新幹線大爆破の作品情報・感想・評価

新幹線大爆破1975年製作の映画)

SUPER EXPRESS 109

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

3.8

「新幹線大爆破」に投稿された感想・評価

MOTOKI

MOTOKIの感想・評価

-
オープニングのテーマを聴いた瞬間やべえこれ、すごい曲見つけてしまったと嬉しくなりたまらない気持ちいっぱい。
身代金サイドの背景は少し長かったけれど、新幹線サイドは最後まで緊迫感を保って突っ走っていて、あっという間の2時間半。ラストショットがイかしてたのでいつか劇場で観たい。
filmsounds

filmsoundsの感想・評価

4.0
日本の鉄道技術は凄いと聞く。精緻な運行や安全管理は勿論のこと、人体に巡らされた血管のように、列島を縦横無尽に行き交う日本の鉄道網は、確かあのトランプ大統領も褒めていたと記憶している。その中でも、新幹線は日本の鉄道技術の粋を集めた一大交通網であり、日本の誇りと言うべき代物だ。それでは、その新幹線が何者かの手により乗っ取られたらどうなるか。この主題を、本作は犯行グループの背景などを細かく描写することで、単なるパニックムービーに留まることなく仕上げている。せっかくの臨場感を減衰させているきらいもあるが、回想の出入りも自然で、そこまで気になる程ではない。一見の価値あり。
昭和の名作とのことで、面白そうだと鑑賞。
果たして、しっかり面白かったです。

特に序盤、新幹線をすれ違わせる場面のスリルがまず抜群で、このシークエンスは、後半にまで見るものの興味をつなぐ、秀逸なものだったと思います。
犯人側との絡みの場面は、ほぼ高倉健さんと山本圭さんが持たせてる感じなので、基本的に面白いのは新幹線の中なんですが、とは言いつつ、私自身が昭和の刑事ものに馴染んでいないことも手伝って、身代金受け渡しの場面も、新鮮さをもって見ることが出来ました。
キャストも圧巻で、私の歳でも知っている俳優が、しかもちょい役で出てくるので、それだけで楽しめます。
今の時代にこういう毛色の作品をあまり見ないということもあり、邦画では貴重な娯楽作品だと言えそうです。

しかし、wikiってみたところ、興行的には転けちゃった作品だったみたいですね。
お金をかけて、それに見合う作品になったとしても、ヒットするわけじゃないって…難しいものです。
NAO

NAOの感想・評価

3.6
2018.02.04 on hulu
-----------------------------------
スピード感のないスピードの原典
-----------------------------------
昭和の映画にはまりつつある今日この頃。
志村喬関連で行き着き鑑賞。

『スピード』の原典らしいけど、スピード感があるのは序盤と最後の爆弾除去のみ。
大部分は邦画の得意分野 人物の掘り下げ。

見所は新幹線爆発の特撮と、新幹線並走、昭和の街並み、大御所達がちょい役で出てるとこかな。
FAHM

FAHMの感想・評価

3.4
タイトルの出るタイミングカッコ良すぎ。
普通にシリアスで引き込まれる内容。
ただ序盤はテンポが良いものの、川下りの辺りから徐々に無駄なシーン増えてくる。
たまに来る超御都合主義展開。
柔道部がちゃんと捕まえてれば良かったのに…
okimee

okimeeの感想・評価

4.0
そんな展開!?
ダイナマイトスキャンダル!?

みたいな
ハラハラももちろんあるし、決してそれだけではない名優たちの表情。


宇津井健、高倉健がかっこ良い。
細身スーツ最高。
高倉健の映画を観たくなった.
ちょっと長かったけど、すごく面白かった!

ハラハラ、ドキドキの新幹線映画だったなぁ。

高倉健はかっこいい。

なんか昔のサラリーマンのウザさを感じた(笑)
wakio

wakioの感想・評価

3.3
昭和の熱量がふんだんに込められた傑作。そうそうたる顔ぶれの中で燦然と輝く大スター高倉健はやはり出色の存在感である。若かりし日の宇津井演じる実直なキャラクターも良い。
ご都合主義的な場面も目についたが、後の映画に影響を与えた記念碑的な作品として普遍的な価値を持っていると言えるだろう。
いたる

いたるの感想・評価

3.7
500万ドルが15億円、
固定為替相場から変動制への移行直後の話
>|