神戸国際ギャングの作品情報・感想・評価・動画配信

「神戸国際ギャング」に投稿された感想・評価

masato

masatoの感想・評価

3.3
先輩に薦められた任侠映画その2。

日活ロマンポルノで鳴らした監督とのことで、艶っぽいシーンが多かったように思う。
物語と関係ない、通りすがりの酒屋を菅原文太が射殺するシーンが一番印象に残った。

やはり田中邦衛の存在感がすごい。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
神戸に根付いたギャング集団の物語。
日活ロマンポルノの旗手、田中登が珍しく東映で撮った任侠モノ、高倉健が東映専属として最後の主演、三本しかない高倉健と菅原文太共演作のうちの一本、など記念碑的評価ばかりが集まる本作。レビューを観れば酷評が目立ちますが、僕は面白いと思いました。
確かに濃厚で痺れる任侠モノではなく、深作(もしくはペキンパーのような)暴力描写に秀でているわけではない。見所はそこにはなく、映画は任侠モノを身にまとったロマンポルノであることに面白みがあります。少しずつキャラクターを描いたミニエピソードが付与されていますが、中でも異質なのが真木洋子(真木よう子ではありません!)演じる紅一点の女。ラストシーンで彼女が物語の中心になります。目の前のものに視線を移し、決心ののちに最後の選択をする。彼女が映画に終止符を打っていると言えます。振り返ってみると、決して中心にいるわけではなかった女の物語と観ることもできる。彼女の出演シーンはとてもロマンポルノ的に描かれています。レ◯プに悔しがる顔など、芹明香を彷彿とさせる力強さ。思えば女の出てくるシーンが官能的に描かれています。若い頃の泉ピン子が菅原文太と抱き合うシーンなど、とてもロマンポルノっぽい。その他映像的な一癖など非常に田中登らしく、任侠モノとロマンポルノが両立した他に類を見ない傑作だと思います。
廃墟をゆっくりパンダウンしていき、カットが変わると蛇口から滴り落ちる水滴を口に含む男を捉える。女性の悲鳴が画面外から聞こえてきたため顔を上げると、外国人にレイプされようとしている女性が。その口に銃口をねじ込まれている。アバンタイトルのクールネスでもう痺れた。
本編でこの質感が消え失せたのは残念だったけど、戦後間もない三宮の汚い町並みは見応えがあったし、バイオレンスもよくデザインされていた。指と爪の間を切って、そこに蝋を垂らす拷問はフレッシュ!
そして朝飯前のように暴れる菅原文太。
高倉健×菅原文太。やくざ映画の2大スターが共演した最後の作品。脇を固めた俳優陣も超豪華!!素晴らしいキャストに恵まれた作品だが、脚本、演出共にクオリティが低すぎて残念...。実話を基にしたれっきとした東映実録路線の作品だがリアリティが無さすぎる...。駄作と言って良いレベル。豪華俳優陣の無駄遣いをした、ある意味問題作。そして高倉健の濡れ場シーンの削除要請を東映が無視して上映した為に、高倉健が東映を退社するに至った正真正銘の問題作。見どころを挙げるのは難しいが、純粋に健さんと文太さんの格好良さは堪能出来る。そして最大の見どころを挙げるとしたらやはり濡れ場。監督は日活ロマンポルノで活躍した田中登監督。健さんの硬派で寡黙なイメージを完全に取っ払った超軽くてぶっ飛んだ濡れ場シーン。 そして文太さんと泉ピン子の濡れ場...。いくらなんでも強烈すぎる。
にっかつから出向で田中登が撮った作品。「(秘)色情めす市場」を観た俊藤プロデューサーが招聘した作品。確かに「色情めす市場」は、ポルノでありながらスラップスティックでその滅茶苦茶さがアナーキーで面白い。75年は、実録やくざ映画ブームで高倉健を任侠から仁義なき世界に引きずり込む意図であったのだろう。菅原文太とのW主演でしょうか。しかし、スラップスティックな感じと従来のやくざ、コメディ、ポルノとゴチャゴチャしすぎて高倉健でなく千葉真一とかコメディセンスのある人が高倉健の代わりの方がよかったんじゃないかと・・・田中登としては、ビックバジェットなんでセット他も使い切れてない感じがしますね。うーんマッチングが悪いかな。
coboss

cobossの感想・評価

2.0
神戸には縁があるので、高架下のカーブになってるところの屋台とか、懐かしい感じ。最後のメリケン波止場の廃墟とか、ロケだろうか。
10分に一回ぐらいお姉さんの胸が出てくるのは、たぶん社内に決まりがあったんでしょうな。「10分ごとに女の裸、喧嘩、銃撃シーンのいずれかを出すこと」
健さんは意外と関西弁が上手い。夏八木勲は井上陽水にしか見えない。泉ピン子のベッドシーン!石橋蓮司が若い!
Gautama

Gautamaの感想・評価

-
これはヤバイw

健さんと文さんの共演。時代劇スター夏八木勲さん、若い頃のヤクザを演じる石橋蓮司さん、丹波哲郎さん、ガッツ石松、今井健二、田中さんなどと。超豪華キャスト勢揃い。

しかも泉ピン子は犯されるは、機関銃の銃声がヘナチョコだし、他シーンも発見があってめちゃくちゃだなおいw


2020年鑑賞No.214
Loco

Locoの感想・評価

3.6
文太と健さんを一作の中で共演するヤクザ映画はあまり見かけない。 戦後混乱期に暴力一つでチームをつくり、ruleをつくり、アメ公相手にも立ち向かう姿は勇ましくも見える! 一つの弱点は別世界にいる麗しき美女に心を持っていかれた後、警察にチンコロされてしまった事だろう〜
高倉健、唯一の実録主演映画。心底嫌そうに演じています。ガッツ石松が意外に名演なのと、泉ピン子と文太の貴重なラブシーンが見られます。
神戸・三宮は俺たちの城。っていうフレーズにキャッチされて鑑賞。高校時代大尊敬していた高倉健だけどなんか不快だった。その代わり菅原文太さまがかっこ良いにもほどがあり、全ての罪が赦された。

もうちょい女に人権を与えてやってくれ〜