クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロードの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード2003年製作の映画)

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.6

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」に投稿された感想・評価

途中のヒッチハイクのシーンは何年経っても頭にはっきりと残るほど面白い
ストーリーがぶっとんでいるのがちょっと残念
後半はカオスになっている
.
#映画備忘録 #20180923
#クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード
監督脚本/水島努
脚本/原恵一
2003/日本/88分
#Netflix #1日1本オススメ映画
#映画部 #映画好きな人と繋がりたい
#しんちゃん映画マラソン
.
劇場版クレヨンしんちゃん11作目。
暗黒タマタマ大追跡から
アッパレ戦国大合戦まで監督を
務めた原恵一から水島努にバトンタッチ。
とはいえ、脚本だったりで原恵一も
制作に深く関わっている1本。
オトナ帝国の逆襲→戦国大合戦
からのヤキニクロード。
前2作がさすがにお涙ものに
振りすぎた自覚があるのかないのか
ヤキニクロードはそれはもう
ギャグ映画一直線。
というか、今回はお話ほぼ無い(笑)
いきなりトラブルに巻き込まれた
野原一家。とにかく熱海に向かうのが
この映画のお話の筋。
.
小ネタがすごい多い(笑)
選挙カーの藤原ケージだったり
ブラックホークダウンだったり(笑)
個人的にはみさえのバタフライが
綺麗過ぎて爆笑してました(笑)
.
シリーズ内でも屈指のドタバタ感。
そしてくだらないネタの数々(褒め
結局、敵も何がしたかったのか
あんまりよくわからない結末。
そのくせ、声優陣はかなり豪華。
石丸博也、石塚運昇、江原正士
遊佐浩二などなど。
ちゃんとした洋画の吹替撮れるレベル。
.
いつものホロ泣きできる要素も無くて
やっぱりしんちゃん映画はこうだよと
言いたくなる映画。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

2.9
記録整理。子どもながらお笑い全振り感がきつくて辛かった記憶。オーバー。
しんちゃんの映画は感動系とお笑い系がありますが、今作はコメディに全振りしておりクレヨンしんちゃんのイメージのまんまの作品です。
おおいに笑わせてもらいました。
途中、劇画調に絵柄が変わる演出が面白かったです。
シロが犬らしい犬になっていたのがツボでした。
疲れている時に頭空っぽにしてもらいました。
ヤキニクの回想シーンは孤独のグルメに負けない程の飯テロ。

ヒッチハイクの件はクレしん映画で一番笑ったかもしれない。
後半少々パワーダウンな印象も否めませんが、洋画パロディ有り、劇画風有り、シロのしんちゃん風コスプレ有りと楽しめました。「タマちゃん」が出てくる辺り、時代が伺えます。登場車種が妙に渋い。最初はなんとなく箸を片手に巨大コンロというフィールドで敵と肉を取り合う作品かと思ってました・・・。
せせり

せせりの感想・評価

3.5
焼肉が食べたい! その一心で熱海まで向かう野原一家。いきなり指名手配されたり敵に捕まりそうだったりとハラハラしつつもギャグ風味強目でつまりはくだらない。
でもそのくだらなさにしんちゃんの純粋さ、家族の繋がりの強さを混ぜるとあら不思議、一気見が出来る面白さになるからやっぱり好き。
しんちゃんが自転車補助輪なしで乗れるようになるシーンからのウィリー走行は笑った
you

youの感想・評価

4.8
めちゃくちゃ好きw
小学校の時、この映画きっかけでできた友だちがいるくらいには細部まで語れる!今でもアタミサイコの実演する時の歌歌えるしなww

しんちゃんの映画はどれもおすすめやねんけど、一番かもしれないなー。
真面目系ならオトナ帝国と戦国大合戦がおススメで、ふざけてる系ならこれとヘンダーランドがおすすめかな!

またエンディングというか、最終的なゴールがなんともない家族で、家で、食べる焼肉ってのが良い。
さりー

さりーの感想・評価

4.0
クレしんの映画の中でとっても記憶に残ってる映画。野原一家、ほんとうにいい家族だなあと実感させられます。焼肉マジで美味しそう。
としお

としおの感想・評価

4.2
しんのすけが自転車部隊に追われながらも熱海まで来たときのシーンは何度見ても鳥肌が立つ。そのあとの野原一家の戦闘シーンの面白さ。小学生の頃にこのシーンだけを数十回見たぐらい好きな映画。
>|