新仁義なき戦いの作品情報・感想・評価・動画配信

新仁義なき戦い1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:98分

3.5

あらすじ

「新仁義なき戦い」に投稿された感想・評価

Shino

Shinoの感想・評価

3.8
文ちゃん、血の気が多くなってる……!!!笑
でもやっぱり格好良い………!
ただこの新シリーズ全然無くて良かったかなw まぁ勿論面白いし皆さん格好良いのでそれだけでも観る価値はあるんですが、"仁義シリーズ"として観ると、多少ばかり面白さ半減してしまいますよね。そう思うと勿体無いなぁと思ってしまいます……
相変わらず金子信雄はめちゃくちゃウザキャラで良かったです。笑
Esther

Estherの感想・評価

3.0
My first time watching an old yakuza movie. It was pretty enter because it’s new to me. I get a feeling that every action is exaggerated for effect.
前シリーズのリメイクだけあって、前作を凌ぐことはなかった。
明らかに商業的に製作された感が強い。
また、前シリーズから久しぶりに見るのとの違って、WOWOWで前シリーズの連続で視聴したこともあって余計にそう感じた。

ストーリーとは別に、個々の役者さんのキャラは面白い。
菅原文太さんは、あいかわらずカッコいい。

WOWOW録画
TakaIshik

TakaIshikの感想・評価

3.8
相変わらず射殺するのに何発も打つね。当時の銃は威力がなかったのかねぇ。
j0j0

j0j0の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

三好仮出所
山守と青木が対立している
山守から出所祝いカステラの下に拳銃
放免祝いの席で山守と青木揉める
難波と青木対立

青木、難波を殺して海津を後ろ盾にする
三好を呉に呼ぶ
殺されると思い弾除けに朝鮮人女性を連れて行くが青木の妻に聞いて怒って帰る

青木は関(松方弘樹)以外の難波組の残党を取り込んだ
山守を引退に追い込む、三好は引退しろと言って三好怒る
女を用意したと言って旅館の部屋に案内される
窓から屋根を伝って逃げる
翌日銃持って青木のところに行く
お金もらって出て行く

青木、山守を引退させる
難波組組員に襲われて関入院
見舞いに行くと坂上(田中邦衛)が青木をとる
と言う
山守もきて三好に青木をとってほしいと言う
海津に見逃してもらうため三好指を詰める

銃撃戦
関が松葉杖をついて来てトドメを刺す
山守関組の残党を引き入れて宴会開く

あれはいよいよろくな外道じゃないぞ
ワシにひっついとって、飯食えんじゃろうがおお、われも貧乏人の腹からひり出されよってからに
(て、これだったっけ)
とし

としの感想・評価

3.8
1作目の焼き直しだが山守組はそのままに同じようなキャストで違う役をやらせただけなので真新しさはない。 それどころか笠原和夫脚本のように魅力的な脇役もいないし、テンポもよくないし、菅原文太、若山富三郎、渡瀬恒彦ぐらいしかキャラクターが立っていない。もちろん、金子信雄と田中邦衛の役柄はそのままなので小者としてすごくたっている。 ヒットしたからってこんなにヒット作の真似事を作らなくてもよかったような気もする。
miyagi

miyagiの感想・評価

3.2
人物の相関図がピンとこなかったけど、相変わらず暴れ放題してるシーンだけ見られればそれでいいんだと思った。
死体埋めてるのに足がモロだしなの面白い。
菅原文太vs若山富三郎の2人の演技の間がヒリヒリしてていい。凄み。
たださすがにこのスパンで作られてると考えてると多少慣れなのか飽きなのかが画面に出てるような気もした。
最高やね!

前シリーズには劣るけど、

今シリーズも面白い!!

もうね、全員怖すぎ(笑)迫力がありすぎる!

目つき、広島弁、しぐさ、立ち振る舞い、ジャケットの着方、女との会話、

全てを取っても最高すぎる!

おっぱいもお尻も出てくるしね❤️
スターシステムの弊害か、前シリーズと登場人物と混乱してしまう。
いちばん気になったのは、女の存在である。前シリーズに比べ、女が物語に絡んでくる。それが、どうも……。血生臭い男たちの物語を観たいのに!
前作の仁義なき戦いシリーズには劣るけど、まぁ見てても普通に面白いレベル
>|