アバウト・ア・ボーイの作品情報・感想・評価

「アバウト・ア・ボーイ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

・中年のグータラで軽薄なウィル(ヒューグラント)がひょんなことから子育てをすることに
・口から言う台詞とモノローグで語られる本音のギャップが笑いを誘う
・下手な歌を大勢の人に笑われて可哀想よりも、土壇場で独りで歌うことになりそれでも舞台に立つマーカスの勇気と意志に感動した
・「島同士がくっつくこともある」そうしていつの間にか大勢の人が集うラストシーンにほっこり
ののた

ののたの感想・評価

3.4
ウィルとマーカスがだんだん近づいていく時の描写と、二人の程よい距離感が好きでした。マーカスのライブのシーンとラストのクリスマスのシーンがグッときました。
matsukaze1

matsukaze1の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

メンヘラの母親。前向きな少年。嘘を塗り重ねる独身男。
ダメと分かってても死のうとしたり、嘘付いたり…「分かってるならするなよ」と突っ込みながら見ていた。
見栄はりたい気持ちが分かるだけに少しイライラ。
中年ダメキザ男がひょんな事から子育てパパに😳

思うけどキッズとおっさんのムービーて外れがないよね🤔例にもれずこちらもグッドな出来です!

ほんわかしたい日に是非見てね🙋‍♂️
このヒュー・グラントの役にダブるところが多くて、グサリグサリと刺さってばっかだった。
自分には何があるのかなとか、人との関わりのあれこれとか、いろいろ頭を巡ってしまった。
それでも、観終われば「きっとそんなに悪くないよ」と思いたくなる、映画のなんてフシギなチカラ。
モノローグの使い方とそこそこうまくいかない演奏会、ニコラス・ホルトの最高の笑顔がいいね。
無職で独身男と精神的におかしい母親を持つ子供との友情を描いた作品。
人間は1人では生きていけない。その大切さを痛感した作品。
theヒュー・グラントって感じの映画です!
女好きのどうしよもないやつ!
こういう心に傷を負ったメンター的存在な人間を描いた作品が大好きです。
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.2
ヒューグラント主演。
年の離れた大人と子供の友情の話ですが、2人が徐々に仲良くなってく感じは観ててほのぼのしました(´ー`)

始めは生意気に感じた子供も、観てるうちに可愛くなってきます。笑
ラストは結構いいけど
それまでちょっと耐えなきゃかも😱
登場人物みんな勝手すぎて
たまにイラッとする。ウィルはまだマシな方。
>|