カバーガールの作品情報・感想・評価・動画配信

「カバーガール」に投稿された感想・評価

magoーtk

magoーtkの感想・評価

4.1
ジーン・ケリーの出世作。
ひたすら楽しい。

田舎のジーン・ケリーがやってるショーの出演者だったリタ・ヘイワース。彼女と彼は恋仲だった。しかし、ある男が彼女に一目惚れし、彼のおかげで彼女はカバーガールに起用されることに。それがきっかけで一躍大スターとなることに成功する。しかし、彼女が大スターになるにつれてジーン・ケリーのショーをすっぽかすようになってしまうのだった……。彼女の夢を知ってる一方で彼女を心から愛しているジーン・ケリーはどうすべきか悩むのだった。

Make way for tomorrowをはじめとして楽曲がすこぶるご機嫌で聞いてて楽しい。
ジーン・ケリーらのダンスもパワーに溢れていて見ていて元気が出る。

コロンビア制作のこの作品。MGMが売り出す気のなかったジーン・ケリーを貸し出すことでこの2人のコンビは生まれたが、この作品なきっかけでジーン・ケリーはその振り付けセンスを認められ大スターになる。

特に名高い自らの分身と踊るシーンは斬新で視覚的に楽しめる名シーン。ある種のMGM映画のように衣装やセットをきらびやかに派手に飾らなくても楽しくご機嫌なミュージカル映画は作れるんだなと改めて確認できた。
チャールズ・ヴィダー監督作品。
リタ・ヘイワース演じるラスティはナイトクラブのコーラスガールで、ジーン・ケリー演じる舞台監督のダニーとは恋人同士。ある日ラスティは雑誌のカバーガールのコンテストがあることを聞き付け、参加するが・・・という話。

リタ・ヘイワースとジーン・ケリーが恋人同士の設定だけど、実質的な主役はリタ・ヘイワースで、リタ・ヘイワースが映ったシーンが多い。いろんな衣装のリタ・ヘイワースを楽しめる。ナイトクラブの女性がこれでもかと脚を露出するので、当時のハリウッドで大丈夫だったのかと思わせた。

テクニカラーの濃い色味でカラフルな衣装が楽しめた。ミュージカルシーンは多めで、リタ・ヘイワース、ジーン・ケリー、フィル・シルヴァースの3人で踊るシーンと、大型舞台で超ロングショットでリタ・ヘイワースが踊るのを映したシーンが良かった。ジーン・ケリーが主張するシーンが少ないなーって思ったら、鏡の中の分身と踊るシーンがあって面白かった。

脇役フィル・シルヴァースの演技の上手さが際立つ。
ラストは割りと強引な閉め方だけど、多種多様なミュージカルシーンで楽しめた。
コーラスガールのラスティ(リタ)がカバーガール(雑誌の表紙)に応募して、一躍有名に👑✨
どんどんスターになっていく彼女に対して、恋人ダニー(ジーン)は複雑な心境に・・・

恋愛の駆け引き、歌にダンスにとっても楽しい映画だった´ ³`°) ♬︎*.:*

今作が私のはじめてのリタ・ヘイワース作品❤️✨

〝ショーシャンクの空に〟をみてから、何か彼女の作品を観たかった😳❗️✨
みぽちさんogiさんのレビューを読んで今作を鑑賞✨

ほんっと綺麗だった(° ꈊ °)✧︎˖°
私が生まれる前に亡くなってしまったのですが、他にも作品いろいろ見たくなった❗️

好きだったシーン

・牡蠣のお店を出てからの外のタップダンスがよかった🥰(リタ・ジーン・フィル)

・衣装はどれも可愛かった✨肩にアウターかけるのオシャレ♪中でもリタのグレーのモコモコドレスが可愛い❤️

・ジーン×ジーンのダンスジシーン✨
単純に2倍楽しめる😳(2人分)❗️

・ブロードウェイのシーンででてきた表紙はどれもポスターにして飾りたいくらい素敵だった✨

好きなダンスシーンがたくさんあって、また見たいな☺️✨
ジーン・ケリーの「雨に唄えば」の原型を観るような作品。44年の作品なので日本は、敗戦に向けまっしぐら。でも少女時代並みに足だし女が歌い踊る。ジーン・ケリーは、背が低いがタップと踊りは相も変わらず素晴らしい。リタ・ヘイワースは、セックスシンボルと言われながらもタップは結構上手い感じ。でも話は陳腐。
SH

