モスラの作品情報・感想・評価

「モスラ」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.4
幼少期に何度となく繰り返し見た怪獣映画モスラ、久々に見てみた! ロリシカ国の原水爆実験場であるインファント島に、なぜか実験の影響を受けないまま暮らしている原住民がいることが分かり、調査団がそこに入っていく。彼らはそこで2人の妖精を発見。彼女らには彼女らの生活がある。そっとしておこう。という人たちの提案を、一旦は聞き入れたフリをするのだが、ロリシカのネルソンという男は再び島を訪れ、ふたりを連れ去り、歌を歌う妖精としてショーを開いて金儲けをし始める。島に戻りたいふたりの妖精は、怪獣モスラを歌で呼び寄せ、巨大な卵からかえったイモムシのようなモスラが、東京を目がけて海を越えてやってくる!という話。正直、元祖ゴジラとかとくらべて、映画としての面白さはかなり劣るかなーと思った。ものすごく白黒ハッキリした善(妖精解放側)と悪(妖精誘拐側)の追っかけっこがメインで、グレーな部分がほとんどないので、ドラマ的な盛り上がりに欠ける。モスラの出現のせいで見舞われる人々の悲劇の描写もごく少なく、感情的にダークな瞬間もまったくない。よって、幼年期に見るにはちょうど良かったのかもしれないが、大人となった今はんーーーーって感じやった。展開のテンポもかなりゆっくりなので、特に前半はちょっと眠かった。妖精たちが歌い始める中盤くらいからはまぁまぁ面白くなってくる。モスラ〜ヤッ モスラ〜ドゥンガンカサクヤンインドゥムウ〜という意味不明なモスラ呼び寄せ曲は、幼少期に大好きで歌いまくってたため、はっきり記憶に刻まれていて、死ぬほど久しぶりにオリジナルを聴き、ちょっと感動。これを歌ってる妖精さんは、ザ・ピーナッツという二人組の歌手だそうで、全然かわいくないのが逆に生々しくてよかった。で、モスラによる破壊に次ぐ破壊が描かれるのだが、基本妖精さんたちを迎えに来てるだけなので、破壊衝動があるわけじゃなく、ただ二人を探してウゴウゴしてるだけっていう設定が面白い。そして有名な東京タワーシーンを経ての成虫化。いいですねー。モスラの完全変態バージョンはちょー魅力的。このバッサバッサをこそもっと見たかったわ。バッサバッサでそこら中グオーグオーやけどthere’s nobodyなとこはビミョー笑 まぁいいや。ギャグ要素は基本あんまりハマりませんでした。ので星こんなもんかな。
シズヲ

シズヲの感想・評価

4.4
ちびっこの頃はなんとなくモスラが好きじゃなくて、「こいつが出てくるたびにゴジラが明確な悪役にされるから」「そもそもデカい虫にしか見えないから」とかそんな理由だった気がする。実際記憶に残ってるモスラはかなり善玉寄りの存在で、怪獣として異質な立ち位置だった覚えがある。

でも本作のモスラはスゲえ。「小美人を助けるために上陸したインファント島の神」であると同時に「途轍もない大破壊をもたらす虫の化け物」として君臨している。行動原理は小美人だけだし、別に破壊を目的としている訳じゃないんだよな。だけど小美人を助けるために動き回って、それだけで街がズタズタに破壊されていく。もぞもぞ動く、バサバサ飛ぶ……そんな原始的な行動が全て圧倒的破壊に繋がる。ヤバいよこいつ。大迫力の特撮も相俟って、モスラが紛うことなき大怪獣として存在する映画だった。

モスラが出てくるまで結構長いけど、事の発端や登場人物のドラマがテンポ良く描かれていくので十分見ていられる。ユーモラスなシーンも結構見受けられて、そこそこ陽気な雰囲気なのが印象的。ストーリーも米国めいたロリシカの存在など当時の情勢を意識させつつも、複雑にし過ぎず解りやすい娯楽作に収めているのが良い。

特撮描写は噂通り迫力満点。ミニチュア都市を存分に使った大破壊の描写は圧巻だし、奥行きに溢れる絵面作りのおかげで臨場感も凄い。終盤にモスラが大暴れするニューカーク市のセットが急遽作られた物と知った時はたまげた。幼虫モスラのもぞもぞした動きも生物的な生々しさに溢れていて秀逸。成虫になって破壊の規模が格段に増すのもインパクト絶大で素晴らしい。
af

afの感想・評価

2.5
有名な場面がたくさん見れて良かった。
ゴジラは怖いけどモスラなら本物見てみたい。優しいし綺麗だし。
もへあ

もへあの感想・評価

3.8
ラドンに続き、質の高い特撮が楽しめる、純粋にワクワクできる怪獣映画。
それでいて、街を壊し人を殺すモスラが、単なる災害や恐怖の対象でなく、畏れ敬う対象、神として描かれているのがおもしろい。(本質的に、怪獣映画はいつもそうだと思うが、この映画はそれをわかりやすく、直接的に描いていると思う。)
ラストの小美人のセリフ、飛び去るモスラに笑顔で手を振る人たち。人間の良心と、平和への強い祈りが感じられる、素敵な作品。
YOSUKE

YOSUKEの感想・評価

3.0
初めて昭和モスラの初作品を観た。
意外だったのは、モスラが「災害」に近い扱いだったこと。
今までで平和の使者としての認識が強かっただけに驚き。
しかし改めて考えると、怪獣が災害なのは当然なのだ(笑)

さんざん国を荒らしといて、小美人と合流して帰る時に「さようなら」と笑顔で手を振る国民が1番恐かった。
そして悪役の外人。ほんとやな奴だったな。
初モスラなので
モスラがどういう存在なのか知らなかったのだが、漠然と人間の味方だと思っていたので、この作品には裏切られた感じ。
しかし、シリーズ三部作を観た後にはこの作品もよかったと思える不思議。
Kohtaro

Kohtaroの感想・評価

-
モスラの全てはここから始まった!

単体作品なので他の作品は関係なくこれだけで見ることができます。

1954年の初代『ゴジラ』はとても完成度が高いけどかなりのシリアス路線だったのに対し、この作品はフランキー堺のおかげでちコメディ要素も、うざくならない程度にあって良かったです。

でもこの作品は1961年のものということで。特撮技術は初代ゴジラの頃から比べかなり成熟しています。映像の迫力は現在のCGに張り合えるクオリティ。製作の裏側が見てみたくなります。

それにしても1933年の初代『キング・コング』の影響を受けまくってるなと感じました。いや、全ての特撮はあの作品の影響を受けているとは思いますが、この作品は特にです。

F-86っていう自分がすごく好きな戦闘機が出てくるシーンが多くてすごく満足しました。

大福が食べたくなる映画。
Toshiya

Toshiyaの感想・評価

4.0
ロリシカはどんだけ親日国なんやw
シリアスなテーマを扱いながら笑いも随所に見られ特撮も申し分ない‼
関沢新一の一見軽いが奥の深い脚本、本多猪四郎の緻密な演出、円谷英二の凝りまくった特撮。
『ゴジラ(1954)』、『空の大怪獣ラドン (1956年)』『大怪獣バラン (1958年)』など暗い怪獣映画を経て、本作は明るい作風。正に映画が娯楽の王様だった時代の作品なので見応えがある。
Kiwamu

Kiwamuの感想・評価

4.0
言わずもがなの名作。
話は至って明確なので楽しみやすいし、
モスラの操演に魅了されます。
>|