ダブルフェイス 偽装警察編の作品情報・感想・評価・動画配信

「ダブルフェイス 偽装警察編」に投稿された感想・評価

たけお

たけおの感想・評価

4.2
生き残っても長生きしなさそうな、それもロクな死に方しなさそうな虚無感漂うラストがいい。安易に自殺とかしなくて、これでいい。
Riiiii

Riiiiiの感想・評価

4.0
ハラハラして見入っちゃう。
西島さんと香川照之の配役が良い。
ハル

ハルの感想・評価

3.6
前後編共作物語の後編。
まず、2つに分けてしまった悪影響 は冒頭から…
ダイジェストが所々にインサートされるため、すこぶるテンポが悪い。
この方式が消えたのは当然だなぁと感じてしまう立ち上がり。

とはいえ、そういった部分を除くと前編同様リメイク版としては良くできている。
なお、後編からは蒼井優が主要人物に加わり、オリジナル要素強め。
前回のラストで舎弟(伊藤淳史)及び上司(角野卓造)が死んでいることもあり、クライマックスに向け一気に流れは加速していく。

後編の見所はなんと言っても潜入捜査をしていた二人、森屋(西島秀俊)と亮介(香川照之)が相まみえる瞬間だろう。
長い長い戦いの果てにとうとうお互いの正体が分かり、真に迫っていくシーンの迫力は凄まじい。
彼らに命令を下した当事者がどちらも死んでいる事で、ぶつけようのない怒りに戸惑う様子も精緻に描写されていた。

お互いにわかってしまってるんだよね。
“上から命令されていただけ”という不毛な事実を。
潜入捜査の虚しさが詳らかに描かれていて、やりきれない想いばかり募る名場面…

また、ラストの展開を『ディパーテッド』と変えているのも凄く印象的だった。
あちらは“全て無に帰す”感じのサクッとした終わり方だったけど、『ダブルフェイス』は逃がれられない苦しみと負の連鎖に苛まれるような形。
ある意味で最も辛い締め方になっていて、流れる亮介の叫びと涙。
まさに“慟哭”
彼らのやってきたことの虚しさは全てそのワンカットに込められていた。
こんな人生やりきれないな…

『ダブルフェイス』は“インファナル・アフェア”“ディパーテッド”に続く、国内リメイク作品としてはよく頑張っていたと思う。
明らかに予算が違う中での創意工夫を見て取れた。
純粋にクオリティーを比較してしまうと厳しい部分は否めずだが、邦画も決して悪くない。
BuraKana

BuraKanaの感想・評価

4.2
インファイナル・アフェアとディパーテッドを観たけど、日本ものは苦手で避けていたが、こちらも想像以上に良かった!
衝撃のラストだけど
個人的には好きなラスト
そして音楽が沁みる
でも恋愛の絡みはいらんかな…

原作も観たい
MOZU、前作からイッキ見。
まさかの結末すぎてしばし呆然。後味悪いけど結構好きな終わり方。
かなり好きだったからまたこういうテイストで観たいけど香川照之何やってんの…
そしてやっぱり西島秀俊が不憫なのできのう何食べた?で回復します。
coboss

cobossの感想・評価

-
後半は早送りで見たので無採点。90分x2本の構成だが、第二部の最初20分ぐらい前回までの紹介なので、実質1時間もの。インファナル・アフェアの時も思ったような気がするが、精神科の先生に「実は潜入してまーす」とかってペラペラしゃべるなんてありえないだろ!後つけられてたら一発じゃねえか!
まあ、どうしても女と絡ませたい、恋愛させたい、という熱い欲望が脚本家の人にあったのでしょう。
面白い面白いとミーハーな人は言うが、インファナルアフェアのリメイクという事を知らないミーハーが多い。
インファナルアフェアには深みがかなわない。
225

225の感想・評価

3.0
飼い主がいなくなった忠実な犬と不精な犬それぞれにピッタリな結末
うなぎ

うなぎの感想・評価

3.1
ラストがあっさりと終わってしまったのが残念。迫力は前作同様good
>|

あなたにおすすめの記事