映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~の映画情報・感想・評価・動画配信

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~2018年製作の映画)

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」に投稿された感想・評価

いきすぎた正義を振りかざして誰かに押し付けたり、人の権利を奪うのはよくないよね。最後は誰の権利も侵害しない平和的解決でほっこり。
しんちゃんたちが大変かわいらしい映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

この映画はなんといってもマサオくんに注目でしょう、とにかくマサオくんが面白い。
やっぱ映画のマサオくんは色々キャラ変するからいいよなぁ
それより最後の壊れかけた世界を1つの曲で救う感じがThe クレヨンしんちゃん、みたいな所があってすごく良かった。
個人的にクレヨンしんちゃんの映画の中でもベスト3に入る作品である事は間違いない。
相変わらずでたらめな話だったけど楽しく観れた!
正義は大きすぎてもダメということが改めてわかった!!
しんちゃん映画では学ぶことが多いわ😊
スズキ

スズキの感想・評価

4.0
新しめのしんちゃんを消化中。
なんかシリリもそうだったけどTVアニメや劇場版のキャラが出てきて小さい頃からしんちゃん見てる人にとっては嬉しいなぁ。

物語自体はぶっとんでるけど「柔よく剛を制す」って感じでいい。
蘭ちゃんももともとは平和を願って頑なな心になっちゃったからどういう心で目標を叶えるかが大切なのかもね。

まさおくんがおもしろい(´▽`)
同時にいい役だ
mao

maoの感想・評価

3.5
ぷにぷに拳🤚🏻ぷにぷにって可愛い。
しんたろうのほっぺ触りたい。
おもしろく仕上がった映画だと思った。その中で善になりすぎても良くないというメッセージも良かった。そういえば会社にも正義正論を振りかざす人がいるなぁと思った。プニプニ拳が一つずつコミカルで実用性もあり笑えた。いつものケツだけ星人もここというタイミングが良かった。
昔の映画と比べてしまう悪い癖だけど、昔はもっと感動したと思った。
ひろ

ひろの感想・評価

-
たぶん泣く映画じゃないけど毎回さいごのとこで泣いてしまう。作画がかわいいかんじでかなりすき。
まつこ

まつこの感想・評価

3.3
シリーズ26作目。食べると凶暴化する悪のラーメンブラックパンダーを倒すためぷにぷに拳でカスカベ防衛隊が立ち上がる!

めっちゃマサオ回だった。序盤のヤサグレたマサオくんがツボ。テレビをあまり見ないからみやぞんにピンとこなかったけど…この間のイッテQはいい人そうだった。

そう言えばひろしの声が変わっていた。シリリからなのか。あれは小さいからかと思っていたわ。このひろしや今のしんちゃんがスタンダードになっていくんだなぁ。こんなご長寿アニメになると誰が思っていたことか。うちは父が漫画を持っていたから禁止されていなかったけどしんちゃんも色々あったもんね。今や海を越えてるとか本当すごいよ。

潜入までは好みだったけど個人的にはもっと硬めか縮れで良かった。ラーメン食べたいなぁー。「世界が縮れた」っていうCMも良かったなー。
なほ

なほの感想・評価

3.0
つまらなくて途中で断念したけど、再度続きから観たらグッとくるシーンが何個かあったから最後まで観てよかった。

善は行きすぎると悪になるよ、というお話でした。
zavike

zavikeの感想・評価

2.5
序盤は良かった。ランちゃんも良かった。ぷにぷに拳も良かった。でも全体的には観るとつまらなかった。ラストも何それ?😩
>|

似ている作品