クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者の映画情報・感想・評価・動画配信

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

2.9

主題歌/挿入歌

「クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者」に投稿された感想・評価

たしかにシロの隣はクロがいいね。黒いのも可愛い。湯浅氏は四角好きなのかな。マタも四角だったけど。
2008年の本郷みつる監督の12年ぶりの復帰作。本郷監督ということで期待してたけど、正直がっかり・・・。内容が露骨な社会批判で終始暗い。展開があまりにも冗長で全体的にテンポと間がかなり悪い。ゲストキャラのマタ・タミの印象も薄い。何よりギャグで笑えなかったのが一番つらかった・・・。
ひろ

ひろの感想・評価

-
小学校時代みよった時はすごい怖かった。しんちゃんの映画にしてはギャグシーン少なめかも。ふつう。
AU

AUの感想・評価

3.0
なんだかなぁ…。
わたしは、オープニングの説明だけじゃいまいち敵の世界の設定がわからなかったぞ。。
そして敵、弱し。

一番初めにマックが現れるシーンがちょっと不気味で怖くもありながら、確立された世界観で引き込まれる。湯浅さんっぽいなーと思ったら、やっぱり設定デザイン担当されてました。
しんちゃんの映画見てて湯浅さんの作画に気付けるようになったのちょっと嬉しい。
mango

mangoの感想・評価

3.5
子供向けな感じしない
飛行機シーンCG覚えたてでやってみました感(2008年だからか)
ようこ

ようこの感想・評価

3.0
クレヨンしんちゃん映画イッキ見No.16
ギャグ要素少なめのしんちゃん。
終始、しんちゃんが1人で戦ってた気がする。
子ども向けの映画の割には暗くて難しかった。

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりも面白かった。メタ発言の多さとかひろしとみさえが喧嘩ばかりしてるところとか、初期のクレしん映画っぽい雰囲気。マック・ラ・クラノスケが登場した時の夜の世界観がめちゃくちゃ好き。
まつこ

まつこの感想・評価

2.7
16作目。結構地味。クレイアニメの色が変わっていくところとジャングルジム会議は好きだった。敵のオッサンも怖いし子供が劇場で泣かなかったか心配になったよ。もうファミリー向けの作品になってしまったしんちゃんなのに時々大人向けというか下品さが出てきてちょっと嫌だったな。マタタミちゃんはピーターパンみたいで可愛い。しんちゃんがとっても子供らしい一作。

このレビューはネタバレを含みます

クレヨンしんちゃんって、一見すると幼児向けアニメなんだけど、実は大人向けの作品。それは連載されている雑誌を見たら明らか。そして主人公はしんのすけだけど「影の主役」、つまり本当の意味での主役はひろしとみさえ。ひろしやみさえを中心にした「大人の日常」をコミカルに見せるために、しんのすけやひまわりは存在する。

で、今回の作品なんだけど・・・確かに面白いんだけど「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」には及ばない。

やっぱり、ひろしやみさえがもっと活躍しないと・・・と思う。
クレヨンしんちゃん劇場版16作目。

人間界を支配しようと企む暗黒世界の奴らにしんちゃんが立ち向かう話。

序盤の不気味なダークファンタジーな雰囲気がなんとなくヘンダーランドに似てるなと思ったら監督が同じか。

敵との空中戦はかなり映像にこだわっていて迫力あった。
敵の能力結構強いくせに意外とあっけなかったのとストーリー展開が急な感じだった。
それぞれのキャラクターのよさがもうちょいでたらもうちょい面白くなった気がする。
>|

似ている作品