アバウト・ア・ボーイの作品情報・感想・評価

「アバウト・ア・ボーイ」に投稿された感想・評価

以前観た記録。
良いお話だったと思うが思い出せないのでした。


三十代後半にして無職、
適当な日々を生きるウィル
はっきり言ってクズ男
そんな彼にマーカスという
少年と成り行きで知り合いになる



マーカスは情緒不安定な母親
フィオナと二人で暮らしていた
マーカスはフィオナの影響で
学校で溶け込めず
周囲から浮いていた


そんな
ダメ男と悩みを抱える少年の
友情?ストーリー
マーカスが面白い。ヒューグラントのダメダメ男っぷりはなんとなく嵌っていて、何度か見直してしまった。音楽も好き。
ダラダラ生きてる男がシングルマザーとの出会いを求めてシングルファザーと嘘をつき会に参加。それをきっかけに鬱病の母親に悩む少年と出会う。

ウィル・フリーマン (ヒュー・グラント)父親の稼いだクリスマスソングの印税で暮らす、38歳、独身、無職。シングルマザーの会に参加する。

マーカス(ニコラス・ホルト)12歳の少年。イジメにあっている。

レイチェル(レイチェル・ワイズ)大晦日の日にウィルと出会った女性。

フィオナ(トニ・コレット)マーカスの母親でそこまで子供を理解していない。いつも泣いている。

エリー(ナタリア・ティーナ)マーカスの好きな子。

まだヒューグラントが比較的若くてカッコいい!世の中には、働かなくても生活できる人もいるんだろうなぁ。でも、それが幸せとも限らないのか。

ニコラスホルト映画初出演作でまだ子供!
「X-MEN」のビーストや「ウォームボディーズ」のゾンビのイメージが強いけど、この作品はちょっと個性的だけど至って普通の少年役。

ハーレイジョエルオスメント、ジョンボンジョヴィ、なんかの名前も出てくる。

ミリオネア、天然酵母パン、カモ、自殺未遂、クリスマス、靴、CD、歌も印象的。

ウィルとマーカスは全く血の繋がりが無いし年齢差もあるのに親子のようで友達のような不思議な関係性が凄く良かった。
がい

がいの感想・評価

3.8
って事で←どんな事で?
久々に観たくなり
ひと昔前はニコラスホルトの素晴らしい成長に驚いたがまたもやキャストに驚く
ヒューの相手役がボンド妻じゃん!!←しかも役名がそのまんまレイチェルだし
そしてなにより!!幼いニコラスホルトが惚れちゃうパンクな女の子が「ゲームオブスローンズ」のオシャ!!←よくわかったな自分!←褒めてあげたい自分
しかもヒューは「ブリジットジョーンズの日記」と同じようなウソ言ってるし
や〜〜やはり良作。
shiori

shioriの感想・評価

3.1
ヒューグラントは、なんでこうも ダメな役が似合うんでしょう。すてきです。 結構好きかな、この映画。 昼間からワイン飲みたくなっちゃう。
うに

うにの感想・評価

4.5
大好きな映画です。
ウィルはクズだしマーカスは生意気だけど、根っこの部分が2人とも優しいので安心して観れる。親子ほどの年齢差があるのにお互い遠慮のない2人のやりとりは楽しくて微笑ましいです。
この頃のニコラス・ホルトくん、もちもちで大福みたいでめちゃくちゃかわいい。
ラストのステージのシーンもイマイチかっこ悪くて、彼ららしくてすごく好きです。
まりも

まりもの感想・評価

3.8
バッドリー・ドローン・ボーイ。

すごくマッチしてた。好き。
どうしようもない中年男が、素直で優しい少年との意図しない交流を通じて変わっていく。マッドマックスのヌークスが、マーカス少年の成長した姿と知って、思わず、嘘でしょ?!と声が出てしまいました。
ほっこりできる映画です。パンク少女がいい感じ。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.2
子供嫌いだった主人公と変わった母親を持つ少年の奇妙な交流が、父子の感情を生み出していく様子が何だかほほえましい。そういった絆がどれだけそれを抱く者同士の支えとなるかを再認した。
>|