クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!2013年製作の映画)

上映日:2013年04月20日

製作国:

上映時間:95分

3.2

「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.2
かすかべ防衛隊ががんばる話
これ見終わったあと焼きそば食べたくなってたら夕飯がたまたま焼きそばでめっちゃ嬉しかった(笑)
春日部防衛隊の冒険もの。定番の家族愛とかは少なかったけど、春日部防衛隊のみんなが活躍していて良かったなぁ^_^
.
#映画備忘録 #20180924
#クレヨンしんちゃんバカうまっB級グルメサバイバル
監督/橋本昌和
脚本/浦沢義雄・うえのきみこ
2013/日本/95分
#Netflix #1日1本オススメ映画
#映画部 #映画好きな人と繋がりたい
#しんちゃん映画マラソン
.
劇場版クレヨンしんちゃん21作目。
監督は橋本昌和。
本作含めて3作を監督。
ものすごくバランスがいい映画。
.
B級グルメを目の敵にする
敵側の事情も、同情できるかは
別にしても納得はできるし。
しんちゃんたちが巻き込まれていく
過程も、今までのなんか降ってきた!
とか家に突っ込んできた!に比べたら
かなり自然な流れになってる。
.
春日部防衛隊のお話も
ジュブナイルものとしてかなり
完成してる映画だと思う。
5人が仲間割れする流れも自然。
仲直りする流れもまあ自然。
いつものクレしん映画の
強引な話の持っていき方もなし。
とにかくバランスの取れた映画!
B級グルメという題材はちょっと弱いかな、と思いましたが、想像以上に楽しめました。

良い意味でアクションシーンが「無駄に」凝ってる所とか、ディズニー映画の悪い大臣みたいな風貌の焼きそばコンプレックスの悪役とか、ずる賢くもある意味人間らしく時にかっこいいまさお君や博識のボーちゃん、かわいいシロの活躍そして川越シェフ等、見所は所々に。

キャビアがセクシーで好きです。
菜々子

菜々子の感想・評価

4.3
ヤキニクロードに続く最高に飯テロな映画
見てたらほんまにソースの匂いしてきそうで、焼きそばがめっっちゃたべたくなる!
安定の伏線回収も好き。ネネちゃんの水筒の設定とか忘れてた頃にそこかー!みたいな感じがたまらん
とにかくカスカベ防衛隊の活躍するのが好きで特にマサオくん推しやから、おにぎりがいいって言ったシーン面白すぎた笑

ごはんはどんなに安くても、手抜きのものでも、誰とどうやって食べるかでおいしく感じることを思い出した。家族や友達とわいわいご飯食べたいなと思える。
ゴミはきちんと分別する、ケンカしたら仲直りする、いただきますをちゃんと言う、少ない暴力シーン、子どもへの配慮が細やかで丁寧なクレしん映画。
シリーズ21作目、橋本昌和監督としては初作品。

この映画の感想を述べるうえで、シリーズ13作目の3分ポッキリから20作目のプリンセスまでの8作品がどれも残念な作品だったことは、無視できないと思ってます。

しかも、前作のプリンセスが久々の興行収入10億円を下回ったことで、スタッフにも相当の危機感があったんだろうと推測できます。

そして、生まれた今作。
本当に久々に面白いと思える一本でした。

全編カスカベ防衛隊がメインで、仲間が力を合わせて目的地へ向かうというロードムービー的なお話。
それぞれキャラが生きる場面あり、要所でギャグも挟んだり、しっかり活躍してくれます。

絵柄崩壊ギャグのキレもグッド。
敵役のアホさと嫌いになれない感じもちょうどよかったと思います。

ただ、クレしん映画の中で特に好きかと言われると微妙かも。
とにかく、久々にまともな作品が生まれたことに歓喜と感謝を感じてしまった作品でした。
みずは

みずはの感想・評価

3.6
いい映画!

エンディングのRPGが懐かしくて、最後まで一緒に歌ってしっかり見た〜!!
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
B級グルメVS○ツ星のA級グルメという構図がわかりやすい。敵を単なる悪として描くのではなく、敵のボス、グルメッポーイがB級グルメを憎むようになった原因がちゃんとあって、なかなかせつない。エンディングのRPGが合ってて良かった♪
m

mの感想・評価

4.5
10回ぐらい見てる(笑)しんちゃんの映画で1番すき!!
カスカベボーイズも野原一家も活躍するし、なにより敵のキャラクターとか戦い方とか、しんちゃんのくだらなさが前面に出てて素晴らしい〜
ほっこりするシーンもあるし。誰も傷つかない良い映画。
次は焼きそば食べながら優越感に浸って見たい。
>|