クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!2013年製作の映画)

上映日:2013年04月20日

製作国:

上映時間:95分

3.2

「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」に投稿された感想・評価

結構前に観たことあった。
B級グルメ、特に焼きそばが食べたくなる映画。
真里菜

真里菜の感想・評価

3.1
かすかべ防衛隊メイン。
泣ける話ではないけど食テロ。
野原家がメインじゃなく、春日部防衛隊がメインの作品
珍しいんじゃない?
敵キャラが多くて活かしきれてない印象
敵との追いかけっこは昔のしんちゃん映画らしかった
薄味な感想
馬鹿っぽくて好き。

ギャグがキレてる。
焼きそば食べたい。

A級が駄目だとは言わないけど、ようは振り切った価値観ではなくバランスが大事だってことと、
理由とか意味を考えず、様式として正しさを決める危うさ。
これはこうするのが正しい。って形だけで考えることのおかしさを伝えてると思えばなかなか深い
音暗

音暗の感想・評価

4.3
タイトルだけを見ると、は?って感じですが、内容が全然くだらなくなくて深い。
敵のボスについて考察すると、実は深い。

B級とは、誰がつけたのか。
食がもたらすものとは、何なのか。

そして、カスカベ防衛隊好きは、絶対観ましょう(笑)。

個人的には、声優としては渡辺直美は残念な…芸人さんとしては好きなのだが、この映画においては、声が聞こえる度、浮いている感が。
あと、ボスの捻くれ具合に、何回観返してもラスト泣いてしまいます。
この映画を観ると、焼きソバが食べたくなってしまう…(笑)

自分の子供達が幼少時代は一緒になって映画館に連れて行ったクレしん映画だが、子供達がある程度成長してしまうとオヤジ一人で映画館に通っていたシリーズだが、『踊れアミーゴ』あたりからシリーズ作品としての質が落ちてきたので、気が向いた時などには映画館に観に行くクレしん映画となっている。
最近、クレしん映画を映画館で観たのは『ロボとうちゃん』だったが、あれはなかなかのクオリティだった。

さて、本作もSFっぽいところあり、アクションあり、相変わらずのギャグあり、と盛りだくさんの楽しさがある映画になっていた。
特に、『インディジョーンズ2作目』のような「つり橋アクション」は面白い!!

なかなか楽しいエンターテインメント作品だった。
ぽん太

ぽん太の感想・評価

3.5
思いの外、良い感じでした。
クレヨンしんちゃんの映画シリーズでは特に感動を売りにしたわけではなく、全く意味不明系でもなく、なんというか、庶民も素晴らしいんだなと思わせてくれる映画でした。

見所は何と言ってもまさおくん。彼が、ドラえもんの映画のジャイアンバリに良い感じです。

ここ日本では普段の何気ない生活でも、改めて考えてみると普通ってとても幸せな事なのだなと思わせられました。

可もなく不可もないのですが、少しホッとします。
安定の面白さでした!
テンポ、ノリ、ストーリー、描写、ギャグ、全て最高レベルで見ていてハラハラしました。
ネタがネタなだけに規模感が小さくなってしまうのかなとおもっていたのですが、冒険がかなり壮大でした。何と言っても、カスカベ防衛隊の絆にウルっときました。
近々のクレヨンしんちゃん作品の中ではかなりの良作でした。何度でも見たい作品の一つになりました。
昔のクレヨンしんちゃんは「劇場版」って感じだったのに今の映画ってTVスペシャルにしか思えない💦
予算?
お金かけてない感じがするのは自分だけかな?
クレヨンしんちゃんだから3.0以上にはしたけど、、
yu

yuの感想・評価

3.8
やっぱりしんちゃん大好きすぎる!かわいい!あほ!こんな息子とひろしがほしい!
>|