映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~の映画情報・感想・評価・動画配信

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~2019年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:100分

3.7

あらすじ

「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」に投稿された感想・評価

「クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン」🐨💍

しんちゃんからひろしへの信頼にもやられ、
みさえのかわいさと強さにもやられ、
ひろしから家族への愛にもやられ、
とにかく、野原家。すき。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)💖💖💖ってなって、泣いた😭

いいなあ...(;_;)💖💖💖
クレしん映画は、どれも素晴らしい中で、本作は特に80年代ハリウッド映画的な冒険味や、みさえの活躍を中心として楽しめる作品。

今回、かすかべ防衛隊のお友達や幼稚園、町の面々の出番はあまり無く、基本的には野原一家を中心に、みさえとひろしの関係にスポットが当たって楽しめる作品。

とはいえ、いつもどおり、しんちゃんのおバカなギャグや、家族の絆も描かれるため、クレヨンしんちゃんらしさはバッチリだけれども、お子さんが見たらちょっぴり恥ずかしく、夫婦が見るといつも以上に楽しめるかもしれない。

タイトルどおり、ひろしが奪われてそれを追う話になるため、主に中盤はひろしの活躍よりも、みさえの活躍の方が多めに見られるけれども、物語のはじめから中盤までは、普段はパパママとして描かれる二人が、改めて夫婦やカップルとして描かれ、ラブラブだったりケンカしたり、大人らしくないハメを外すシーンも見られたりして実に新鮮。

みさえのお風呂上がりのシーンのセクシーさだとか、ダンスを踊るノリノリひろしなど、父親母親としてだけではない個性が描かれるのもみどころのひとつだ。

みさえの母親としての子どもへの愛情や強さもいつもどおり描かれるのだけれど、本作はその弱さを垣間見せてくれるところも嬉しいところ。ゲストメインキャラクターの、インディ・ジュンコとの女としての立場のあり方が良い感じに対比されて際立つところも、キャラの使い方がとても上手くてどちらの魅力も際立つ。

また、感情や個性の描き方だけでなく、本作はタイトルロゴのデザインどおり、有名映画インディ・ジョーンズのオマージュやパロディであることが分かりやすくなっているため、「罠を掻い潜ってお宝をゲットする!」といった、男性や男の子がワクワクする80年代ハリウッド映画のピースが散りばめられていたり、ひろしが椅子に括り付けられて攫われるのを、数多くの車やバイクで追うチェイスシーンは、マッドマックス怒りのデスロードを彷彿とさせる(というか、これもおそらくパロディ)

敵役となる仮面族の、カタコト民族語も、よーく聞くと、日本のどこかで聞いたことのあるような言葉を使ってたりする面白さもあり、衣装や祭壇など、その手の民俗学的なモチーフが好きな人にも刺さるわくわくさ。

全体的なお話の構成もスタンダードでわかりやすく、かといって伏線回収や理由付けもしっかりと腑に落ちるので、子供だましのようなチープさも無し。けれども、いつもどおり、コメディとシリアスのバランスも良く、様々な角度から楽しめる、実に上質なクレしんエンタメとして仕上がっている。

名作オトナ帝国のような胸を打つ刺すようなテーマ性は強くないけれども、そこに囚われないクレしん映画として、素晴らしい作品でした。
ヤマ

ヤマの感想・評価

4.4
すごく良かった、めちゃくちゃ自分に刺さった映画だった、
しんちゃんらしく面白い面もあり、しっかりと伝えたいことを伝えるような映画でした。久しぶりにこんなに良い映画に出会えました、本当に感謝しかないといった感じです。
前半テンポ良かったけど後半ちょっと重かったかな。
マッドマックスに宇宙戦争と色んな映画ネタが織り込まれてて、勇者ヨシヒコのムラサキの人(名前出てこない)のキャラが良かった。声優もうまい!
ただそんなに繰り返し見たい映画ではなかったかな。
歌代

歌代の感想・評価

4.3
クレヨンしんちゃん映画としてかなり素晴らしい作品でした…!!

結婚5年目(?)はじめての新婚旅行でオーストラリアに来た野原一家。
しかし、ひろしが仮面族にさらわれて伝説の花嫁と結婚させられることに…。
ひろし奪還のため、みさえが立ち上がる!

すごくクレヨンしんちゃんらしいあらすじな気がします笑

この作品の何が素晴らしいって、恋人としてのみさえとひろし、夫婦としてのみさえとひろしをちゃんと描いてるところにつきるとおもいます!

