荒野の七人の作品情報・感想・評価・動画配信

「荒野の七人」に投稿された感想・評価

みかす

みかすの感想・評価

3.4
役者の顔と名前が一致してるのがマックィーンだけだったから、誰が誰かを把握するのに苦労しちゃった。
吹き替えで見たけど渋い声の宝庫。世代ではないけど、この年代の声を聴くとまさに洋画だなぁという感じがする。吹き替えで見る楽しみが強い。

意外にドンパチしてるのがラスト20分くらい?だったのでちょっと物足りなさはあった。
あとは吹き替えと字幕の違いが結構あるのね。字幕がわりと原文寄りなのかな? ストーリーに沿ったそのままのセリフで、吹き替えだと所謂洋画的な言い回しが多かったように感じた。そんなことないか。分からんけど。
西部劇って割と好き。この映画のブリットが次元大介の元ネタと聞いたけど本当かなあ。
七人の侍なら久蔵が1番好きだけど、こっちはブロンソンの演じるガンマンが1番好き
いくらリメイクといえども、単純明快に面白く仕立て上げられれば充分満足出来る事の証明。

物語的にはあっさりしたもの。
悪党が村を襲いそれを見かねた村人が、町に出て助けを求める。そこに登場するのが7人のガンマンというわけだ。

筋立てはもちろんだが、七人それぞれに見せ場と個性あるキャラクターがあることに嬉しくなる。

個人的には三枚目を演じたマックイーンや子供たちとの触れ合いが微笑ましいブロンソン。
そしてナイフ投げの達人であり寡黙なコバーンが特に印象的。

最後の戦いに至るまでが少々蛇足だが、西部劇として充分面白いです。
これを観た後は続けて「大脱走」を見たくなってしまうなあ(笑)
盗賊から農村を守るおはなし
ガンマンがしっかりかっこいい!
素直に率直に惚れちゃう💭
R

Rの感想・評価

3.0
池袋・文芸坐で鑑賞。(2本立て)

有名な映画であり、黒澤明監督作品『七人の侍』を西部劇でリメイクした映画🎥

繰り返し観た『七人の侍』にどうしても比べてしまうのでイマイチ感あるが、まずまずの面白さ。

有名俳優を多数印象づけた古典的映画。
parkoldies

parkoldiesの感想・評価

3.8
ユル・ブリンナーの渋い声&坊主頭&黒装束の異質なカウボーイ姿がたまらん。

思ってたより『七人の侍』に忠実だけど、『荒野の用心棒』には負ける笑

ブロンソンがいい味出してた。
めちゃくちゃ聞き覚えのある曲で映画が始まる。この映画の曲だったのねとまずそこに驚き。「七人の侍」を西部劇にリメイクした作品。思っていた以上に楽しめた。西部劇としての面白さと格好良さもしっかり味わえたなあと。

「七人の侍」と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」が大好きなのもあって、チャールズ・ブロンソンが登場した瞬間にマジかぁ、、と。ただ、思っていた以上に見せ場が多かったので良かった!
本家には敵わないけど、名優たちがかっくいいいい
ユル・ブリンナーをマックィーンが喰ってますな。ジーンズにチャップス。シミだらけのカウボーイハット。流れるような動きに、如何にも熟練のガンマンと言った雰囲気。かっくいいいい。
チャールズブロンソンも好き。
音楽が良い!ピアノ担当がかのジョンウィリアムズなのは驚き!
昔昔の映画ノートより~記録用

七人の侍リメイク版。
でも 西部劇として本当によくできている。
>|

あなたにおすすめの記事