新仁義なき戦いの作品情報・感想・評価

新仁義なき戦い1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:98分

3.5

「新仁義なき戦い」に投稿された感想・評価

raga

ragaの感想・評価

4.0
ユーモアとサスペンスの調合は第一作に及ばないが、これだけ緊迫したシーンの連続はさすが深作監督以下スタッフとキャスト陣の冴え渡る表現力だと痛感。今回の菅原文太めちゃカッコいい。惚れてまうやろ!
菅原文太、渡瀬恒彦、そして溜めに溜め込んだ松方弘樹の巡り巡ってきたチャンスたまらん。特濃。
VHS所有。こちらは実録でないにしてもやはり深作欣二ですよ。リズムがね。唯一無二。
とも

ともの感想・評価

4.0
怒ってる若山富三郎の前の灰皿や、コーヒーカップを金子信雄がリレーして遠ざけて行くのがやっぱり面白すぎる。
前まではただのリメイクやなと思っていたけど、今回観て、この情報の取り合いや腹の探り合いは、現実世界の皆の身の周りで起きていることまんまだ!と新たに感じた。
心理戦?に重点を置いた面白さを感じた。
この作品は、山守組中心に改めて製作された作品。
で、シリーズ初登場の若山富三郎と安藤昇。脇にも睦五郎。
キャストが若干入れ替り、ちょっと迫力が落ちた感じです。
山守組の金子信雄と田中邦衛のコンビは、この作品でもイイ味出してますね。
やはり、菅原文太は前線で活躍してこそカッコイイですね❗
いとそ

いとその感想・評価

4.3
同じ人物がモデルでも無印で松方弘樹が演じた坂井とこっちで若山富三郎が演じた青木では全く違う描かれ方、よってラストシーンの味わいも完全に別物。物悲しさはなく、ひたすら悪役だった青木の死にカタルシスを覚える。蜂の巣になってからの往生際の悪さはシリーズ屈指では

今回は出番少なめかなと思いきや、最後にやっぱり美味しいところを持っていく松方。相変わらず顔色は悪い
あらた

あらたの感想・評価

3.7
「新」シリーズは初見。
旧シリーズよりわかりやすくなって、ユーモラス。その分キレがない印象。
三好が盃を返すシーンの
「なんじゃこりゃ、もう割れとるわい」「いつ割れたんかのう」
のやりとりなんかは好きだが、ラストは旧作の松方弘樹のおもちゃ屋のシーンと比べるとどうもなあ。
tk33220

tk33220の感想・評価

3.5
撃たれてフラフラ歩いている若山富三郎を渡瀬恒彦が襲おうとすると画面が切り返され、ズームで松方弘樹が映される場面が良い。
慶次郎

慶次郎の感想・評価

4.2
過剰に期待して観ない方がいいかな。
やはり笠原和夫さんは偉大だな。

このレビューはネタバレを含みます

無印シリーズ一作目のリメイク。

元作品の群雄割拠的な作風に比べ、今作は菅原文太が本当に主役として機能している。

ただ、知ってる話なので集中力を問われる。

渡瀬恒彦の目潰しは最高なのだが・・・
>|