序盤、いつもの調子の2人。
新婚旅行先で自分には「好き」の一言も言えないのに、ギャルには軽々しく言えてしまうひろしにイラだつみさえ。
みさえのためにダンスバトルをがんばるも勘違いされてしまうひろし。
お互いの想いがすれ違っていく様子が絶妙。

そんなこんなでついに喧嘩してしまい、部屋に戻れないでいるひろしが眺める写真。
定期入れの一番上には家族写真。しかしその下には恋人だった頃のツーショットが入っている。
それを眺めながら思い出すひろし。
かつては「みさちゃん」「ひろしさん」と呼び合っていた2人が、結婚して子供ができると「パパ」「ママ」と呼び合うようになる様子。
それはある意味輝きを失うことでもあって、だけど2人は確実に幸せを手に入れている。
「よし、帰るか」とつぶやき、家族の写真を一番上に戻すひろし。走り出し、曲がかかる。
ここで爆涙。結婚したこともないのに笑

中盤、さらわれたひろしを追うみさえはトレジャーハンターに「ひろしがあなたとの結婚を続ける価値ってあるの?」と問われます。
そこで俯き、話を逸らすみさえ。
「価値を問われたら説明できない。だけど幸せ」って素晴らしいじゃんとまたしても爆涙。

後半、ひろしとしんちゃんのやりとり。「本当の宝物とは?」で爆涙。
「しんちゃん、ひまわりの耳塞いどいて」のところで爆涙。
"2人だけの世界"に爆涙。呼び合いで爆涙。

そして少なくとも劇場版では初めて描かれる"あれ"シーン。
ラストショット、爆涙。

僕はこの映画を作り手の結婚についてのメッセージと受けとりました。
ひろし視点の傑作はオトナ帝国やロボトーちゃんがありましたが、みさえ視点の傑作はこれでキマリ!

ギャグも面白いし、花嫁の正体やみさえが対話しようとする様子とか爆笑しました。
色や影の表現、演出も良かったです!


------
しんちゃんの声が今作から交代しているんですが、最初それを知らずビックリしました。
ドラえもんと違ってわりと矢島晶子さん寄りの演技だったのもあって、クレヨンしんちゃん映画あるあるの冒頭の日常シーンに違和感を混ぜていく展開なのかと思った。
大変失礼してしまいました。
お互い想いあってるのに
勘違いからケンカになることってあるけど
行動で示しても言葉足らず伝わらなかったり、言葉尽くしても行動が足りなくて伝わらなかったり
、あるよねぇ〜…
でもやっぱり
みさえとひろしは本当素敵だなぁ…
もちろん、しんちゃんもひまわりもシロも最高☆
涙止まらんです…♪
ザン

ザンの感想・評価

3.6
ストーリーは支離滅裂でも家族愛をベースに安定した展開を見せる。足は臭くとも、力強い父親像・ひろしが頼もしい。巨大コアラは可愛らしくない。
poggy

poggyの感想・評価

3.6
クレしん映画って初めて観たかも?
野原家は理想の家族や…!
あいみょんの主題歌で泣ける。
vanilla

vanillaの感想・評価

4.0
母親になってわかる、みさえの凄さ

今回はメインがみさえなんですよね。かすかべ防衛隊出てこないし。かなり親世代向けだと思う。ストーリーはパッとしないけど設定は面白かった。

サコッシュの中ウェットティッシュと子供のお菓子しか入ってないとか、マザーズバッグの中子供のおむつとミルクと着替えでいっぱいで自分の化粧品入れる隙ないとか、スタッフに子育て世代おるんやろなぁ
みさえ結婚当初はマスカラしてるんだよね…夢の中の理想の自分はピアスも化粧もしてるし、普段は抱っこしてるからできないよね。
ていうか授乳中かぁ…ひろしはいじけて勝手に出て行って1人で酒飲むくらいの自由はあるけど、みさえはホテルの部屋で子供2人見ながら子供の汚した服を手洗い…わかる〜〜!
夫にケチって言われるんだけどケチになりたくてなったわけじゃないって言い返すのとかね…。ひろしが安月給な訳ないと思うけど車と家とローンで買って子供2人の教育費考えたらお金いくらあっても足りないもんね。0歳児抱えながら毎朝あの5歳児の弁当作ってるんやで。尊敬するわ
子供産んで育てて体型も変わって、それを産ませたやつと産まれてきたやつに笑われるっていう。怒ってるけど傷ついてると思うよ。
後半よりもそういう前半の細かいところで泣いた。

ユメミーワールドもそんな感じだった気がするけど、かなり家族愛・夫婦愛に焦点を当てた作品なので、今のクレしんのターゲット層はそこなんだろうなぁ。
私は好きだけど独身時代の私が見たらなんか違うなと思う気がする

引越し物語もそうなんだけど後半映画的展開になっていくので昔の漫画のクレしんとは全く別のコンテンツになりましたね。
私は好きだけども、確かに子供と一緒に見る母親がたくさんいるから需要はあると思うけど、クレしんはもう少し子供向けでいいと思う。
はあ。なんか悲しくなった
p

pの感想・評価

-
ひろしみたいな旦那と結婚したい〜

劇中で流れる、ひろしとみさえか歌う2曲めっちゃいい。

人生をかけて大切なもの見つける。
>|

似ている作品