クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロードの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード2003年製作の映画)

製作国:

上映時間:88分

3.6

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」に投稿された感想・評価

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ えいこうのヤキニクロード)は、2003年4月19日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第11作目。
BB

BBの感想・評価

3.0
走れしんのすけ!
のはら一家が指名手配?

第11作。
ただただ、敵キャラに魅力がなさすぎる。特に天城なんて可愛げの欠片もない。ギャグの量は多いけど、あまり合わなかった。特に後半はキツかった。
ひろと

ひろとの感想・評価

3.7
昔めちゃくちゃ好きだったやつで昨日見返したけどやっぱり面白かった
たまには童心に帰るのもアリです
身に覚えのない罪で日本中から狙われる…という、洋画アクション顔負けの逃走アドベンチャー。

終始フザけたテンションの野原一家、人間捨ててるレベルのハイパーアクション。
洋画筋肉アクションが好きな身としては、最高の88分でした。
ほび

ほびの感想・評価

5.0
ヤキニクロード最強説
海の近くで大人数相手にあそこまで面白く圧勝する家族はいないそしてみさえのケツとヒロシの足の臭さの強さ神
映画館で唯一見た思入れ深い作品
マサオくんが信じてもらうために決意するシーンにおおっときて、その後すぐ犬死にするので涙出ちゃった
敵役も味が出てて好き
ちょっと最初のあたり早口だなぁって感じるけど、頭を使わずケラケラ笑える一番好きな作品
シリーズで一番勢いがある。序盤から面白さ全開の映画。この品のなさこそクレヨンしんちゃん。

オトナ帝国、戦国大合戦の後でギャグに振り切った作品を作るのは勇気がある。しかも最高に笑えるギャグばかり。

前半はそこらのコメディより笑える。バスの男は出番少ないのに今まで出てきたオカマの中で一番強烈。後半はアクション重視で少し飽きた。自転車での追いかけっこは良かったが。
C

Cの感想・評価

2.6
タイトルの通り、かなり焼肉食いたくなります
強烈な飯テロ映画。

僕には飯テロは効かんがな!
ぴん

ぴんの感想・評価

3.8
クレしん映画で一番笑える。
みさえが最高に面白い。

焼肉とビール………
ギャグという点ではクレヨンしんちゃん映画の中でも1番だと思う

劇画シーンの食欲の唆られ方は異常
焼肉食いてぇな…
>|