クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王1993年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.4

「クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王」に投稿された感想・評価

トム

トムの感想・評価

2.0
1作目。アニメの延長という感じ。その一言につきる。
体操で起きるシーン好き。アクション仮面の「剣で勝負をつけると決めたんだ」は名言チック。
Rin

Rinの感想・評価

3.0
一作目、アニメの延長という感じ。しんゃんて永遠に5歳だけど、やはりこの25年で成長してんだなーと思いました
ゆうと

ゆうとの感想・評価

2.5
このくらいお下劣なしんちゃんでようやく懐かしさを思い出す。

このご時世PTAやらモンペやらの目が厳しく、元来の良さは年々薄れていて寂しい。子供たちは変わらないのに。

その代わりに最近のは感動路線にうまいことシフトしているのはお見事。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.1
しんちゃんの映画第1作目。
今と比べると所々違うところがあった。
しんちゃんが今より子供っぽかったり、カスカベ防衛隊のみんなとの関係性だったり。
普段のアニメっぽかった。
アクション仮面がかっこよかった!
るい

るいの感想・評価

3.4
導かれるように路地の奥に入ったら駄菓子屋さんに辿り着くシーンが好き。全体的に不思議で吸い込まれるような演出がよい映画、とっても懐かしくて楽しめた。
しんちゃんとシロが可愛い!
マイクD

マイクDの感想・評価

3.2
クレヨンしんちゃん映画第1弾!絵が初期のタッチですが、今見てもあまり違和感は無かったなぁ。やっぱりオープニング曲は「オラは人気者」ですよね!ほんと懐かしい。当時は話題沸騰でしたね。異次元の世界でハイグレ魔王との戦いが始まる。光線を浴びると、みんなハイレグ状態になってVゾーンが露わになって大変なことに 笑。「ハイグレ!」と言いながらコマネチのギャグのポーズをするのは笑えます。チョコビを買うとアクション仮面カードが付いてきて、コンプするのに夢中になるのは皆さんも経験ありますよね。私はビックリマン集めてました!矢島晶子さんが野原しんのすけ役を降板するとのことで、寂しい気持ちが大きいですが、長年にわたりありがとうございました!
菜緒

菜緒の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

スコアは低く設定させていただきましたが、悪い映画という意味ではないです笑笑

みさえとしんのすけが、駄菓子屋に迷い込むシーンや、海から野原一家がマシーンに乗り込んでしまうシーンなど、ギャグ要素ありながらも、少しゾッとするシーンが随所にちりばめられていて、面白かった。

ただイマイチ盛り上がりに欠けるかなと思い、2.6。

ですが、同じ春日部市民として、ハイグレ魔王に立ち向かっていく、しんのすけの姿は、見てて勇気をもらった。

敵を最終的にやっつけるというような内容はありがちですが、最後にしんのすけの家にアクション仮面から、お礼に変身セットが送られてきたところなどは微笑ましかった。

第1作目は初めて観たのですが、最近の作品も見直そうと思った。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.4
しんちゃん映画第1作目、これあんま見たことないんだよな〜でも一番好きなシーンはアクション仮面とミミ子ちゃんが駄菓子屋でかき氷食べてるみたいなシーン?あと
駄菓子屋にしんちゃんとみさえが迷い込んだ?シーンが何故か好きです。

迷い込んだていうより、こんな所に駄菓子屋なんてあったのね〜みたいなシーン
motoharu

motoharuの感想・評価

3.2
クレヨンしんちゃん映画第一弾。
パラレルワールドでしんちゃんが活躍し、しんちゃんのヒーローであるアクション仮面に焦点を置いた映画。絵が初期段階でまだひまわりがいない時のしんちゃん。
普段のしんちゃんとみさえ・ひろしとのやり取りは健在で、敵も何か好感が持てるような悪役で見ていて楽しかった。個人的には、シロとしんちゃんが散歩している時の土手のシーンがノスタルジックで好きなシーン。
これは20年ぶりぐらいに見たかも。今見るとみさえ目線で見れてしまう笑。野原家の日常シーンが多く、最近の映画に比べるとゆるい感じに癒された。
あの朝起きるときの体操の歌、泣きそうなほど懐かしかった。
>|