クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.1

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」に投稿された感想・評価

ママン

ママンの感想・評価

1.3
クレヨンしんちゃんに気品を求めはしないけど、これはお下劣の極みだったな💨

ゲストもぱっとしなくてつまらなかった。
野原家もカスカベ防衛隊もほとんど出ないので家族愛も友情もほとんどない。しんちゃんとレモンちゃんメインで延々とスパイムービーのパロディをやってるので、スピンオフみたいな印象。

でもパロディとしてはよくできてる。少しルパンも意識してるのかな。アニメーションでスパイものって意外と少ないので嬉しい、スパイグッズとかアイデアを詰め込みやすいので、もっと増えていいのでは。

たしかにしんちゃんにとってアクション仮面はアキレス腱だよなと感心したし「言うこと聞かなきゃいい子じゃないの?」も良かった。
あたらしいクレしん映画をみるたび昔が良かったと思ってしまう、、、
Mizuki

Mizukiの感想・評価

5.0
しんちゃんカッケェー!

ついにスパイ活動っすか笑

これからも応援してます!
まよい

まよいの感想・評価

4.0
レモンちゃんというクレヨンしんちゃんの映画の中で最も愛せるヒロインの話!メインはしんちゃんじゃなくてレモンちゃんだったなあ。アクション仮面で釣られるしんちゃん相変わらず可愛い。
白玉母

白玉母の感想・評価

3.9
序盤はうーんって思ったけど、後半になるにつれ面白くなっていく。
凄いくだらないことしてるのに、何故か感動できるのはクレしん映画のすごい所。
毎回しんのすけの真っ直ぐで子供らしい正義に驚かされ感動させられる。
レモンちゃんの葛藤や、しんのすけを通して知る家族・友情が観ていて心が温まる作品だった。
たまに、しんのすけみたいに生きられたらなと思うことがある。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.4
おならを1つの物語に出来ちゃうのが、さすがしんちゃん!
スパイだから潜入のシーン多くて、割とダラダラ進んでた印象があったけど、最後の家族のシーンは安定の感動(^^)

このレビューはネタバレを含みます

悪くなかったような。
シャイニングんとこは気が緩んでたので笑ってしまった。

たしかにしんちゃんがサブっぽくなってて新鮮な感じした。
くろ

くろの感想・評価

3.0
息抜きに。

オープニングの歌いだしがすばるの声でうるっと来た。やっぱりすばるの声いい。

映画本編はずっとオナラ。
子供ってオナラとか好きだもんね。
前回見たロボとうちゃんよりも野原家の人に対する親切さがわかるので好きでした。家族愛はもちろんだけど他人にも優しくて、人のために危険を顧みずがんばれちゃう家族。
最後はホロリと来たり、何も考えずにぼーっと見るにはいい映画でした。

アクション仮面と握手のために一生懸命スパイ活動するしんちゃんが可愛い。
今年は異例のスパイブームです!(私の中で。)

もともとスパイものは大好きなんだけど、映画館で『ミッション・イン・ポッシブル フォールアウト』を観て以来すっかりお熱になってしまったー!それからはスパイものばかり漁る毎日。


今作のポスターは明らかに他の作品とは違ってトム・クルーズのM:Iを意識していてクールなかんじ。ずっと気になってました。

他のしんちゃんに比べるとスコアも低めでレビューもそこそこだったから期待を抑えていたけど、すごく面白かった!普通に期待しても十分だった!


「世界中がオナラ臭くなっちゃうんだよ!?」

最初から最後までストーリーのベースに敷かれているのはオナラ。清々しいほどオナラしかない。
個人的にはネーミングセンスがたまらないwありそうな響きばかりなのに由来は全部オナラからきてるw

オナラをベースにしているからバカバカしく見えるけど、メガヘガデル2を核とかそういうものに置き換えて考えてみるとこのストーリーは普通にシリアスだと思うし、本当によく出来ていると思う。(冗談じゃなくて、真面目な顔してレビュー書いているんだからね!)
しかも、M:Iでチームワークを主張しているところはクレヨンしんちゃんお決まりの家族愛でカバーしてる。しかも、しんちゃんの家族とレモンちゃんの家族の対比まで出来ている。

とはいえ、さすがに肝心のクライマックス(オチ)あたりでバカバカしさがピークになってきたのですが、それもすぐに流されました。
冷静に考えるとしんちゃんの映画に自己犠牲が入っているのってすごいことだと思う。マサラタウンのサトシも勇気いっぱいアンパンマンも自分を犠牲にして世界や仲間を救うけど、しんちゃんもそうだったなんて…5歳なのに。

ラストのしんちゃんとレモンちゃんだけの秘密は最高に胸アツでした!こういうの待ってた~!


ストーリーだけじゃなくて、タイトル通り(?)トム・クルーズのM:I要素もたくさん詰まっててかなり楽しかった!!
「オラ、トム・クルーズみたい~?」
しかも、このしんちゃん2011年の作品なのに飛行機から飛び降りるところなんか逆にフォールアウトを先回りしていたり(笑)

私はスパイグッズがめっちゃ好きなんだけど(特にヨーヨーが小さい頃からの憧れの道具)、今作でもグッズの数は多くないとはいえ冒頭の特訓がちゃんと活かされていてグッジョブ!


この映画のレビューをさらりと読んでいて『シャイニング』のネタが入っているという情報を得たから、一応そちらの後に観てみたけど本当にあったwww
しんちゃんにシャイニングネタを入れて分かる子供はいるとは思えないのに、なぜ入れたのか?(笑)
シャイニングとスパイ関係ないしwあの建物もホテルじゃないしw


残念なのは、しんちゃんの家族の出番が遅かったことと春日部防衛隊が出動しなかったことかなー。

でも、レモンちゃんがとっても可愛くて魅力的なキャラクターだったから物足りなさはなかった。
「オラ、レモンちゃんをお助けするゾ!」
しんちゃんとレモンちゃんが対等に主人公をしていたのも珍しい。まさに最高のコンビ。こういうのもいいね!


ますます本家のスパイ大作戦を観たくなってきた~。レンタルしちゃおうかなぁ。
>|