イカとクジラの作品情報・感想・評価

「イカとクジラ」に投稿された感想・評価

mossxo

mossxoの感想・評価

3.5
物語としては救いがなく辛い現実をシュールに描いており、可笑しみとリアリティを有り有りと感じるけれど、やはり救いがなく辛くなるループ。

20歳ぐらいのジェシーアイゼンバーグが今観るのと同じくらいキレキレ演技で驚いた。才能〜。
まり

まりの感想・評価

3.0
私も親の離婚を経験してるので、観ていてちょっと苦しい。親の事を思うと別れた方が良いのは分かっているけど、、、

この、、、のところをまだ子供だから上手く言えない。いや、大人になった今でも心の奥底には何かあるんだろうな。
shiori

shioriの感想・評価

4.0
さらりと、そしてぐさりと、人間のダメな部分だとか嫌らしい部分の表現が素晴らしい
yui

yuiの感想・評価

-
2011.11
ウェス関連作品だから観たがこれは酷かった
ジェシー・アイゼンバーグは良かった
kit

kitの感想・評価

3.3
エゴ剥き出しの自己中自論の押し売りダメ親父と、そんなクソ親父を尊敬する父の受け売り二番煎じ兄貴、親の離婚により12歳にしてアル中オナ中となった弟、夫へのストレスから浮気狂となった母、
そんな4人で構成された家族の崩壊を滑稽に描いた今作は
ウェスアンダーソン監督が製作に関わっていたらしく前々から気になっていた作品す

シュールなコメディという所か
ただ個人的には笑う所はあまり無かった笑

上記の、ある意味皆んな「変態」で「異質」な家族が平凡な日常風景に組み込まれている、という前提がもはやシュール
そんな家族が「離婚」という問題を通じ、微量なりとも心情などが変化していく様が良かった👍

が、なんというか物足りない、最後も鑑賞後の消化不良感が強く残るエンディングだったし、なんだか薄い
もう少し尺を伸ばして各キャラクターを掘り下げて欲しかったが、あの調子で尺を伸ばされてもダレそう笑😅

両親に振り回される子供達も可哀想だし、親父派閥がほんと腹立たしくてイライラするしであんまし好きじゃない🙎🏻‍♂️
でも多分もう一回は見れる笑、矛盾しとー
それと弟の自慰行為がヤバ過ぎ、サスペンス映画のサイコパスを匂わす😁
弟の自慰を見るためだけにみんのもアリ👊

ジェシーの早口は今作でも健在😛

クセ×シュール

以上!🦑🐋
ナカ

ナカの感想・評価

-
2011/11/10

吐き気がするのは、反吐が出るような彼らの考えや振る舞いが、間違い無く自分の中にも否定出来ない一部分としてあるからで、出てくる人全てがあまりにも人間臭く、吐き気がするほどだった。ただ、ゆらゆらしたカメラの映し方は、ちょっと苦手だった。
かよこ

かよこの感想・評価

4.0
スティーブン・キングに「これはホラーだ」と言わしめた作品。
確かに、ホラーかも。
サラっと描いてすごく深いです。
すごくリアルです。リアルの方がホラーなんだと分かります。
"人間"が描かれている作品です。
ユルくて笑える家族映画を予想していたら違うわけ。落ち着いた雰囲気だけど内容はかなりキツい。両親のクソっぷり。弟くんの脱線具合。
身終えた後の余韻が残る。

にしても、ジェシー・アイゼンバーグがとにかく若い!昔かっこいいな。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.8
本当にイカとクジラであった。これもTHE USA。不条理な今日の状況を垣間見せられた思いです。

このレビューはネタバレを含みます

制作にウェス・アンダーソンの名前があったので気になって鑑賞。ウェスっぽさは薄いけど、お洒落な作品だと思う。

冒頭のテニスのゲームのチーム分けでパパチーム VS ママチームと既に触れられているように、どっちがどっちの親についているのか何度も描かれている。

頭がいいけど、理屈っぽい兄はきちんとした小説を書いているけど、過去の栄光にしがみついてる父親が好き。甘えん坊な弟は雑誌の特集(たしか)などで成功を収める母親が好き。

母親がテニスのコーチと浮気してたり、父親が息子の想い人と付き合ってたり、兄は学校のコンテストで弾いた曲がパクリだったり、弟は図書室の本にとんでもないものを塗ってたり、色々と問題がある家族です。

後半の方のシーンでそれまで父親の味方だったお兄ちゃんが、"ママのところにいたい" って弟の意志を尊重して、"僕は行くから、ここにいさせてあげて" と言ったところは成長を感じます。あとは、事故った父親を最後ちょっとだけ突き放すのも最後の最後で関係性が変わってきたことを感じます。

監督が言っていたように、父親はいつまでも昔の栄光にしがみついて変われず、母親はもがきながらも変わっていくというのが対照的に描かれています。

ラストの博物館でイカとクジラを見ているシーンが良い。
>|