新幹線大爆破の作品情報・感想・評価

新幹線大爆破1975年製作の映画)

SUPER EXPRESS 109

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

3.8

「新幹線大爆破」に投稿された感想・評価

単なるパニック映画ではない点は良いと思う。犯人サイドのこともちゃんと描写して、一応社会批判とも捉えられたりする。
逆にパニック映画としての魅力はそこまででもないかも。災害や事故による被害や混乱と、異常事態に立ち向かう人々の姿がパニック映画の大きな二本柱だとすれば、被害と混乱という意味ではあまり迫力が無かった。そりゃ新幹線が爆破されちゃったらバッドエンドになるから仕方ないんだけど。
とがり

とがりの感想・評価

4.5
東京発博多行ひかり109号に爆弾が仕掛けられた!
新幹線の安全神話を逆手に取ったかのような「時速80km以下になると爆発する爆弾」から乗客の命を守るべく奔走する運転士と指令室。
乗客の命と引き換えに要求された500万ドルの受け渡しを巡る犯人と警察の攻防。
2つの物語を展開させながら緊張感を失うことなく疾走する脚本と、東映オールスターキャストたちの演技が素晴らしい傑作クライムサスペンス。

高倉健たちが演じる犯人側のドラマがかなり丁寧に描かれ、"見捨てられた者たち"の国家への復讐劇としても良くできている。
会社も家族も失った果ての決意と覚悟。
用意周到、完璧と思えた計画も、少しの偶然で1人また1人と仲間を失っていき、それでも男は目的を果たそうとする。

一方パニック担当の国鉄側のドラマも熱い。
個人的ベスト男優賞は指令室長を演じた宇津井健。
彼に迫られる非情な決断と、合理では割り切れない組織の力学。真っ当な人間であるからこそ不条理を飲み込まざるをえないのだ。

展開にやや雑と感じるところもあるが、それ以上にやりきった熱量が伝わる邦画の傑作。
AKITO

AKITOの感想・評価

3.0
不況の煽りをうけて、工場を潰した沖田は、仲間と共謀して新幹線に爆弾を仕掛ける。沖田は、日本政府にたいして、一五〇〇人の乗客と引き換えに十五億円を要求する。しかし仲間の二人は死亡し、金の受け取りには成功するものの、爆弾の解除方法を記した図面が焼却してしまう。また、感傷的な場面で流れる音楽には好みが別れそうだ。それにしても警察は信用できない。沖田にしても、倉持にしても、真面目に生きる人間が馬鹿を見る世の中である。
hyuGa

hyuGaの感想・評価

3.5
【命か逮捕か爆発か、視聴者すらもパニックに陥れる超娯楽サスペンス】

健さんはあんまり出てこないけど普通に楽しめるし、出てくればかっこいい。
健さん率いる犯人側は、真似すれば出来そうなくらい完璧な手順の計画に驚かされっぱなしで、もはや国鉄に喧嘩売ってるのかと心配になる。
その反面、警察の無能っぷりにより見てて恐ろしくなるほど掻き回される状況に頭抱えっぱなしだった…そして子供のシーンは流石にビビった、今の時代ならあれは許されないかもしれん。
乗り物からキャスト陣まで、豪華すぎるつくりに画面を観ているだけでも嬉しくなっちゃう映画。
「日本の技術の粋を集めて作られた新幹線が国民に牙をむく」という、邦画であるからこそ最高に楽しめる優れた脚本や、後の『スピード』にも受け継がれている様々なシチュエーションが見受けられ、本作が乗り物パニック映画として如何に優れているかを認識させられる。
また、登場人物同士の人間ドラマとしても優れている。特に高倉健さんなどが演じる犯人側にも感情移入させられる点。そして、宇津井健さん演じる珍しいほどに潔い心をもったキャラクターと、現実的な思想をもった上司との対比が非常に味わい深い。
個人的には「ひかり109号に爆弾を仕掛けた...」という台詞からの、『新幹線大爆破』の真っ赤な文字が映る元気なタイトルバックが超最高だった。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
(今だから)笑っちゃう部分は多数あるけど、80km以下で爆発するとかスピードがパクリをした設定とか、前半の緊張感はよかった。後半の宇津井さんのバカまじめさ、完全犯罪を目指しているにはお粗末な犯行とか、逃げ方もツッコミどころ満載。有名どころが多数。新幹線ないのパニクリシーンは、アメリカ映画にもないぞー
あれあれ、改めてレビューを書こうとするとき、あの79年「太陽を盗んだ男」と併せて論じたら、三日ぐらいは突っ込めるんじゃないかと
どこか対極同士の作品、みたいな
そんな嬉しさに包まれました
この気持ち、わかる人にわかってもらえる?かと・・・
ただのハラハラアクションではなく、鉄道職員と警察の葛藤や、犯人の人生が織り混ざった人間ドラマ

現代から見れば映像はチープだけど、それを補って余りある演技とシナリオ

高倉健ってすごい役者
セリフは少ないのに感じるものがある
宇津井健も良かった。

。。。

子供ウザすぎる
アマゾンビデオにて初鑑賞。
様々な作品の源流を感じるなど。宇津井健さんが格好良かった、、、
東映の作品で一番好きです。
エンタメムービー!
昔の映画はタイトルがわかりやすくて良いですよね。

健さん演じる犯人グループの人物像もしっかり描かれており、ついつい応援しちゃいます。
ただのサスペンスパニックムービーにあらず。
>|