三池監獄 兇悪犯の作品情報・感想・評価

「三池監獄 兇悪犯」に投稿された感想・評価

この映画は凄いです
ぶっ飛び過ぎです
実録モノ全盛期の東映で作られた作品ですが一体誰に見せようと思っていたのか…
舞台も暴力表現も性描写もタガが外れていて北陸代理戦争に近いです
ソフト化されていないのはもったいなさ過ぎます
炭鉱内の様子もしっかり作られており青春の門などで見るものより迫力があります
眉毛の無い鶴田浩二は怖すぎです
脱獄モノに見せかけて、囚人も看守もほとんど死ぬという大崩壊で終わります
ある程度事実ベースでやっているのだと思われますが…
高田宏治さんもこの作品については著書で振り返っておらず、どういう経緯で作られたのか知りたいところです
凄まじい映画でした。😅
三池炭鉱に送られた凶悪犯も犯罪者ですが看守たちも金と欲にまみれた非人間たちでした。
むしろ犯罪者の方が人間らしい人たちです。😅
明治後期とはいえまだまだ人権も何もない人の命を屁とも思わない時代に生まれなくて良かったです。
硬派!硬派!HARDCORE!
網走番外地が牧歌的に見える。
多分意識はして二番煎じを狙ってみたけどギアの入れ方を間違え元に戻らなくなった感あり。(セブンを期待して見た映画が悪魔を見ただったみたいな)
或いは網走が青春パンクと仮定するなら、こちらはアンダーグランドなノイズコア。
実際何言ってんのか分からないセリフあるし(笑)日本人ですら分からない日本語を英語字幕付けるギークな職人にフルリスペクト。皺寄せた眉間はガチで危険。顔つきも目つきも今の演者には無理ぽ!天国の対義語は地獄ではない、監獄だ!
高倉健の『神戸国際ギャング』と同じで、東映実録は「俳優映画」であるからまず鶴田浩二を如何にアンチ・ヒーローにさせるかが問題だが、結局健さんと同じく彼はヒーローだった……。東映脱獄ものはユーモラスで悪辣な松方弘樹がやはりスターであり、鶴田浩二先生には無理だった。宍戸錠の侠気に一票!
Akira

Akiraの感想・評価

3.5
開始一時間位までは求心力があるが、そこを過ぎると結局「いつもの鶴田浩二映画」として流してしまう感じがあるのが残念だった。もっと炭鉱ならではの環境の劣悪さとか見たかったなー。。
キャストは「いつもの」ですが、錠が完全に鶴田さんを食ってたのが嬉しかった!
おかつ

おかつの感想・評価

5.0
高田宏治の脚本の中では一番好き!

理不尽な権力によって踏み躙られる人間の尊厳や命、それによって産まれるフラストレーション、そして怒りの爆発って言う組み合わせが好き過ぎる。
怒れる映画はやっぱ最高。映画は怒ってなんぼ
神

神の感想・評価

3.5
ピラニア軍団特集
天津敏他、悪役が悪役なの安心するけど、炭鉱が舞台なだけに息苦しさ半端ない。
炭鉱のせまさ、汚さが強く印象に残る力作。囚人より極悪な看守。三池集治監の存在を初めて知る。投げやりなラストがよかった。
一

一の感想・評価

-
泥まみれになって石炭を掘るふんどし姿の男たちが画面にひしめくゲッソリな地獄。鶴田浩二の異様な迫力。金子信雄に安部徹に天津敏に悪い顔が勢揃いの看守。しかし徹頭徹尾敗北の映画。
暗くて狭くて近くてどうしようもないのに、暗くて狭くて近いのを突き抜ける場面&話が鶴田浩二の斜面落ちくらい。エレベーターが地味で残念。
>|