クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:103分

3.3

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」に投稿された感想・評価

突然現れた宇宙人シリリの力で、子どもの姿に変えられてしまったひろしとみさえを元に戻すために、しんちゃんが奮闘する話。

シリーズ25作目を記念しての今作は、今までのしんちゃん映画を思い出させる場面が随所に散りばめられているんだとか。
そしてヤキニクロード以来となるロードムービー形式。しんちゃんの目線になって一緒に目的地を目指せる感じが嬉しい。

過去作のオマージュは分かりやすいものもあれば、画面の隅々まで注視しないと分からないものもあるようなので、今までのしんちゃん映画を欠かさずに観てきたという人は、過去作の要素を懐かしみながら見つけてみるのも面白いかも。

しんちゃんとシリリの友情には素直に感動できるし、野原一家の家族愛の暖かさにもほっこりできる。

そしてネネちゃんとマサオくんの掛け合いは相変わらず面白い。この2人の絡みには毎度笑わせてもらってる。

25周年に相応しいエンターテイメント作品として仕上がっていたのと、改めてしんちゃん映画の水準の高さ、素晴らしさを感じられる作品だった。
まよい

まよいの感想・評価

2.7
シリリとしんちゃんの旅可愛いのと、小さくなってもヒロシはヒロシだなあ
半年かけてクレしんようやく見終わった。
しんちゃんのアホで真っ直ぐなところ好き。
ましゅ

ましゅの感想・評価

3.5
宇宙規模の話なのにクライマックスの盛り上がりはそうでもなくてちょっと物足りなかったです…

が、クレしんらしさはいつも通りで楽しめました。
子どもの姿になった野原夫妻は新鮮で新たな楽しみがありました。

ホラーアニメのような演出が一番印象に残りました(笑)

このレビューはネタバレを含みます

とっても面白かった
過去映画のモチーフ全部は見つけられない DVD買おう…
しんちゃんの声が変わった今考えると、本当はこの映画を最後に引退する気だったのではと思う
最後の最後に(最後じゃないけど)親子、のテーマにはどうしてもまとわりつく問題【毒親】をこれでもかと描き昇華させまくった作品ではないか
誰しもが毒になりうる可能性を秘めている中、両親は健やかな子供の体に戻り客観的な立場で大人を眺めることができる、またいな へへ、わからん
完全に、感動作 と割り振らないところも良かった
映画しんちゃんと言えば 感動! というのは大人が勝手に作り勝手に願っている一種の傲慢であり、やはり映画を見る真の主役は子供達なのだから その子供達が笑って分かりやすくて、できれば余韻に浸れるようなものがいい映画だと思う 全面的に感動を押し付けることがなくて本当に良かった(戦国は嫌いなんです。すみませんが)
というか、シリリの母ちゃんはなぜあんな父と結婚したのかという疑問もあるけどまあそれは置いといて

見つけたモチーフ?
検索サーチsml→SML(ヒヅメ)
婦警のポスター→わからない
森の猿→猿(ジャングル)
サンバカーニバル→サンバ(アミーゴ?)
焼きそば屋台の店員→ボス?(B級グルメ?)
温泉から出るギャル→ゲストキャラ(温泉)
サーカスの人の顔→トランプの柄?(ヘンダー)
新幹線で静岡→熱海(ヤキニク)
子供に戻る両親→主テーマ(オトナ帝国)

これぐらい?というか間違ってるのもあると思うので情報求!

このレビューはネタバレを含みます

過去作要素もしかして全部入ってる?!
気づいたのはカスカベボーイズの映画オタク、ソースのケンさん、サンバ()、家のキーホルダーにサボテン(?)、忘れた、

内容とギャグは共に比較的薄いような。
サーカスのとこのアニメは少し笑った。
菜々子

菜々子の感想・評価

3.0
ほんまに、最後の直前までは良かった。。
めっちゃ期待してしまった分最後の終わり方で拍子抜けしすぎた
しんちゃんとシリリの旅良かったし、風間くんたちが助けに来るのも良かったのに笑
マサオは安定に面白くて大好き
自分が子供の姿になって、妻が心まで子供になっても、自分の家族を守ろうとするヒロシ素敵だった!
男には出すに出せない尻もある!しんちゃんがお尻封印なんて珍しい…。バブバブ計画。
最初はいい感じだったんだけどなー後半があんまり好きじゃなかった

高橋優の歌は最高によかった!
ここ最近は自分の好みではない映画が少し多くなっている気がする
10年前までのような感動する話もまた観てみたい
>|