アンストッパブルの作品情報・感想・評価

「アンストッパブル」に投稿された感想・評価

karen

karenの感想・評価

3.2
だいぶ昔に。何も考えず観れるのが良い。
ふつうに面白い。
デンゼルワシントンが若く感じるのと、クリスパインが思いのほかかっこよかった。
びゅんびゅんと、
大型機関車の走りが怖い!怖い!
どんな職業でも、ベテランの経験には敵わないのねっ!
いつ脱線するのかハラハラ感が、無人で走り出した時から止まりません。
というのも、カメラ撮りが妙に良いから?
o

oの感想・評価

3.5
ちょっと臭すぎたけどまぁいんじゃね笑笑
アメリカ!って感じだった笑
いややっぱ臭すぎ笑
ダイハード4.0やリメイク版トータルリコールの脚本家とトニー・スコット監督がスリリングな映画を作った。
2時間を切る作品も最近では珍しいが、このテンポでこの尺は非常に心地よい。スコット監督らしい色使いや編集も作品の雰囲気に合っているようだ。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
my映画館2011#5>トニー・スコット監督は、前作の地下鉄モノに続き、今度は広大な大地のレールで無人列車を暴走させるのだが・・・VFXに時間軸操作の昨今の流れに逆走するかの様に、無駄を削ぎ落としたソリッドでシンプルな一本道な展開は、ベースになっている実話に敬意を払ってる感があり、まずはニンマリ。

そして、ツボを押えまくった手に汗の臨場感の演出は相変わらず巧みで、カットにズームにスローと感心しまくる程にキメて行き・・・本作は音響効果も攻めていて、映画館で見ないと半減するかと。

まぁ、明らかに深みは追求してないが、アドレナリン出まくりのあっと言う間の約90分を楽しむべし。

そして、デンゼル・ワシントンの説得力ある演技は全開で・・・クリス・パインの正統派の熱演もいい。
高校の時友達と映画館で観た(そいつは横でマックポーク食ってた)。短い映画だったけどめちゃ良かったの覚えてる。このデンゼルワシントン少し若すぎる気がする。こういう白人と黒人が組む系は少し感動するような話になってる説。
シンジ

シンジの感想・評価

4.0
暴走列車を止めようとする2人の男がカッコよく、単純なストーリでしたが、アクションがよく楽しめました(°▽°)
777の運転手コンビの無責任さに腹立つ。列車を止めようとしている2人に行け~!ってよく言えるわ…。

それに比べて主人公2人のかっこよさ。命かけてるのに冷静に動けるなんて素敵だった。娘や奥さんと上手くいくようになって良かったね。

しかしどこにでもいるんだね。聞かれてもないのに自分はすごいをアピールする人。

ストーリーとしてはわかりやすくて先も読めてしまったけど面白かった。
mengru

mengruの感想・評価

3.7
暴走列車を食い止める話。人間ドラマの部分は丁寧に描かれているが、飛行機と比べてどうもスリル感が数段落ちる。音楽と映像で頑張って暴走列車777の怖さを演出しようとしているが、たまにギャグに思えてくる。主人公の夫人役はもう少し演技力のある人を選ぶべき。
無人貨物列車が突然暴走、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・パニック・アクション。貨物車の重量感やスピード感と美しい田園風景の対比、そしてスタントンの大曲りシーンの迫力映像。題材は2001年オハイオ州で起こったCSX8888号暴走事件。惰行列車(コースター)。貨物列車777号。「ベストを脱げ。黄色いベストが目に入ったら不安になる」
>|