなんなの。
mmm

mmmの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

幸せと辛いを交互に見せないで、、、鬼畜の仕業?

俺と君だけの歌、って「君と僕2人きり 他にはだれもいらない」CD渡しちゃうの良すぎる、秒で惚れる
Sayaka

Sayakaの感想・評価

-
映画で泣きたい気分の人にオススメする
ただ全然ハッピーでもなんでもないけど共感の嵐
ハセオ

ハセオの感想・評価

3.8
結婚直前のカップルにこの映画と『レボリューショナリーロード』、『ゴーン•ガール』をカップルで観てねとお勧めしています。
bb

bbの感想・評価

4.2
切ない
とても好みだった
映画だからって上手くまとまるわけではない、しんどい

過去との対比は坂元脚本を思わせる
花束みたいな恋をした、みたいに
ここでどういう風に感じる?と
語りたくなる映画

二人の始まりもディーンの心の広さあってのことだったし、何が悪い?俺は変わりたいと最後まで訴えていたから、シンディーももう少し向き合ってほしかったと思ってしまった
自由な姿は好きだったけど
職に無頓着なところは好きになれなかったのかな
「今自分が享受している幸福とは?」

ライアン・ゴズリングの禿げ上がった頭と飼い犬が失踪し挙句死亡する冒頭から漂うブルーな生活感がもう嫌な予感がする笑
二人の出会いと別れを同時並行で描く構造がスタイリッシュ。そのパートごとに服の色が印象的だったかな。出会いが暖色で、別れが寒色。そう思って観てたら最後のディーンが黒なのは直球で笑った。
どこにでもいるような二人にしっかりフォーカスされた存在感と徹底されたリアリズムが、我々が恋愛を享受する事にあまねく肉薄する。そしてそれがもたらす、鑑賞後の凄まじい脱力感。
出会いで恋愛を賛美し、別れで残酷さと度し難さを説く。潤いと痛みが約束された恋愛を、真っ向から肯定する。愛故に幸せに、愛故に傷つこう。

エンドロールの演出は少し泣きそうだった。一夏の恋愛の象徴(勝手に思ってる)とも言える花火が断片的に彩る二人の恋愛。あんなに楽しくて幸せでも傷付けあってしまう。それでも、あんなに幸せだったのなら、恋愛ってイイネ!🥰
未来のことなんて誰にも分からない。だからこそ今を大切にしようと思えた
TSUTAYAの表紙がかっこよくてジャケ買いした。絵の見せ方もこだわりを感じるし互いの思いのすれ違うのがすごくリアルに伝わってくる。二人の出会いと別れを交互に描くことで普遍的でシンプルなストーリーに緊張と緩和が交互に感じられ、とてもしっくり来た。ラストにそれぞれの話がハイテンポで収束していくところもドラマチックにするのに一役買っており、終わりを直感的に感じることができる。思い描く理想の家族に対する哲学の違いも繊細に描かれていた。幸せを願うのは同じ、しかし夫婦といえど他人は他人。全てを受け入れることはできないのだろう。残酷な事するよなぁ、この先離婚する未来を知ってる人に結婚する光景見してくるんだもん。辛いなぁ。
momo

momoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

結婚ってなんなんだろう。

幸せになるために結婚したはずなのに、結婚して幸せになる人はほんとにいるのだろうか…

いつからかお互いを思いやる事ができなくなり、相手を罵る。
そして相手を見ると、笑顔がなくなり最悪の気分。
こうなるまでの過程は人それぞれ違えど、ほとんどの人が経験するのではないかと思える。

恋の始まりと終わりが交互に出てくるから、ほんと残酷。

結婚する前の人がこの映画を観たら、『絶対自分はこうならない!』と思いそうだし、
結婚して数年たった人が観ると
『あー、よくわかるわ…』となりそう。
46

46の感想・評価

5.0
恋愛のはじまりと終わりが交互に進んでいく構成が映画としてめちゃくちゃ面白かったです。
ですが、現実味があって見終わった後すごいしんどいです、、、

結婚してる方にはあまりおすすめできませんね、、、
>|

あなたにおすすめの記事