THE JUON/呪怨の作品情報・感想・評価

「THE JUON/呪怨」に投稿された感想・評価

アメリカでジャパニーズホラーブームが起きていたころに作られたハリウッドリメイク版呪怨。

日本版と比べると特に変わったところはなく、主人公や被害者がアメリカ人俳優に変更になったことくらい。
舞台は日本のままだし、呪ってくる幽霊たちも伽椰子や俊雄くんのままです。

逆に言えば日本版の良さをそのまま輸出した感じ。監督も日本版の清水崇氏がそのまま続投。
演出も日本のビデオ版劇場版それぞれから美味しいとこ取りです。
加えて、ハリウッド製作になったことで予算が贅沢になり、いい具合に日本版からパワーアップ。僕はリメイク版のほうが好みです。


日本版を鑑賞済みな人には真新しさはなく、ハリウッド版らしい思い切った変更を期待した人には物足りないかもしれませんが、外国の人に原作の雰囲気を知ってもらうという意味ではこれまでになく成功したリメイクの一つであるように思います。
りん

りんの感想・評価

-
なんで幽霊はこんな最強なん????
チート過ぎてちょっと焦る。
いわゆる怖いシチュエーションがすべて詰まったかなり怖いホラー
ザン

ザンの感想・評価

2.0
何じゃこりゃ。日本のオカルトを文化的なことも紹介しつつリメイクするのはかなり無理がある。石橋凌はどうなった。英語頑張ってたのに。
日本版と同じストーリーなはずなのに外国の生活に合わせて外国の人に伝わりやすいように演出が変えられている。両方見るとめちゃくちゃ分かりやすいというかそうだったのか!と思える説明的なシーンもある
『死霊のはらわた』で知られるサム・ライミのラブコールを受け、オリジナル版を監督した清水崇が招かれてのアメリカ版リメイク。日本人監督としては、初の二週連続全米No.1ヒットという快挙を成し遂げている。
大筋は最初の劇場版を踏襲しているが、カヤコ&トシオの登場回数が増えており、やや大袈裟なスプラッタシーンが入るなど、海外向けに若干の変更は致し方無し。
下手に舞台をアメリカに変えなかったのは正解だ。あの日本住居ならではの「仕切りのなさ」こそが重要で、あそこだから、人は呪いに足を踏み入れるのである。
舞台は日本のままキャストを外国人とすることで、住み慣れない国の風土に暮らす不安と閉塞感が漂っており、一度呪いの世界に引き込まれたが最後、二度と抜け出せず逃れられない恐怖がさらに強調されている。
日本的な心霊の解釈を守ったまま、グローバルな客層に対応し得る分かりやすいホラー作品として再構築されていた。
かなり楽しんだのでコメンタリーもみたが、アメリカ人俳優の日本を下に見るような発言にブチキレそう。日本の俳優は演技が下手だの、日本映画は面白いものが少ないだのと、カンヌの審査員をやるような映画人が言うんならわかるが、B級役者風情が何様だ!
『七人の侍』や『ゴジラ』が撮影された東宝スタジオのセットで撮ったことに浮かれていて、アメリカでも公開されて高い評価を得た『オーディション』に出ていたから石橋凌だけ褒めるなど、ミーハーなくせに偉そうに語りやがる!ムーカーツークーッ!なんだコイツら!
Nakane

Nakaneの感想・評価

1.3
外国版の呪怨。
外人を使うほどの映画ではないと思う。
内容もお粗末。
怖くもないしストーリーも今ひとつ。
まさにB級ホラーの代表作。
ハリウッド版の呪怨です。
個人的には日本の呪怨はそれぞれの登場人物の短編のようになっているよりハリウッド版のようにストーリーになってる方が好みだった。
怖くないのが怖い
こんなクォリティでいいのかっていう...

ハリウッドの役者でリメイクしたいのなら、ハリウッドのスタッフで、アメリカを舞台にしてやれば良かったと思う
日本のやり方で撮ってるものだから、サラ・ミシェル・ゲラーやクレア・デュヴァルが凄く安っぽくなってる

外国人教授のカタコトの日本語は萌えた
友達とのホラー会で。
ビデオ版呪怨1と劇場版呪怨1のいいとこ取りリメイク。

このレビューはネタバレを含みます

日本のビデオ版と劇場版を合わせたような内容。ほとんど日本版で起こっていたことしか起こらないので意外性はないが、伽耶子が残していた日記帳や写真の禍々しさは物凄く嫌な感じだ。時空の位相をずらし、過去と現在がシャッフルされるような語り方はやはり面白い。現在の登場人物が呪われた家の中で過去に迷い込み、そこにいる人物の行動を見ているのに、過去の人物はそれに気づかず気配を感じ取るだけ、という演出、トニー・スコット監督の『デジャヴ』(2007)でも出てきたが、この映画は影響を与えたのだろうか。家は日本版と別物らしい。
>|