蛍火の杜への作品情報・感想・評価

蛍火の杜へ2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:44分

ジャンル:

3.9

主題歌/挿入歌

「蛍火の杜へ」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

3.9
夏の不思議な出会い、誰にも教えられない秘密のデート。
女の子が一度は願う清らかで深い愛の物語をノスタルジックに描いていた美しいアニメーションでした。

「やっとお前に触れられる。」
願いの叶った瞬間に手の中にすり抜けた感触を想像したら切なくて泣いてしまった。

妖怪の住む少し不気味な森に迷い込んだ少女が出会った狐のお面の青年。
友情が恋へと変わり、互いにかけがえのない存在になってしまうのに決して触れ合うことができない儚い関係。
妖怪たちが真似た夏祭りの映像は本当に幻想的で美しく、私もこの杜に迷い込みたいと願ってしまった。

ストーリーは違うけど、ジブリの千と千尋の神隠しやもののけ姫なんかを掛け合わせたような雰囲気もあり、異次元を生きる相手との切ない恋がお好きな方にはオススメです。
えみこ

えみこの感想・評価

3.6
好きな人に触れられないって言うのはよくある設定だけどやはり切ない
ショートフィルムだけど綺麗にまとまってて見やすい

そして
仮面をかぶってる少年にはイケメンしかいないことが判明した
大大大好きな映画
44分しかないのにそう思わせないくらい内容もしっかりしていて凄く引き込まれる作品
とめ

とめの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ここ半年の涙腺の緩み具合が半端なくて本当に映画でも小説でもアニメでもすぐ泣くんだけど、まあ、泣いたがな。

CV内山昂輝が最高だ…

時かけもだけど、ちゅーすらしないのがほんとうにいい。

触れるよりも大切なこと、大切だから触れたいと思うこと。

ん?
デートなんですねー

の内山昂輝のボイスください。
おもち

おもちの感想・評価

3.2
気軽にふらっと切ない気持ちになれる映画。
オススメされて見たんだけど、なんとも言えない感情になる。悲しいね。そして日本の夏もなんとも切ない。
んZあANN

んZあANNの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

せつないってこういうことなのかもって

消えてもいいぐらい触れたい人に出会えてよかった
ちゃぶ

ちゃぶの感想・評価

4.2
終わり方が想像出来てしまうから
よりせつない。

オススメコメントしたいけど
40分ちょっとで観れるので
あまりレビューに書き込むとネタバレになってしまう。

ひとこと
オススメです。
甘味

甘味の感想・評価

4.1
何この儚さ……
せ、切ねぇ………。・゜・(ノД`)・゜・。
夜中に軽い気持ちで観てみたら不覚にもキュンとして泣いちまった。
45分の短編だけど、このシンプルさが逆に純度を高めてる。いいよ。凄く良い。

はぁ、ピュアに触れておばちゃん胸が痛えよこん畜生。夏目友人帳、観てみるとするか…
憂鬱な秋に爽やかな夏映画というのも中々に乙。
緩急無しで一定のペースで進んでいく、丁度良い心地よさの塩梅。音楽も映像に独特の雰囲気を与え、有りそうでなかった空気を醸し出している。

水面をはじめ、自然の描写が綺麗。
お祖父ちゃんとのスイカもしゃもしゃシーンの馴れ合いすぎない配置など、人対人、人対妖怪、蛍対ギンの距離感に日本人的なモノを感じた。「良い塩梅」の世界観。疲れた時の箸休めに◎
蚰蜒

蚰蜒の感想・評価

4.6
夏目友人帳の世界観、風呂敷は広げず44分と短い時間の中で非日常じみた日常を描く。もどかしく儚い恋物語😢
>|