マタンゴの作品情報・感想・評価

マタンゴ1963年製作の映画)

THE ATTACK OF THE MUSHROOM PEOPLE

製作国:

上映時間:89分

3.5

「マタンゴ」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

5.0
土屋嘉男さんが亡くなられていた、との事で追悼鑑賞。

封切時に劇場で観て、類に漏れず“マタンゴ症候群”(勝手に命名(笑)。キノコ嫌いトラウマ)になったカルト作品。

『ゴジラ』が破壊やスペクタクルの“動”に依る原水爆批判なら、此方はホラーサスペンスの“静”に依る其れである。

当初から人間関係が良好とは言え無い七人の男女が、ヨット遊びに出て嵐に遭い漂流。流れ着いた無人島でサバイバルが始まる。

改めて見直すとかなりチープなのだが、ストーリーはしっかりしているし、特撮(と言うより、美術やメイク)が良く出来ている。

完全なオリジナル映画では無く、海外の小説を元に星新一と福島正実が原案を作ったらしい。

映画好きなら観ておいて損は無い(好き嫌いは有ると思うが)作品ではないだろうか。
マタンゴ怪人、どれだけ怖い造形なんだ?とビクビクしていたが、結構なキノコ感だった。
バルタン星人のような声で呻きながら襲いかかってくるところなんてむしろ微笑ましくも感じた。
正体がわかるまでは、劇中音楽も相まってとても不気味だったが。

それに比べ、男女7人の薄っぺら友情グループの欲×7な浅ましさのほうがまぁ恐ろしかった。
こっちの醜さのほうが印象に残る。
「フリークス」を思い出した。
でも、あの状況に置かれたらああなるわな。
面白い。「このキノコ食べるといつかキノコになるのよ」が名セリフ過ぎる。綺麗なネオンから始まり回想形式で始まるサバイバル。結局極限までいくと、男は女を求めるし、女も身体を利用するという哲学。
まさかのエンディングも良かった。
まさき

まさきの感想・評価

3.5
見た!
学校でマタンゴってあだ名を付けた
女の子がいた。
遭難してキノコ食ったらキノコ人間になっちゃった.

嵐に遭遇し、漂流した無人島. 仲間たちは次々と人としての形を失っていく、ここはディストピアか. そう思い命からがら、東京に生還したけど、東京も似たようなものだった. こんなことなら自分も人間に固執せず諦めてキノコになればよかった.

っていうお話.
基本特撮だがもっとキノコ人間を観たかった感は否めない.
見慣れないキノコには注意しマタンゴ。
久しぶりに観たけどやっぱり最後は気持ち悪い。続編の小説もオススメ
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
コテコテチープさが不気味!
マタンゴよりも人災のが怖い
>|