SHの感想・評価

3.8
ジーン・ケリー×リタ・ヘイワース

「美人なだけじゃない、すごいダンサーだ!」と作品内でリタが演じるラスティに対してスカウトのおじさんが言ってたけどホント、その通りですね。

ロマンチックなもの、コミカルなもの、3人で踊るもの、ジーン・ケリーとのタップなどカラフルでいろんなリタ・ヘイワースを楽しめる。

音楽はジェローム・カーン×アウラ・ガーシュウィン

アカデミー賞音楽賞をとった「Long Ago and Far Away」はこの作品のテーマをそのまま歌った内容の曲で甘くてロマンチックな名曲だった。
Luna

Lunaの感想・評価

3.8
ストーリーは普通なんだけど、もう最高だった。かわいい。可愛すぎる。何この世界観。クラシックミュージカルは最高だな〜
ジーンケリーが提案したって聞いてからずっと見たかった彼と彼の分身のダンスも圧巻だったし、リタヘイワースの美しさに痺れた。観れてよかった!
ogi

ogiの感想・評価

4.3
リタ・ヘイワース主演の作品をつい
に初鑑賞🙌小劇場のショーガール、
ラスティ役を演じる彼女か有り余る
美しさ、演技、ダンス、歌、マルチ
な才能で魅力するミュージカル🎶

名優ジーン・ケリーの相手役として
お似合いのヘイワース!女性として
は長身で脚が長くて綺麗、もちろん
お顔もめっちゃ綺麗なんです🤤
両親がダンサーというサラブレッド
らしくダンスレベルも一流です💃

カバーガールとは一流ファッション
誌の表紙を飾る選ばれし美女👩‍🦳✨

ラスティは、ブロードウェイで輝く
女優になりたいショーガールですが、
彼女は劇場で注目されたのを機会に
有名ファッション誌の表紙を飾る事
になり一躍スターの仲間入り!!
ラスティは小劇場の運営兼ダンサー
のダニー(ジーン・ケリー)や、
仲間たちとすれ違いつい大切なもの
を見失いがちになるストーリー📚

人気も華やかさも勝るライバル店の
劇場や、ウザい恋敵の存在など…
何もかも距離をあけられ、暗く影を
落とす雰囲気もあるけど、しかし!
ジーン・ケリーとゴーストケリー⁉︎
のダンス🕺👻
ジーン・ケリーとリタ・ヘイワース
のダンス🕺💃
いつもの店でいつもの牡蠣を注文🦪
名シーンが盛りだくさんでした‼️

Marcが少ないのは不思議だけど🤔
華やかな世界の舞台裏や、スターに
なる過程での苦悩や葛藤、ロマンス
や絆のドラマもあり、素敵なダンス
と共に楽しめる傑作ミュージカル🎶

愛の告白を断る際の一流女優さんは、
"あなたは素敵な人よ!"って前置
きしてから断りがち🙄
Yukiel

Yukielの感想・評価

4.2
ジーン・ケリーの初期の作品✨
ジーン・ケリー若い!
面白くて素敵なお話でした💕
タイトルのCover girlという曲の演出が好きだった!
あと、ジーン・ケリーがもう一人の自分とタップダンスするシーン!
ジーニアス役の方いいキャラしてたなぁ笑
衣装も華やかで見ていて楽しかったです!
5225

5225の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジーンケリーの分身のダンスは本当にすごい、別撮りなはずなのにコピーされてるみたいに正確
雨に唄えばよりもこの3人のステップはとても難しそう
リタヘイワーズの美脚、、、顔もお綺麗すぎていきなりピンで映されるとびっくりしちゃうほど
ジーンケリーは若い

けどストーリー、、、初めてみるミュージカルがこれだったら違ったかもしれないけど、、
この年代前後とまとめるのは流石に大枠だけど
その時代のミュージカル系やショー系の映画だと
だいたいスターダムにのし上がることと恋の障害がセットになっていて
ストーリー的には目新しい感じはないけども

演出とか表現ではいろんなシーンがあって楽しく作られていたし
いつものことながら歌曲が良い感じなので
それだけでも満足

ジーンケリーが分身して踊るシーンとか
これ終戦前の映画なんだと思うと、余計古い映画ってイメージされるものとのギャップを感じて
すごいなぁと思う

ストーリーも目新しさがないだけで普通に好き

3人腕組んで歌い踊るシーンがあるが
雨に唄えばを思い出して、また観たくなってきた
>|